Yahoo! JAPAN

[そら豆の簡単レシピ]焼き&茹でに飽きたら炒め物や混ぜご飯に

VEGEDAY

4~6月に出回る新鮮なそら豆は、茹でたり焼いたりしておつまみにすると絶品です。また、ふっくらとやわらかい口当たりは、ご飯や炒め物などにもよく合います。今回は、そら豆を使った3つのレシピを紹介します。

新鮮なそら豆の選び方とおいしい茹で方のコツはコチラ

そら豆をご飯や炒め物で味わうレシピ3選

ほくほくとしたそら豆のおいしさと、鮮やかな色合いが特徴です。

●そら豆ご飯

ふっくらとしたそら豆とご飯が優しい味わい。

材料(2人分)

そら豆(さやから出したもの):150g

ご飯:400g

ベーコン:2枚

バター:20g

塩・黒こしょう:各少々

作り方

そら豆は薄皮に切り込みを入れて、塩(分量外)を入れた熱湯でさっと茹でた後、ザルに上げて冷まし、薄皮をむく。

ベーコンは1cm幅に切る。

耐熱容器にご飯と1、2、バターを入れてラップをかけ、電子レンジ500Wで約2分加熱する。

塩と黒こしょうを振って、混ぜ合わせたら完成。

●そら豆と海鮮炒め

味はもちろん香りも良くご飯がすすむ一品。

材料(1人分)

そら豆(さやから出したもの):200g

小えび:120g

いか:80g

[A]

卵白:1/4個

酒:小さじ1

塩・こしょう:各少々

片栗粉:大さじ1

重曹:少々

[B]

砂糖:小さじ1/4

薄口醤油:小さじ1

塩:小さじ1/4

鶏がらスープの素+水:大さじ3

ショウガ(薄切り):2枚

サラダ油:大さじ2

水溶き片栗粉:適量

ごま油:小さじ1

作り方

そら豆は薄皮の下の部分に1~2mm程度の切り込みを入れ、塩(分量外)を加えた熱湯で茹で、ザルに上げて冷まし、薄皮をむく。

小えびは背わたを取るなどの下処理をして、大きい場合は切る。いかは表面に細かい格子状の切り込みを入れて、約1.5cm角に切る。

2にAを加えて混ぜ、下味をつける。

鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて3を入れ、8割くらい火を通した後、ザルに取る。

Bを合わせておく。

フライパンにショウガとサラダ油を入れて熱し、1と4を入れて炒め、5で味を付ける。

6に水溶き片栗粉を入れてとろみを付け、ごま油を加えて仕上げる。

●そら豆のスープ

そら豆のやさしい味わいが引き立つ。

材料(2人分)

そら豆(さやから出したもの):300g

そら豆(トッピング用/茹でて薄皮をむいたもの):適量

じゃがいも:200g

タマネギ:200g

チキンブイヨンスープ:500ml(固形を水で溶いたものでも可)

バター:大さじ2

牛乳:200ml

生クリーム:大さじ2

塩・こしょう:各少々

作り方

そら豆は薄皮をむき、薄切りにしたじゃがいも、タマネギと一緒にバター大さじ1で炒める。

1にチキンブイヨンスープと牛乳を注ぎ、やわらかくなるまで煮る。

2をミキサーにかけるか裏ごしして温め、生クリームと残りのバターを加えて、塩とこしょうで味を調える。

3を器に盛り、茹でたそら豆をトッピングしてでき上がり。

最後に

そら豆は鮮度が落ちやすいのですぐに調理するのがコツ。旬のそら豆を料理に取り入れてください。

[そら豆]おいしい茹で方のコツと、新鮮なそら豆の選び方

ふっくらした豆が特長のそら豆。スープや炒めものに入れるなど、さまざまな食べ方ができますが、旬の時期はさやのまま焼いて焼きそら豆にしたり、茹でたりして、風味豊かな素材の味を存分に味わいましょう。そら豆のおいしい時期は「3日」といわれるほど、とてもデリケートな野菜。鮮度が落ちやすいので、すぐに調理をするのが良いとされています。

最終更新:2022.03.02

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英、板木利隆監修(高橋書店)
出典:
JAグループ 「お手軽レシピで作る」(そら豆ご飯)
全農宮城県本部 みやぎの野菜レシピ集(そら豆と海鮮炒め)
JA鹿児島県経済連 品目別料理レシピ (そら豆のスープ)

【関連記事】

おすすめの記事