Yahoo! JAPAN

アインシュタイン河井、母親が初めて自分に宛てた手紙にのけぞる 「クールすぎて痺れました」の声も

Techinsight

番組で母親と共演したアインシュタインの河井ゆずる

2019年度『よしもと男前ブサイクランキング』のブサイクランキングで圧勝した稲田直樹と、男前ランキング3位の河井ゆずるからなるお笑いコンビ・アインシュタイン。25日深夜放送の『アインシュタインの愛シタイン』(MBS毎日放送)では、番組初ゲストとして河井の母親・美枝子さんが登場し、3人で焼肉を食べに行った。番組終盤では美枝子さんが初めて息子に宛てて書いた手紙を自ら朗読した。

番組放送前に幼い頃の自身と弟、そして若かりし母親が写った写真をインスタグラムに投稿していた河井ゆずる。3歳だという河井は片手をあげてどこかおどけた様子だが、息子たちを見守る母親の美枝子さんは鼻筋がスッと通っていて「お母さん綺麗!!」「美枝子ママ綺麗ですよね」という声があがっていた。

その美枝子さんが息子の番組『アインシュタインの愛シタイン』に「ゆずるの母、美枝子です~」とタバコの銘柄のロゴが入ったマスクをして笑いながら登場した。同番組PRのナレーションもこれまで担当してきた美枝子さんは、現在71歳。河井は母親の誕生日によく割烹料理をご馳走してきたそうだが、母親は実は焼肉が食べたいのだという。

美枝子さんは息子とのひとときが嬉しいのか、始終で笑い声が漏れるほど朗らかでマイペース。母子家庭で河井と弟を育ててきたそうで、経済的に苦しかった頃はプレハブに住んでいたこともあるという。子供の頃の河井について聞かれると美枝子さんは「やりやすい子」だったと独特な表現で笑わせた。「おとなしいし、よう言うこと聞くしな…」と振り返る。現在40歳の河井に、相方の稲田直樹が「そろそろ結婚してもいい歳だと思うんですけど」と話を振ると、美枝子さんは「別に(結婚)して欲しいとも思わへんし、本人の好きなようにしたらええと思ってるからね」と息子の気持ちを最優先にしているよう。またアインシュタインが出演する番組は観ているといい、同番組は深夜放送のため一度仮眠をとってから起きて観ているというから、やはり息子の番組は楽しみなのだろう。

念願の息子との焼肉で大好きなミスジに舌鼓を打った美枝子さんは、最後に息子に宛てた手紙を読むことに。なんとこれが息子に書いた初めての手紙だという。他の番組でも親からの手紙が読まれると涙をこぼす芸能人も珍しくない。河井も「そういうの初めてやわ」と期待が高まるなか美枝子さんが手紙を読み出した。「ゆずる、久しぶりやね。こうしてご飯にこれてうれしいです。これからも体にだけは、気を付けて、ガンバッテネ! 母より」と美枝子さんが手紙を読み終わると、河井が「短っ! 短っ短っ短っ!」と思わずのけぞった。河井が泣く暇もなかった手紙に、SNSでは「お母さんの手紙の短さに笑いました」「素敵なお母様ですね~!! ああいう手紙であんなに余白あるの初めて見ました」「かわいい、ええお母さんですねー あの手紙大好きですw」「お母様の手紙クール過ぎて、痺れました」などの反響があった。

一方で折に触れて母親に手紙を送っていたという河井も、急遽母親に手紙を書くことに。そこには「人見知りであなたの後ろに隠れていた僕ももう40歳になりました。今まで本当にいろんなことがありましたが、今はこうして素敵な仲間やスタッフさんに囲まれて、物凄く幸せな毎日を過ごさせてもらってます。」「小さい頃よく怒られた事が今になって少しずつ本当の意味が分かってきた様な気がします。これからもあなたに教わった事、しっかり肝に銘じて感謝の気持ちを忘れず、仕事もプライベートも全力で楽しみたいと思います。」などと長文で書かれ、自身を育ててくれた母親と現在に感謝する内容だった。

日頃から美しい文字を書く河井だが、母親の文字ともどこか似ていて、母親譲りなのかもしれない。「ゆずるさんのお手紙受け取った美枝子さんめちゃくちゃ嬉しそうでほっこりしました」「お母様とゆずるさんのやり取りがもはや漫才みたい」「豪快に笑ったりドライになったりお母さん面白い」「面白くてかわいらしいお母様がとてもパワフルで圧倒されました」など、ファンも河井親子の温かくユニークなやり取りを楽しんだようだ。

画像2~6枚目は『アインシュタイン 河井ゆずる 2021年2月25日付Instagram「今日24時25分から」、2021年2月13日付Instagram「店出て2秒後にタバコ吸うてた。」』『【公式】アインシュタインの愛シタイン 2021年2月24日付Instagram「なんか素敵な写真」、2021年2月25日付Instagram「きょう24:25~」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事