Yahoo! JAPAN

構いすぎてない?犬が『飼い主と離れてたい』時の仕草8つ

わんちゃんホンポ

犬が飼い主と離れてたい時の仕草

1.スッといなくなる

犬がスッといなくなるのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

離れてしまった犬の元へ行って隣に座ったり、頭や体を撫でたりすると、またスッといなくなります。近くに来てほしくない、触れてほしくないというサインです。

飼い主が傷ついてしまわないようにと気を遣って優しく対応してくれているのだと思います。

2.噛むフリをする

犬が噛むフリをするのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

構ってほしくない時、頭や体を撫でる飼い主の手を噛むフリをしたり、甘噛みをしたりすることがあります。「やめて!」と抵抗しているのです。

嫌がる仕草をしているのに無理にスキンシップを続けると、擦り傷や痣ができるほど噛んでしまうこともあります。

3.唸り声を上げる

犬が低く唸り声を上げるのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

犬がソファーに座っている時、隣に座ろうとするだけで唸り声を上げることがあります。「来ないで!」と訴えています。

ソファーを自分だけの物だと勘違いしていることもありますし、今は独り占めしたいという気持ちなのかもしれません。

愛犬にも専用のおくつろぎ場所を用意してあげると解決できることがあります。

4.他の部屋に移動する

犬が他の部屋に移動するのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

どうしてそんなところに?という場所で寝ていることがあります。構われ過ぎてしまったことが嫌で、どこかに身を隠したかったのではないでしょうか。

ベッドやソファーなど家具の下や裏に隠れるようにしてくつろぐ犬もいますし、「庭に出して!」と訴える犬もいます。

5.おやつを無視する

犬が「おやつだよー!」の声を無視するのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

大好きなおやつを食べなくてもいいと思うほど構われたくないのでしょう。

おやつを持ち出して構ってもらおうとする飼い主もいますが、おやつを食べ終えたらまた離れて行ってしまうので寂しい気持ちになりますよね。

6.お散歩を拒否する

犬がお散歩を拒否するのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

犬にとってお散歩は飼い主を独り占めすることができる最高の時間です。お留守番が長い犬にとっては、1日の中で最も飼い主とのスキンシップやコミュニケーションができる時間です。

拒否するということは、今は構ってほしくないと思っているのです。

7.しきりに手足を舐める

犬がしきりに自分の手足を舐めるのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

構われ過ぎてストレスを感じると、しきりに手足を舐めて発散させようとします。皮膚が真っ赤になってしまったり、出血したり、傷になって細菌に感染するなどの恐れがあります。

しきりに自分の手足を舐めるのはストレスのサインです。構い過ぎに注意し、犬にもひとりで過ごす時間を与えてあげると改善できることがあります。

8.しっぽを噛む

犬がしっぽを噛むのは、飼い主と離れてたい時の仕草です。

構われ過ぎてストレスを感じると、しっぽを噛んで発散させようとします。自傷行為に発展してしまうくらい強いストレスを感じている証拠です。

しっぽを噛みちぎってしまう犬もいます。絶対に見逃してはいけない仕草です。

ストレスがなくなるまで噛み続けてしまう犬には、エリザベスカラーを装着するなど対応しなければなりません。

まとめ

犬が飼い主と離れてたい時の仕草を8つ解説しました。

✔スッといなくなる
✔噛むフリをする
✔唸り声を上げる
✔他の部屋に移動する
✔おやつを無視する
✔お散歩を拒否する
✔しきりに手足を舐める
✔しっぽを噛む

このような仕草が見られる時は、ぜひ放っておいてあげてください。気が済んだら構ってほしくて自分からやって来ます。

いつの間にかいなくなり、いつの間にか隣で寝ていることってよくありますよね。

【関連記事】

おすすめの記事