Yahoo! JAPAN

愛猫との思い出を胸に…『ペットロス』を癒す3つのセルフケア

ねこちゃんホンポ

1.自分の気持ちに正直になる

よく「いつまでも泣いていると愛猫に笑われるよ」と言われることもありますよね。ですが愛猫がいなくなってしまって悲しくない飼い主さんはいません。

大切な愛猫を失ってしまった時には思い切り悲しんでいいんです。思い切り泣いていいんです。愛猫の死を予期できたとしても悲しみまでなくなるわけではありません。

逆に「笑って見送らないと」と悲しい気持ちを心に押し込めてしまったりすると、悲しみの気持ちが長く続いてしまうこともあるそうです。

ペットロスを癒すには自分の気持ちに素直になること、無理をしないことが大切です。

2.家族や親しい人と話をする

愛猫をよく知る家族や友人などに話を聞いてもらうのも、心を癒すためには必要なことです。愛猫のことを知る人が身近にいなかったとしても、猫を亡くした経験のある人であれば気持ちを共有することもできます。

自分の気持ちを言葉に出すことで愛猫を失った辛さだけではなく、愛猫と過ごした楽しい記憶を思い出すことができます。

愛猫との日々を「辛かった記憶」として終わらせてしまわないよう、悲しかったこと以上に楽しかったことも心に残すために必要なことです。

愛猫との楽しかった思い出を語れるようになれば、それだけでも愛猫の供養につながることもあるでしょう。

話せるようになるまでは辛いかも知れませんが、愛猫との思い出が辛いものになってしまうことのほうが悲しいのではないでしょうか。

3.愛猫への手紙を書く

愛猫のことを思いながら手紙を書いてみるというのも良い方法です。愛猫へ手紙を書くことで飼い主さんが愛猫に伝えたかったこと、謝りたかったことなど自分の中で気持ちの整理もできます。

手紙を書いている間は愛猫を近くに感じられますし、飼い主さんが生前の愛猫をどれだけ大切に思っていたかも改めて気付けます。

先程の項でも紹介したように愛猫との思い出を「何にも代えがたい大切な思い出」に昇華してあげることでペットロスを癒すこともできますし、愛猫への供養にもなります。

まとめ

愛猫を失って悲しくない飼い主さんはいません。突然のお別れだったとしても事前に覚悟していたことだとしても、失った悲しみの大きさに差はありません。

大切な愛猫との別れからペットロスに陥ってしまうこと自体はそう珍しくもありませんし、愛猫の死を一番悲しんであげられるのも楽しかった思い出を作れるのも飼い主さんだけです。

失ってしまった直後は思い切り悲しみ、感情を素直に出すことで前向きな気持ちを持てるようになることもあります。

悲しいという気持ちに蓋をしてしまうことこそがペットロスの状態を長引かせてしまうのだと思いますよ。


(獣医師監修:加藤桂子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <根本的な問題は?>思春期・反抗期の娘の過度なダイエット、親の言うことを聞いてくれなくて……

    ママスタセレクト
  2. NMB48、関西Jリーグ3チームとのコラボビジュアル公開!

    Pop’n’Roll
  3. 【ライブレポート】つばきファクトリー、初の武道館公演で12人体制初パフォーマンス!これまでの軌跡、新体制への期待を感じさせる全25曲を披露!

    WWSチャンネル
  4. 『テレビ演劇 サクセス荘』の映画に“謎の4人組”として佐藤流司、北園涼、橋本祥平、北村諒がゲスト出演

    エンタステージ
  5. 【日本の名所になるぞ!】天空ウェディングでどんどん幸せになあれ!~SS30(エスエスサーティー)/青葉区中央~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. 短い爪でも上品に♡大人なデザインを楽しめる秋のショートネイル7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  7. 郵便局マップが完成 茅ヶ崎・寒川各局で配布中〈茅ヶ崎市〉

    タウンニュース
  8. 伊勢原産 ミカンをネット詰め 10月から出荷作業開始〈伊勢原市〉

    タウンニュース
  9. 着物着て自撮りを 都筑民家園で七五三〈横浜市都筑区〉

    タウンニュース
  10. 実は「モデル出身」と聞いて驚く女子アナランキング

    ランキングー!