Yahoo! JAPAN

コロナうつ「工夫し解消を」 横浜市戸塚区内精神科病院院長が外出自粛時の心構えを語る 〈横浜市戸塚区〉

タウンニュース

コロナうつ「工夫し解消を」

新型コロナウイルスの再拡大を受け、政府は1月8日、緊急事態宣言を発令した。不要不急の外出自粛で人との関わりが減少し、情報過多のなか危惧されるのが、心のバランスが崩れる「コロナうつ」だ。本紙では600床の入院設備を持つ精神科病院で横浜市から認知症疾患医療センター指定も受ける「横浜舞岡病院」の加瀬昭彦院長に、宣言下でのメンタル面のケアや心構えなどを聞いた。

--精神科医から見てメンタル面での心配点はありますか。

「一般的に言えることとしてはやはり、閉じこもりがちの生活を余儀なくされた”気分”への影響です。いわゆる抑うつ気分だったりだとか、ストレスを発散する場所がなくてフラストレーションがたまってしまうだとかがまず挙げられます。閉じこもってしまうと生活リズムが乱れ、スマホやゲームにのめり込んでしまうこともあり、それが依存症へのきっかけにもなりかねません。

あともう一つは、とくにご高齢の方、人との関わりが乏しくなってしまうと、認知機能への悪影響も考えられます。物忘れがあるものの日常生活に支障がない、いわゆる軽度の認知症状の方が悪化した話が昨年の緊急事態宣言下でありました。認知機能の維持には、コミュニケーションを取り続けることが重要です」

--自殺者が増えていると聞きます。”コロナうつ”でしょうか。

「コロナうつは病名ではありませんが、メカニズムとしては考えられます。とくに産後はうつになりやすく、面会ができずサポートがない、相談したくても会えない状況には注意が必要です」

「適度な運動を」

--ケアの方法は。

「できるならオンラインででもコミュニケーションを取り、難しい場合は電話などを活用して、自分の不安を解消するように心がけてください。一言もしゃべらずに一日が終わってしまう人もいますが、それはまずい。人と関わるように工夫を。

また、適度な運動はメンタル面にとてもいいです。規則正しい生活、食事、睡眠、生活リズムを整えることが大事です」

--日々のニュースで不安になっている方がいます。アドバイスを。

「コロナそのものは、もともとあったウイルスです。テレビにかじりついて、感染者が何人出たなど、数字に一喜一憂するのはよくありません。重症化しやすい高齢者などは気を付けなくてはいけませんが、恐怖をあおるような情報に振り回されてはいけません。もしコロナにかかっても責任を感じすぎないように。かかろうと思ってかかる人はいません。周りの人も理解を。コロナは『正しく恐れる』ことが大切です」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【書評/サンポマスター本】『“よむ”お酒』パリッコ・スズキナオ 著 ほか3冊

    さんたつ by 散歩の達人
  2. ダンスを通して「愛と共育」を子どもたちに伝える「RABBIT CLUB」。

    Things
  3. 新連載【前編:園長と保護者がバトル!?】園のおやつに違和感……これって3歳の子に大丈夫!? #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  4. 近すぎて見つからない…目の前にある宝物を探し回る子猫ちゃん

    おたくま経済新聞
  5. 彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法

    コクハク
  6. 説得力や根拠じゃない!自分の意見を伝える時に大切なこと

    コクハク
  7. シナモロール&マイメロディの雪だるまカップが激カワ!ミニストップ限定だよ~。

    東京バーゲンマニア
  8. 食卓の椅子に座ったら、目の前にキュウリがあった。食べるかどうか悩んだ…挙句、食べることにした柴犬。【動画】

    柴犬ライフ
  9. バレンタインはチョコだけじゃない!他と差をつける「変わり種バレンタイン」が登場♡

    anna(アンナ)
  10. 飼い主さんとTVを見てたらおネムに…超大きな赤ちゃんにしか見えない脱力ゴールデンが可愛すぎて超癒し。【動画】

    Retriever Life