Yahoo! JAPAN

カヤックフィッシングの『今と未来』 西伊豆のモデルケースとは?

TSURINEWS

人気上昇中のカヤックフィッシング(提供:LODGE MONDO)

昨今急激に人気が広まっているカヤックフィッシング。海上でもよく目にするようになってきました。そこで今回は、西伊豆でカヤックフィッシングツアーを展開するロッジモンドさんに、人気急上昇の裏側にある課題や今後についてお話を伺いました。

カヤックフィッシング

カヤックフィッシングはここ数年で一気に人気が高まったマリンアクティビティです。海面からの距離が近いので海との一体感が強く感じられるほか、自由気ままな釣りスタイルが可能な点も人気の要因のひとつでしょう。

ただ、東京湾などではカヤック、SUP、レンタルボート、遊漁船が入り混じる海域もあり、ルールの制定やマナーの周知が急がれるという一面もあるようです。今回は、西伊豆でカヤックフィッシングツアーを提供する『LODGE MONDO』(ロッジモンド)の松本さんにお話を伺いました。

人気上昇中のカヤックフィッシング(提供:LODGE MONDO)

ツアー提供のきっかけ

宿泊やマウンテンバイクツアーなど、さまざまな観光事業を展開されているロッジモンドさん。なぜカヤックフィッシングツアーを始めたのでしょうか。

LODGE MONDOのスタート

2012年から西伊豆の山中に眠っていた古道を再生させたマウンテンバイクツアー(YAMABUSHI TRAIL TOUR)を立ち上げて、観光事業をスタートさせました。伊豆エリアの新しい山の観光として注目されて年を追うごとに集客も増えていきましたが、地域の宿泊施設が後継者不足により10年で半減していることが判り、この地域の観光の未来を考えると自分たちでも宿泊施設を運営するべきだと考えました。

この西伊豆エリアでは昔ながらの食事付きの民宿や旅館などはありましたが、海外では一般的な素泊まりの宿は少なかったので、ゲストハウスやホステルに近いスタイルの宿をつくることに。ちょうど廃業したペンションが売りに出されていたので購入し、自社で取り組んでいる森林整備事業で伐採した地元の木材を使い館内をセルフリノベーションし、2018年よりLODGE MONDO -聞土-をスタートさせました。

カヤックフィッシングツアーを開始

14年前に西伊豆へ移住してきたのですが、その頃からカヤックに乗り釣りを楽しんでいました。既に山のアクティビティであるマウンテンバイクツアーと、ロッジモンドという滞在ができる拠点があったので、山と海とを繋ぐようなアクティビティをつくろうと考えた時にカヤックフィッシングのサービスを思いつきました。

特に大きなきっかけとなったのが2020年からはじまったコロナ禍でもあります。その時は西伊豆の運営している宿泊施設やツアーもすべて緊急事態宣言で休業要請がだされました。自分には子どもが4人いて、そのなかで収入が絶たれてしまう訳ですから、自分の力で食料調達をと思い、毎日カヤックで海に出て魚を釣って暮らしていました。

いきなり収入ゼロになった宿オーナーが、家族6人の食料を釣りながら過ごしたコロナ生活の記録

そこで思ったが、やはりカヤックは本来狩猟の道具だということでした。カヤックの体験ツアーは数多くあるにもかかわらず、カヤックフィッシングツアーは全国にほとんどありません。これを海のアクティビティサービスにするべきだとこの時に確信しました。

サービス展開の際の課題

カヤックフィッシングツアーをサービスとして提供し始めることを決めたは良いものの、実現までにはさまざまな課題があったようです。

サービス展開はスムーズだった?

カヤックフィッシングはここ西伊豆でも様々な問題が起きていました。例えばイセエビ漁がはじまる時期に、仕掛けている刺し網のすぐそばでカヤックで釣りをして網にルアーを絡ませたり、漁船や遊漁船が通る航路の真ん中でアンカーを打って、船がやって来ても退避行動をしなかったりと。中には静岡県では漁業権がないと禁止されているトローリングを行っている人たちも見受けられます。

カヤックや2馬力ボートの人たちも漁礁で釣りをする人たちがいますが、調べてみると漁礁で釣りをするには地元の漁協の許可が必要です。海は誰にでも開かれているフィールドではありますが、漁業権を含めたルールも様々に存在します。そのほとんどが知識が無いのと、教えてもらえる環境が無いことだと気が付きました。

自ら漁協組合員に!

新規参入のカヤックフィッシングツアー運営者という立場上、漁師さんや遊漁船との調整はとても繊細なものだったに違いありません。どのようにこの難題をクリアしたのでしょうか。

課題解決方法は?

インターネットのクリックひとつでフィッシングカヤックを買えてしまう時代でありますが、海のルールを教えてもらえる環境が無いのもひとつの課題となっているのだと感じました。そこで自らが伊豆漁協の組合員になることにしました。遊漁船と同じルールに乗っ取ってカヤックフィッシングのサービスを行えればと。

すでにマウンテンバイクや宿泊事業も行っていた信頼もあったことからスムーズに組合員になる審査も通り、漁協の役員や遊漁船の方たちなどにもカヤックフィッシングツアーの企画書を持って説明にまわりました。漁師や遊漁船の方たちも、地元でしっかりとした教育や啓蒙も含めたカヤックフィッシングサービスをやってくれることで、よその土地から来るカヤックのマナーの向上もされるだろうと、協力してくれることになりました。

静岡県ではタイやヒラメの放流事業も行っており、遊漁船などでは放流協力金を徴収しているところもあります。わたしたちのカヤックフィッシングツアーでタイ、ヒラメが釣れた時は同じように協力金をいただいて漁協に納めていますし、地元遊漁船の方たちの自主規制の30cm以下のハタ類はリリースという資源管理も協調して行っています。

放流協力金をもらい漁協に収めているヒラメ(提供:LODGE MONDO)

釣り初心者の申し込みがたくさん!

実際にサービスがスタート。どのようなお客さんからの申し込みが多いのでしょうか。

釣りに詳しくないと難しい?

当初は、普段からルアーフィッシングやタイラバなどを楽しまれている方が申し込まれて来ると思っていたのですが、ツアーをはじめてみると、ほとんどサビキ釣りしかしたことが無い初心者の方や家族連れの方たちも多く、驚いています。もちろんベテランの方も一定数いらっしゃいますし、大歓迎です。

経験したお客さんの感想は?

皆さんカヤックがもっと不安定な乗り物だと思われている方たちが多いようで、釣り用のフィッシングカヤックの安定感と釣りのしやすさに驚かれます。普段、船釣りをやられている方はエンジン音のしないカヤックで海に浮かぶのがとても新鮮なようです。そして何よりも、手を伸ばせばすぐに海面に手が付くほどに近い海との距離感。シイラやスズキなどを掛けると自分が乗るカヤックの目の高さよりも高くジャンプするのでとてもエキサイティングです。

ツアーの楽しみ方は?

エンジンなどの動力を使わずにすべて自分の力だけで海に漕ぎ出して釣りをするという行為は、どこか人の原始体験にも近い経験や体験になると思います。ツアーですのでガイドが同伴して天候や風を読んだりと安全の確保などは行いますが、釣り船のようにポイントへ連れて行ってもらって釣りをするような受動的なものではなく、自分でカヤックを操り魚を釣るという主体性が求められるところが面白く、難しくもあるところです。それでもまずは、純粋に海の上へと繰り出す感覚を楽しんでもらえたらと思っています。

カヤックフィッシングの魅力

ニッポン、カヤック釣り紀行」と題して、ご自身でもカヤックフィッシングで全国を飛び回っている松本さん。カヤックフィッシングの魅力を聞いてみました。

カヤックフィッシングの魅力は?

今年の6月は北海道に出掛けていたのですが知床半島ではホッケ。南富良野のかなやま湖ではレイクジギングでアメマスやイトウなど。その土地ならではの魚に出会えるのが病み付きになりますね。10代の頃から国内外をあちこち旅して周っていたのですが、いままで訪れたことのある土地でも水面から釣りをしながら感じる風景はまたひとつ奥行きのある旅となります。海に囲まれた島々からなる日本の多様な自然を思い切り楽しむのにも、カヤックフィッシング+旅の相性がとても良いと感じています。

カヤックフィッシングの課題と解決の糸口

全国にカヤックフィッシングに行かれる松本さんだからこそ感じる、各地でのカヤックフィッシングを取り巻く課題もあるようです。

カヤックフィッシングの課題

全国的に見ると、カヤックフィッシング自体はまだそれほどメジャーな釣りの仕方ではないかもしれません。だからこそ、その地域に認知してもらえるようなコミュニケーションがもっと必要ではないかと思います。

例えば地域によっては遊漁や漁業に関しても、夜明け前の出漁や時刻までが細かく決められているところもあります。伊豆以外のほかの地域でカヤックフィッシングを楽しむときは都道府県の水産課のウェブサイトの情報を調べ、場合によっては地元の漁協へ問い合わせたりもしています。

まだそこまで意見できるほど、各地の現状を把握しきれておりませんが……。

課題解決の糸口

前述した通り、ルールやマナーが周知されていない、調べるのにも手がかかる点が、まずは大きな問題だと思っています。とはいえ、一方的なルールは誰にも受け入れられません。関係各所とのコミュニケーションがまずは重要ではないでしょうか。

ロッジモンドが提供するアクティビティは「山と海とを繋ぐ」がテーマです。古道の再生や森林整備、マウンテンバイクなど山に関わる仕事やサービスの提供も行っていますが、それぞれを切り分けて考えるのではなく繋げていくことを意識しています。「つなげる」の連鎖が様々な課題解決や新しいアイディアのきっかけになるような気もしています。

大物魚とのやり取りはエキサイティング(提供:LODGE MONDO)

カヤックフィッシングの未来

最後に、松本さんが描いているカヤックフィッシングの「未来予想図」を聞いてみました。

カヤックフィッシングの今後

カヤックフィッシングは二酸化炭素を排出しないゼロカーボンの新しい釣りのスタイルであると考えています。将来的にはソーラー船や水素エンジン船などを導入し、ツアーのサポートや外洋の沖合のポイントまでカヤックを曳航して行くフィッシングサービスを構想してます。より自然に近く触れることが出来るカヤックフィッシングツアーは観光事業としての相性も良く、近いうちに再開されるであろうインバウンド需要も取り込めると確信しています。

釣り人同士のコミュニケーション

松本さんの回答にもあったように、カヤックフィッシングは初心者からも魅力的なアクティビティとして捉えられています。「沖釣りデビューがカヤックフィッシング」なんてパターンも珍しい話ではないのかもしれません。そうなると、エリアごとのルールやマナーがすぐに調べられるような情報の整備は必須でしょう。

まずは漁師さんへの配慮と安全確保のルール策定が大前提。その上で、釣り人同士が釣り方で対立するのではなく、釣り方が異なる相手にこそ前向きな興味と尊敬を持ってコミュニケーションを取り合うことが当たり前になれば、自然と最適なマナーが作られていくかもしれないですね。

<小菊/TSURINEWS編集部>

The postカヤックフィッシングの『今と未来』 西伊豆のモデルケースとは?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. バニラパンプキンって気になる♡「THE BODY SHOP」期間限定シリーズをチェック

    mer
  2. Uber配達バッグに入りきらない「巨大オードブル皿」を届けさせようとする港区の店

    キャリコネニュース
  3. 年収350万の女性「旦那の年齢的に年収が上がる訳がないので月の給与6割を貯金している」

    キャリコネニュース
  4. 再開した『うみかぜ公園』を視察 タチウオ狙いにサビキ釣りが好調

    TSURINEWS
  5. 天海祐希の“寒さ対策”「お尻の割れ目ギリにカイロ」

    ナリナリドットコム
  6. 【THE NIGHT BRIDGE MARKET/THE BRIDGE MARKET】新潟ならではのローカルライフを体感しよう

    日刊にいがたWEBタウン情報
  7. アレック・ボールドウィン、誤射した銃は助監督から「安全なもの」と手渡されていた

    Techinsight
  8. 【焼肉 坐旺 近江店 】ランチ限定!焼肉屋ならではのステーキ丼|新潟市中央区・やきにくざおう おうみてん

    日刊にいがたWEBタウン情報
  9. 【徹底検証】ヒラメ用ルアーのおすすめランキング12選|釣りメーカーのテスターが人気製品を検証

    the360.life
  10. 「頑張り過ぎ」「自分なんて」は心のSOS! 精神科医が伝えたい、心を軽くする“いい加減”のススメ

    FYTTE