Yahoo! JAPAN

ピアニスト・小曽根真、60歳記念のソロ・ピアノ・アルバムの特別編『OZONE 60 -STANDARDS-』を2022年1月に発表

SPICE

小曽根 真 (c)Kazuyoshi Shimomura (AGENCE HIRATA)

ピアニスト小曽根真が今年2021年3月、還暦を記念して発表したソロ・ピアノ・アルバム『OZONE 60』の特別編となるアルバム『OZONE 60 -STANDARDS-』が、2022年1月19日(水)にリリース。アルバム・ジャケットと収録曲目が公開された。

ジャンルを超え世界規模での活躍を続ける小曽根真。ジャズ・ピアニストとしての第一線での活動のかたわら、国内外の主要クラシック・オーケストラとの共演を積極的に果たしてきた。今年3月、還暦を記念して発表したソロ・ピアノ・アルバム『OZONE 60』は、ジャズとクラシックの両分野で活躍する小曽根の魅力を2枚のディスクに真空パックした内容が高い評価を得た。

1月リリースのアルバム『OZONE 60 -STANDARDS-』は、『OZONE 60』収録曲のレコーディングがすべて終わった後に、一筆書きのように紡がれたスタンダード・ナンバーの数々を収録したもの。国内屈指のクラシック・ホール「水戸芸術館 コンサートホールATM」の極上の響きの中、スタインウェイD型とヤマハCFXという2台のグランドピアノを曲により弾き分けて録音されており、バラード・ナンバーでは小曽根の繊細なピアノ・タッチも堪能できる。

小曽根真『OZONE 60 -STANDARDS-』ジャケット写真

収録曲は、カーペンターズのヴァージョンが有名な「サムタイムズ」を皮切りに、チャールズ・チャップリンの「スマイル」やバート・バカラックの「アルフィー」など、ジャズ・スタンダード以外にも時代を越えて愛され続ける名曲を収録。アルバム・リリースに先がけて、12月22日(水)には「スマイル」が先行デジタル・リリースされる。

尚、小曽根真は、2022年3月にかけて60TH BIRTHDAY SOLO『OZONE 60 CLASSIC x JAZZ』と題する全国ツアーを展開中。

【関連記事】

おすすめの記事