Yahoo! JAPAN

SKE48 荒井優希、本格プロレス出場から初のバトルロイヤルに参戦!「いい経験になりました」

Pop’n’Roll

©東京女子プロレス

SKE48の荒井優希が、本日12月4日(土)に開催された東京女子プロレス新宿FACE大会に出場。乃蒼ヒカリ選手の持つインターナショナル・プリンセス王座への次期挑戦者を決める時間差入場バトルロイヤルに参戦した。

<インターナショナル・プリンセス王座次期挑戦者決定時間差入場バトルロイヤル>には、8選手が参加。90秒ごとの入れ替え制で、中島翔子 vs 角田奈穂から、鈴芽、辰巳リカ、ハイパーミサヲ、伊藤麻希と、次々に選手がリングに上がっていく。

7番手で登場した荒井は、鈴芽とハイパーミサヲを足技で蹴散らし、中島翔子にボディスラムを決め会心の笑顔でスタート。辰巳リカと一騎打ちになり、中島翔子とハイパーミサヲの協力もあり、辰巳リカをビッグブーツで場外に落として失格にした。

伊藤麻希と久しぶりに対戦し、フルネルソンバスターを決めるなど活躍したが、最後は中島翔子とハイパーミサヲの合体式首固めで3カウントを取られて途中退場に。残念ながら、挑戦権を掴むことはできなかった。バトルロイヤルは伊藤麻希が優勝し、次期挑戦権を奪取した。

荒井優希は次戦、年内最終戦となる12月18日(土)にSKE48の本拠地名古屋で師匠 山下実優選手とのシングルマッチに挑む。

©東京女子プロレス
©東京女子プロレス
©東京女子プロレス

荒井優希 コメント
バトルロイヤルに参戦したのは、本格的にプロレスに出場するようになってから初めてで、シングルマッチともタッグマッチとも違ってすごく難しかったです。先輩たちは戦い方をわかっていて、やっぱりすごいなぁと思いました!勝てなかったけどいい経験になりました。

リカさんとは後楽園大会ぶりで、その時ギブアップしてしまった技からは逃げることができたので少しは成長できてるのかなぁと思いました。でも首を掴まれた時はびっくりしたし、まだまだ敵わないなと思いました。

伊藤さんとは久しぶりに闘ってみて、まだまだ実力の差はすごいけど、いつかシングルマッチができたらその時はもっと伊藤さんに近づいていたいなと改めて思いました。

(次戦 山下実優選手とのシングルマッチについて)
山下さんの試合を見るたびに怖くなります!でも、自分から言い出したことですし、私にとって年内ラストの試合になるので。デビュー前からたくさんのことを教えてくれた山下さんと応援してくれるファンの皆さんに成長した姿を見せられるように頑張りたいです!

本日の大会
2021年12月4日(土)
会場:東京・新宿FACE 開場17:30 開始18:00
〇インターナショナル・プリンセス王座次期挑戦者決定時間差入場バトルロイヤル(8選手参加)
鈴芽、荒井優希、ハイパーミサヲ、角田奈穂、中島翔子、伊藤麻希、辰巳リカ、天満のどか

今後の荒井優希出場予定試合
2021年12月18日(土)
会場:愛知・名古屋国際会議場イベントホール 開場11:45 開始12:30
〇シングルマッチ 山下実優 vs 荒井優希

2022年1月4日(火)
会場:東京・後楽園ホール 開場10:30 開始11:30

2022年1月8日(土)
会場:兵庫・神戸芸術センター 開場12:30 開始13:00

2022年1月9日(日)
会場:岡山・岡山コンベンションセンター 開場12:00 開始12:30

動画配信サービス『WRESTLE UNIVERSE』で独占生中継
※視聴には会員登録が必要です(有料)。課金登録初月は無料となりますが、初月無料対象月は退会することができません。翌月以降、退会が可能です。予めご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事