Yahoo! JAPAN

料理に合わせて変えるべき?『エリンギ』の本当に美味しい切り方とは。

オリーブオイルをひとまわし

料理に合わせて変えるべき?『エリンギ』の本当に美味しい切り方とは。

和食でも洋食でもさまざまな料理に使えるエリンギ。そんな便利なエリンギだが、実は切り方を工夫することでより料理を美味しくすることができる。そこで今回は薄切り・乱切り・手で割く方法など、エリンギのさまざまな切り方と切り方に合った料理について詳しく解説する。

1.エリンギを調理する前の基礎知識

エリンギは、ほかキノコと同じく基本的には水で洗う必要はない。この理由は水洗いすると、エリンギ特有の香りが堕ちてしまうからだ。もしエリンギに付いている汚れやホコリが気になるなら、濡らしたキッチンペーパーで優しく拭き取るようにしよう。また、エリンギに石づき(線が入って見える部分)が付いているようなら、硬くてあまり美味しくないので包丁で切り落としておくとよい。

2.エリンギの主な切り方とは?

エリンギの切り方には薄切り・乱切り・斜め切り・みじん切りなどの種類がある。これらの切り方一つでエリンギの食感などが大きく変わるため、料理に合わせて適切な方法を選ぶのがよい。そこでまずはそれぞれの切り方の特徴について理解しておこう。薄切り:縦方向に薄く切る方法。食べ応えを感じやすい乱切り:不規則に切る方法。コリコリとした食感が得やすい斜め切り:斜めに切る方法。エリンギに味が染み込みやすい輪切り:横方向(小口)に切る方法。ほかの具材と絡ませやすいみじん切り:細かく切る方法。味がしにくくキノコ嫌いでも食べやすい手で割く:繊維に沿って割く方法。デコボコが増えて味が染み込みやすいほかにもレシピによっては、エリンギを短冊切り・千切り(細切り)・半月切りなどにする場合もある。エリンギを調理する際には作りたい料理に合わせて切り方を変えてみるとよいだろう。

3.エリンギの「薄切り」と「乱切り」のやり方

エリンギの切り方でまず覚えておきたいのは「薄切り」と「乱切り」の二つである。この二つを覚えておくことで、炒め物や鍋料理などさまざまな料理にエリンギを使うことができる。そこでまずは王道ともいえる「薄切り」と「乱切り」の二つの切り方についてマスターしよう。

エリンギの薄切りのやり方

エリンギを縦方向に切る薄切りは、エリンギの見た目をそのまま楽しむことができる。また、大きく切れる切り方なので、一口あたりの食べ応えが十分ある。そんな薄切りは素焼きにしたり、ソテーにしたりするのがおすすめだ。このような料理にするときには、以下のようにして薄切りにしよう。エリンギを縦向きに置くエリンギを端から薄く切る(※5mm程度)
※切りにくくなったら寝かせて薄く切る

エリンギの乱切りのやり方

エリンギを不均一な大きさに切る乱切りは、エリンギ特有のコリコリとした食感を楽しむことができる。また、表面積が広いためエリンギに味が染み込みやすいのが特徴となっている。そのため、乱切りは煮込み料理やスープなどに向いている。このような料理に使うときは以下のようにして切ろう。エリンギを斜めに置く包丁は縦方向に下ろして切る
※エリンギの断面が斜めになるエリンギを90度回転させて切る
※回転を繰り返しながら最後まで切る

4.エリンギを手で割く方法とは?

エリンギを手で割くと、エリンギの断面にデコボコができ味が染み込みやすくなる。また、自然な所感が残るので、エリンギを美味しく食べられる。特に煮込み料理やマリネなど、エリンギに味を染み込ませる料理のときには手で割くようにしよう。手で割くときには以下のようにして行おう。エリンギの軸に包丁で切れ込みを入れるエリンギの繊維に沿って手で割いていく
※カサを壊さないように注意しながら割く

結論

エリンギの切り方には薄切り・乱切りをはじめ、さまざまな切り方がある。これらの切り方にはそれぞれ特徴があるため、料理に合わせて使い分けるようにしよう。なお、切り方の指示はレシピの考案者・提案者などが「一番美味しい」と思っているものである。もしエリンギなどの切り方が記載されていたら、できる限りそのレシピの指示に従って切るようにしよう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 中山沙折

【関連記事】

おすすめの記事