Yahoo! JAPAN

主役のおかずに♡ 余ったトマトで作りたい「絶品レシピ」3選

anna(アンナ)

anna(アンナ)

夏野菜の代表といえば“トマト”。サラダやそのまま食べるイメージが強いトマトですが、実は食卓の主役としても大活躍してくれます!

そこで今回は、annaアンバサダーのShizukaさん、料理研究家の桑原亮子さん、京都で『韓式料理ピョリヤ 』のオーナーシェフをしながら韓国料理教室『サロンドサラン』を運営する星野明香さんから、トマトが主役の“絶品レシピ”を教えてもらいました。どれも一味違うトマトレシピなので、早速マネしてみて♡

■1:豚キムチをもっとおいしくプチアレンジ「トマト豚キムチーズ」(星野明香さん)

普通の豚キムチももちろんおいしいですが、少しアレンジを加えるだけでいつもと違った味が楽しめますよ!

<材料>(2人分)

豚バラ肉・・・120g(食べやすい大きさに切っておく)
玉ねぎ・・・1/4個(5mm幅のくし切りにしておく)
キムチ・・・80g(食べやすい大きさに切っておく)
トマト(ミディサイズで)・・・2個(食べやすい大きさに切っておく)
とろけるチーズ・・・40~50g
薄口醤油・・・小さじ1
パセリのみじん切り・・・適量

<作り方>

(1)油(少々)を熱したフライパンに、豚バラ肉(120g)を入れて炒めます。油の代わりにマヨネーズで炒めるとコクがアップしますよ。

(2)(1)の豚バラ肉の色が変わってきたら、玉ねぎ(1/4個)を加え、中火で炒めます。

(3)(2)の玉ねぎにも油がしっかりまわったら、薄口醤油(小1)を加えてさらに炒めます。

(4)(3)のフライパンにキムチ(80g)を加えて炒め合わせます。

(5)(4)のキムチのタレが全体にしっかり馴染んだら、トマト(2個)をさっと混ぜ合わせます。

(6)(5)のフライパンに、とろけるチーズ(40~50g)をパラパラと乗せます。チーズによって塩度が変わるので、お好みで加減してくださいね。

(7)フタをして弱火で2~3分、チーズが溶けてきたら火を止めます。

(8)お皿に盛り、オリーブオイル(分量外)をひと回し、パセリのみじん切り(適量)を散らして完成! 黒こしょうを加えると、さらに味が引き締まります。

■2:フライパン一つで簡単ヘルシー!「キクラゲとトマトと卵の炒めもの」(Shizukaさん)

画像:Instagram(@shizucap)

黄色・黒・赤と、色鮮やかでヘルシー。フライパン一つで作れちゃうので、後片付けも簡単ですよ。

<材料>

中サイズのトマト・・・2個
戻したキクラゲ・・・5~10g
卵・・・3個
ニンニクチューブ・・・大さじ1
油・・・適量
塩・・・適量
黒胡椒・・・適量

<調味料>

事前に全部混ぜておくのがポイント!
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
オイスターソース・・・大さじ2
醤油(お好みでナンプラー)・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
片栗粉・・・大さじ1

<作り方>

(1)まずは下準備! 卵は塩少々を入れて混ぜます。キクラゲは戻しましょう。戻したキクラゲが大きい場合は、小さく切ってください。トマトは食べやすい形に切っておきます。

(2)少し多めに油を引き、ニンニクチューブを入れます。火加減を強火にし、トマトとキクラゲを入れて炒めます。

(3)事前に混ぜておいた調味料を入れ、さらにトマトが柔らかくなったら卵を入れ、さらに炒めます。

(4)卵が固まってきたら、混ぜ始めます。卵がポロポロなりすぎないよう、ざっくり混ぜるのがポイント!

(5)味見し、薄く感じた場合は塩を足してください。お皿に盛り付けて、最後に黒胡椒を振ったら完成です。

■3:炒めて、煮る!簡単工程の本格「キーマカレー」(桑原亮子さん)

画像:桑原亮子

インド料理である“キーマカレー”。キーマという言葉は、ヒンディー語やウルディー語で、細切れ肉またはひき肉を意味するそうです。ベジタリアンの多いインドではひき肉の代わりに、カリフラワーを使うこともあるみたいですよ。

スパイスをふんだんに使ったキーマカレーは、お店でいただくものと思いがちですが、実はスーパーでそろうスパイスで簡単に作れちゃうんです♡

<材料>


玉ねぎ(小さめ)・・・1個
トマト・・・1個
豚ひき肉・・・300g
にんにく・・・1かけ
生姜・・・2かけ
獅子唐・・・10本
パクチー・・・5本
すりごま・・・大さじ1
塩・ブラックペッパー・・・適量

【ホールスパイス】
カルダモン・・・2個
クミン・・・小さじ1
クローブ・・・10本

【パウダースパイス】
コリアンダーパウダー・・・大さじ1
クミン・・・小さじ1
ターメリック・・・小さじ1/2
カイエンペッパー・・・小さじ1
ブラックペッパー・・・小さじ1

<下準備>

・玉ねぎ、トマトはみじん切りにします。

・獅子唐は小口切りに、パクチーはみじん切りにします。

・生姜とニンニクはすりおろします。

・豚ひき肉はバットに広げてグリルで焼いておきます。

・パウダースパイスは合わせておきます。

<作り方>

(1)鍋に油を敷いて、みじん切りにした玉ねぎ(小さめ1個)、塩(適量)、ホールスパイス(カルダモン2個・クミン小1・グローブ10本)を入れて飴色になるまで炒めます。

(2)みじん切りにしたトマト(1個)を加えてしっかり煮詰め、すりおろしておいたにんにく(1かけ)と生姜(2かけ)、パクチー(5本)のみじん切り、獅子唐(10本)を入れます。

(3)鍋の火を止めて、合わせておいたパウダースパイス(コリアンダーパウダー大さじ1・クミン小さじ1・ターメリック小さじ1/2・カイエンペッパー小さじ1・ブラックペッパー小さじ1)を加え、なじませます。

(4)グリルした豚ひき肉(300g)を加えて、10分ほど煮詰めます。すりごま(大1)を加えて、塩胡椒(適量)をかけたら完成です。

下準備をしたら、あとは炒めて煮込むだけ! 玉ねぎとホールスパイスをじっくり炒めるのがポイントですよ。


今回ご紹介したトマトが主役の“トマトレシピ”はとっても簡単に作れます。どれも夏にぴったりなレシピなので、ぜひチャレンジしてみて。(文/anna編集部)

【画像】
※ Instagram(@shizucap)/桑原亮子/星野明香

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. “いい人”でも要注意!そもそも“結婚に向いていない”男女の共通点

    ウレぴあ総研
  2. May’n、2年ぶりのニューシングル「オレンジ」が発売決定 新アーティスト写真も公開

    SPICE
  3. 2021年で40歳になると聞いて意外な男性芸能人ランキング(1981年生まれ)…杉浦太陽、関ジャニ∞横山裕、斎藤工らランクイン

    ランキングー!
  4. 桜井日奈子、台湾料理に思わず笑顔なオフショット公開! 『ごほうびごはん』オフィシャルブログより

    Pop’n’Roll
  5. 川田裕美アナ、店頭で惹かれて購入した商品を紹介「迷ってしまった~」

    Ameba News
  6. 【うっとりしちゃうニャ。】タオルで包まれた子猫ちゃん。このあと見せた、安心した表情が (♡o♡)

    PECO
  7. 実は双子の子供がいる芸能人ランキング…ディーン・フジオカ、仲間由紀恵らランクイン

    ランキングー!
  8. 【フライングタイガー】“いま売れている商品ランキング”発表!おうち時間がもっと楽しく

    ウレぴあ総研
  9. AKB48 Team 8 本田仁美、韓国ブランド『KIRSH』とのコラボアイテム発売開始!

    Pop’n’Roll
  10. 函館線 倶知安駅 新ホームを転車台側に設置 10/31供用開始、北海道新幹線 建設工事むけ

    鉄道チャンネル