Yahoo! JAPAN

調味料はたったの2つ!醤油&みりん「1:1」で誰でも超簡単おいしいレシピ2つ

ARNE

画像:大戸千絵

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、大戸千絵です。

料理のレシピを見ていて、「使う調味料多くない……?」と思ったことありませんか?

私自身、料理を始めた頃は、「これ全部必要なん?」とよく思っていました。

しかも、忘れん坊かつズボラな私は、使おうと思った調味料を切らしていて、「ない! もう今日の夕飯作れんやん」となることもしばしば。

そんなとき、みりんは砂糖の甘さもお酒のアルコールも持ち合わせているし、「醤油とみりんでなんとかなるかも!」と思って作ってみたら、結構おいしかったんです!

そこで今回は「醤油とみりん」で味付けする簡単おいしいレシピをご紹介します! 分量が違うのは面倒なので、「1:1」で! 覚えやすいし簡単だし最高です。

1:鶏もも肉と小じゃがのほっこり煮

画像:大戸千絵

【材料】(2~3人分)
鶏もも肉・・・1枚
じゃがいも(小)・・・5~6個
醤油・・・50ml
みりん・・・50ml
米油(サラダ油など家にあるものでOK)・・・適量

〈作り方〉

(1)じゃがいもを洗って芽を取り、水気を切る(皮はむかなくてOK!)。

(2)じゃがいもがしっかり浸かるくらい(最低でも半分)の油を温めて、ジャガイモを素揚げする。

油が温まったらすぐにじゃがいもを入れて、じっくり皮目が黒っぽく変わるまで中火で揚げるのがポイント!

(3)じゃがいもが揚がったら、取り出して油を切る。

(4)鶏もも肉を一口大に切り、フライパンでソテーする。

皮のほうから焼いて、こんがりと色がついたらひっくり返し、反対側も色が変わるまで焼きましょう。

(5)(3)のじゃがいもを(4)に入れて馴染ませたら、みりんと醤油を入れて煮詰める。

(6)水分が減ったら完成!

小さな「新じゃが」が出回る季節なので、ぜひ試してみてください! 小さなじゃがいもがないときは、大きいじゃがいもをランダムに一口大にカットしてもおいしいと思います。

2:アボカドとブロッコリーの海苔和え

画像:大戸千絵

【材料】(2人分)
アボカド・・・1個
ブロッコリー・・・1房程度(1房が大きい場合は減らして量を調整してください)
海苔(あおさでもOK)・・・1/2枚
すりごま(白)・・・大さじ1
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
塩・・・少々
水・・・大さじ2~3

〈作り方〉

(1)小さめに切ったブロッコリーを水を入れたボウルに入れ、塩を少しだけ振りかけてラップをし、600Wの電子レンジで約2分加熱。

(2)加熱している間に、アボカドを一口大に切って、海苔はちぎっておく。

(3)加熱が終わったボウルに、醤油・みりん・すりごまを入れて混ぜ合わせ、(2)も加えて和えれば完成!

甘さが欲しいという方は、お好みで小さじ1/2程度の砂糖を足すと◎! ごまは、すり鉢ですっても良いし、摘んですりつぶしながら入れてもOKです。

また、みりんのアルコールが気になるという方は、(1)のときに一緒に入れるか、(3)で加える前にラップをかけて600Wの電子レンジで1分ほど温めてください。

おまけ:わが家イチオシの「みりん」

ちなみに、わが家では「本みりん」を使っていて、特にお気に入りが『有機三州味醂』!

画像:大戸千絵

このみりんを使えば向かうとこ敵なし! アルコールが含まれるので、「もう今日は外出しないな~」というときは、このみりんだけ少~し飲んじゃうくらいお気に入りです♪

【参考】
有機三州味醂/500ml 1144円

料理が得意でない……という方でも、簡単においしくできるレシピです! ぜひ作ってみてください。

2021年6月17日(木)に放送されたミニ番組『ARNE』でもお話していますので、番組動画もぜひご覧くださいね!(文/大戸千絵)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

◆ ARNE TV #75「調味料2つだけ! 醤油&みりん1:1レシピ」


【関連記事】

おすすめの記事