Yahoo! JAPAN

西武・髙橋光成ハーラートップ4勝目へ楽天戦先発「丁寧にいきたい」

SPAIA

髙橋光成(西武ライオンズ提供)

楽天戦は昨季1勝2敗、防御率6.27

ハーラートップタイの3勝を挙げている西武・髙橋光成が23日の楽天戦(楽天生命パーク)に先発する。

21日にブルペンで44球を投げて調整は順調。「楽天打線は繋がりがあるイメージです。一発もあって強力打線なので、どこも気を抜けないです。全員に注意して、一人ひとり丁寧にいきたいと思います」と気を引き締めた。

今季、初の開幕投手を務めた7年目右腕。前橋育英高で全国制覇した好素材が地道に根を伸ばし、花を咲かせようとしている。2019年に10勝(6敗)、昨年は8勝(8敗)をマーク。防御率も4.51(2019年)、3.74(2020年)と年々良化し、今季はここまで3勝0敗、防御率3.18だ。

全体の約40%を占めるストレートは平均球速147.2キロ。平均140.5キロのフォークを合わせた2球種だけで全体の3分の2を占めている。さらにカットボールやスライダー、平均118.5キロのカーブも操る。

SPAIAのゾーン別データ(https://spaia.jp/baseball/npb/player/1400182)では見事に低めにコントロールしていることが分かる。ストライクゾーンを9分割すると、右打者、左打者ともに約4分の1は外角低め。被打率も右打者が.250、左打者が.176と抑え込んでおり、今季の好調ぶりを裏付けている。

楽天戦は昨季1勝2敗、防御率6.27と打ち込まれた。鈴木大地(9打数4安打)、茂木栄五郎(5打数2安打)、辰己涼介(8打数3安打)あたりは要注意だろう。

西武は4月21日現在で10勝9敗2分けの4位。チーム防御率3.64はリーグ5位だけに、まさに踏ん張りどころだ。真のエースへの階段を上る髙橋が、4勝目を挙げて成長を証明できるか期待がかかる。

【関連記事】
・西武・仲三河優太「1球で捉えられる練習を」2021若獅子インタビューVol.2
・西武・山村崇嘉「強い当たりをレフト方向に飛ばしたい」2021若獅子インタビューVol.1
・西武の新外国人左腕マット・ダーモディが合流「制球の良さと奥行きのある投球」に自信

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. コストコでアネッサのUVスプレーを発見。めっちゃ安くないか?

    東京バーゲンマニア
  2. 同居猫の寝込みを襲い、頭をスパーンッと叩くネコ。様子を伺う視線や耐え忍ぶネコの表情が面白い!

    PECO
  3. 上司にしたい30歳以上のイケメン俳優ランキング…鈴木亮平、中村倫也、佐藤健らランクイン

    ランキングー!
  4. 行けなくなった留学の補習を山梨県で「英語でGO!」 観光しながら実践的に学ぶ【コロナに勝つ!ニッポン会社】

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 上白石萌歌、高校時代の誕生日に“いっぱいもらったもの”

    ナリナリドットコム
  6. 上白石萌歌、高校時代の誕生日に“いっぱいもらったもの”

    ナリナリドットコム
  7. 独身無職の私。既婚の弟が「妻の出産前後、サポートをして」と言ってきて……?まんが【前編:姉の視点】

    ママスタセレクト
  8. 栄住吉にワンランク上の居酒屋がオープン!『大人の大衆酒場ミチシルベR25』

    IDENTITY名古屋
  9. 「原爆の子の像」の鐘の中にスズメが巣作り 広島市「巣立つまで見守りたい」

    Jタウンネット
  10. 『ザ・ルーキー』シーズン4へ更新!米ABCが更新&打ち切りドラマを一挙発表

    海外ドラマNAVI