Yahoo! JAPAN

猫が『飼い主と他人』を判別するためにしていること3つ

ねこちゃんホンポ

猫はどうやって飼い主さんを判別している?

さっきまで家で飼い主さんに思いっきり甘えていたのに、突然の来客でいきなりお客さんに対して威嚇したり怯えたり…といった様子を目撃したことがある人は多いと思います。

猫は飼い主さんとそうじゃない人を瞬時に判断できる能力があるのです。

猫は視力もさほど良くないといわれていますし、人間の話している内容も理解できない猫が多いにも関わらず、一体どのような部分で判別ができているのか、とても不思議ですよね。

そこで今回は、猫が飼い主さんと他人をするためにどのようなことをしているのか、具体的に解説をしてまいります。

1.においを嗅ぐ

猫は嗅覚が人間の何倍も優れており、においによって相手を判別することができます。人間同士では分からないような微かなにおいを猫は認識することができるのです。

初めて会う人や飼い主さんかどうか分からない人に対して、クンクンとにおいを嗅ぐ猫もたくさんいます。

なので、愛猫が知らない相手のにおいがするもの(服など)を身にまとって近づいた場合、「知らないにおいがするから警戒しないと!」と思って飼い主さんに対して威嚇する猫も多いようです。

2.声を聞く

猫は嗅覚のほかに聴覚も優れています。遠くのほうで虫や小動物が動いた音なども敏感にキャッチできるため、飼い主さんの声や足音などを聞いてすぐに反応する猫もたくさんいます。

なかには玄関前で飼い主さんの声や足音がしただけで「帰ってきた!」と判別し、飼い主さんが玄関を開けると同時にお出迎えをする猫もいるのです。

反対に、知らない人の声や物音がちょっとしただけで大急ぎで逃げたり、警戒の体勢に入ることもあります。

3.見た目を確認する

冒頭で「猫は視力がさほど良くない」といいましたが、ある程度であれば目で見た情報から判別することもできます。

飼い主さんの髪の長さや、いつも身に着けている大きな特徴(メガネやヒゲなど)は判別することができるため、あきらかに飼い主さんとは違う特徴を持っている人に対してはクールな態度をとることもあるようです。

まとめ

猫は嗅覚や聴覚など、人間よりも優れている能力をたくさん持っており、それによって飼い主さんと他人を判別することができるのです。

人間とはまた違った方法で相手を認識できる猫の能力、とても興味深いですね!

【関連記事】

おすすめの記事