Yahoo! JAPAN

もう少し大きなクッションが必要そうな、大きめ柴犬さんの日向ぼっこ。平和でのどかですっかり癒された。【動画】

柴犬ライフ

今回の主役はちょっぴりふくよかさんな柴犬あいちゃん。性格は絵に描いたようなのんびりさんで、あいちゃんの周りだけゆったりした空気が流れているよう。そんなあいちゃんの日向ぼっこ、そしてごく普通の日常がなんと平和なのか…どうぞそのゆったりペースに飲まれ、癒しのお裾分けを。

日向ぼっこ中に、気になることが。

あいちゃんは今、ポカポカ陽気のお日様の下で、ゆったりのんびり日向ぼっこ中。

近くでお庭作業をしている家族のかたがいますが、一切気にすることなく自分の時間を楽しんでいます。

しかしちょっとアングルが遠いせいか…見間違いなのか、気になることが。

それは、あいちゃんが寝そべっているクッションが小さ過ぎるように見えること…と思ったらカメラがあいちゃんに寄りました。

あ…!

出典:YouTube(しばわんこ生活)

あいちゃん、はみ出てる。

しっかりお尻がはみ出ているではないですか。

乗っている場所の問題かな、とも思いましたが、あと少し前に出れば前足がはみ出ちゃいそう。

そのわずかな移動分だけでは、到底まかなえないほどにお尻がはみ出ているのでした。

動画ではこのあと、お散歩に出かけて馴染みのお友だちに会うシーンも収められているのですが、正直もうこのクッション事件だけでお腹がいっぱいいなるほどの愛くるしさを放っていたあいちゃん。

もう存在丸ごと癒しのかたまりに思えてきちゃうでしょう。

あいちゃんの日常が、24時間癒し。

とてものんびりした雰囲気を感じるあいちゃんの日常。

お次の動画は、あいちゃんの朝昼晩の姿を収めたものなのですが、もう突っ込みどころしかないような、いえ、むしろ突っ込むところがないほどに、全てが癒しの光景なのです。

まずは朝。

お庭の人工芝の上でべったり寝そべっていたあいちゃん。

その姿はまるでしろくまさんのよう。

そして昼。

どうやらお気に入りであろう石垣の上に乗って、高いところからお庭を見渡すあいちゃん。

前から見てもなんだかたっぷりとしていて可愛いものですが、ここであいちゃんはなお可愛い事件を起こしていたのです。

ご覧ください。

(ぐさり)

出典:YouTube(しばわんこ生活)

場所が狭いのか、あいちゃんのお尻に木がぐさり。

しかし、そんな小さなことを気にするあいちゃんではありません。

そして夕方。

お腹が減ったのか、普段より全然早い時間にご飯欲しいアピールをし、可愛いお顔でもぐもぐ。

いよいよ、一日の終わりである夜。

ここではもう、ちょっと変な声が出ちゃいそうなほどに可愛らしく、まるで人間のように掛け布団も敷き布団もを使いこなして眠るあいちゃんの姿が。

きっと聞いているだけで可愛らしさが伝わるであろう、あいちゃんの一日。

間違いなくリピート必至だと思いますよ。

のどかさがたっぷり放たれていたあいちゃんの日常。

なんだか、疲れた心に沁み渡るようなほのぼの感がありましたよね。

毎日でもチェックしたくなるあいちゃんの日常を、これからも追いかけてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

散歩中歩かなくなった柴犬。飼い主さんがおんぶする後ろ姿がほのぼのしていて、何だか胸がキュンとしたよ。【動画】

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン 復讐のアバンチュール』のメインビジュアル解禁 演出家、キャストよりコメントも到着

    SPICE
  2. 【前編】旦那の連れ子が使用済み生理用品を放置!どうすれば変わる……?

    ママスタセレクト
  3. やらないと損!玉ねぎのみじん切りちょっとしたコツで“あっという間にできる”簡単な5つのポイント

    saita
  4. 中国人は世界一タフな交渉相手!? 米英中露印、各国の交渉テクニック

    キャリコネニュース
  5. くわばたりえ、作っておくとラクな料理を紹介「栄養満点」「便利」の声

    アメーバニュース
  6. 夢を応援!島のアニキの絶品 海鮮丼(尾道市因島)

    ひろしまリード
  7. 「○○する人とは、付き合わないほうがいい」 元飼育員が語る「動物園デート」での要チェックポイント

    Jタウンネット
  8. 「情けは人の為ならず」の意味は「他人の為にする行為」だと思ってない?45%が間違う本当の意味とは

    saita
  9. 『アジング』ステップアップ解説:高難度「豆アジング」攻略のタックル

    TSURINEWS
  10. キャスティングゲームでヒラマサ2尾 ポッパーで6kg超【福岡・クルーズ】

    TSURINEWS