Yahoo! JAPAN

犬も人と同じように『恋愛』をしている?

わんちゃんホンポ

犬も人と同じように『恋愛』をしている?

そもそも恋愛とは?

多くの人が1度は恋をして愛を感じたことがあると思います。

人の恋愛は「男女が互いに相手を恋い慕うこと」や「特定の異性に愛情を抱くこと」と、何だか言葉にすると照れくさい意味を持ちますが、人によって恋愛観も様々かと思います。

相手を思って胸がドキドキしたり、切なくなったり、ほんの些細な出来事でとてつもなく幸福感を得ることもあるのが「恋愛」なのかもしれません。

そんな人と同じような「恋愛」を犬もしているのでしょうか?

犬に恋愛感情はあるのか?

結論からお伝えすると犬は「人と同じような恋愛」はしていません!

しかし犬は多くの感情を持つ生き物なので「好き」「嫌い」はもちろんあります。大好きな相手もいれば、まあまあ好きな相手もいますし、なかには大っ嫌いになってしまう相手もいるのです。

そして「好き」な相手の中でも「特別な存在」として大好きになる特定の相手もいるよう。特定の相手を大好きになる感覚が「人の恋愛感情」と少しだけ似ているかもしれません。

これを「犬の恋愛感情」と想定すると、人と共通しているのは「特定の相手」が対象であること。しかしその対象は性別や年齢問わず、なんなら犬に限らず猫などの他の動物を好きになることもあるので人の恋愛感情とはかなり異なります。

そして犬は「片思い」という感情はもたないとか。「特定の好きな相手」がいて両想いになれなかったとしても、人のように切ない気持ちになることはないようです。

犬は人と同じように「恋愛」することはないようですが、犬ならではの「恋愛感情」があるのですね。

犬の「恋愛対象」は?

人であれば恋愛対象は「異性の人間」が一般的ですよね。しかし犬の場合は「恋愛対象」が千差万別。

犬の場合は体の大きさや性別は関係なく、とても小さな女の子のチワワがレトリバーなどの大型犬の女の子に強い興味を持ち大好きになる可能性もあるのです。

犬の「恋愛対象」は犬種はもちろん、年齢や性別、また同じ種族以外の生き物を好きになることもあり、猫に恋してしまう子もいれば、飼い主さんや飼い主さん以外の人間に恋する子もいるようです。なかには「特定のぬいぐるみ」などオモチャに恋をしてしまう子もいるとか。

もちろん個体によって「好きなタイプ」は異なりますが、外見、性別、性格、ニオイなどで「好き」「嫌い」を判断しているようです。

どんな犬がモテるの?

ドッグランやなじみのお散歩コースにある公園で、いつもモテモテのワンちゃんっていますよね。基本的には犬見知りや人見知りをしない社交的な性格のワンちゃんが出会いのチャンスが多くなります。

犬は容姿の良さで好きになる相手を選ぶことはありません。当然、社会的地位や経済力などを気にすることもないのです。一番重要なのは相性になりますが「モテるタイプの犬」もいるようです。

獣臭がする犬

犬にとって個体ごとの体臭は「名刺」のようなもの。特に初対面の犬同士が挨拶の時に嗅ぐお尻のニオイにはとても多くの情報が集まっているとか。

そして犬に好かれる犬の体臭は「獣臭」。これは犬が本能的に好むニオイになっています。シャンプーしたてのフワフワな綺麗なニオイよりも、ワイルドなニオイのほうがモテモテになるようです。

友好的な犬

もともと犬は群れで暮らす野生動物なので力強いオスの犬がモテてもおかしくないのですが、家族として人と共に暮らすようになった犬たちには「強さ」はモテる要素にはならないよう。

友好的でどんなワンちゃんにも優しく好意的も接することができる子は人気者になるようです。

礼儀正しい子

礼儀正しく上手に挨拶できることもモテる要素のひとつ。

遊ぶの大好きで元気いっぱいなワンちゃんも可愛いですが、挨拶なしに「遊ぼう!遊ぼう!」と強引な態度で誘ったりすると嫌われてしまうかも。礼儀正しく穏やかな性格のワンちゃんのほうが恋多きタイプになるでしょう。

まとめ

犬には人間のように異性に対する「恋愛感情」はありませんが、特定の相手を心から愛することはあるようです。

ただしこれは全ての個体ができることではないかもしれません。その子自身の性格や生活している環境によっては特定の相手に出会うこともない可能性がありますよね、

好きになった相手がワンちゃんでも飼い主さんでも「恋愛」できている犬は幸せなのかもしれませんね。

【関連記事】

おすすめの記事