Yahoo! JAPAN

「面白い俳優がいる」シライケイタが玉城裕規と初タッグ『湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。』

SPICE

左から シライケイタ、玉城裕規

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。(みなとよこはまあらぶるいぬのさけび〜しんそう、さんにんきちさ。)』が2021年8月27日(金)から9月12日(日)まで上演される。

本作は、河竹黙阿弥による七五調のリズム感あふれる文体、悪事を重ねながら生きるアウトローの主人公、因果応報が生み出すドラマティックな展開といった歌舞伎の魅力が詰まった人気演目『三人吉三』をモチーフに、脚本家・演出家の野木萌葱が、現代の湊町を舞台に描くハードボイルド現代劇。演出は、劇団温泉ドラゴン代表で脚本家・演出家として活躍の幅を広げているシライケイタが手掛ける。

シライと、本作で歌舞伎版の和尚吉三にあたる柄沢純(からさわじゅん)を演じる玉城裕規に話を聞いた。

■「ぐちゃぐちゃになる心の準備はバッチリです」(玉城)

玉城裕規

――おふたりは今回の企画をどう受け止めて、どのように取り組もうと思われていますか?

シライ:お話をいただいた時は単純に嬉しかったです。KAATという劇場が好きでしたし、長塚圭史さんのような同世代の演劇人が芸術監督になって「新しく一緒にものをつくる仲間を探しているんだ」と誘っていただいて。そうやって一緒にやれることは本当に嬉しいなと思います。僕が入っていくってことは、劇場のイメージも少し変わるんじゃないかなと思いますし、だから精一杯やらせていただきたいなと思っています。

――『三人吉三』をやるということはどう思われましたか?

シライ:よく僕のところに持ってきてくれたなって。不良のお芝居ばっかりやっていたので(笑)。最近は「社会派」とか言われて、そう言われちゃうと僕も「そうなのかな? 俺、社会派なんだ」と、自分のためにも歴史や社会問題の勉強もしたりはしていたのですが。もともとはただの不良が「面白いことをやろう」と集まった劇団なのでね(笑)。去年、玉城くんが出てくれた、僕が10年前に脚本を書いた『birth』(劇団温泉ドラゴン第二回公演/玉城が出演したのは千葉哲也の演出で’20年に上演されたもの)も悪い話だったよね?

玉城:そうですね(笑)。

シライ:そういう“やんちゃ”がやりたくてお芝居をしていたので、「ああ、『三人吉三』をやれるんだな」という思いがあります。アウトローのお話でカッコいいじゃないですか。脚本ができていないので、どう現代に置き換えるかはまだわからないですが、久しぶりに大暴れしたいです。

左から シライケイタ、玉城裕規

玉城:僕は『birth』がきっかけで今回のお話をいただいたと聞いて、それがとても嬉しかったです。『birth』は僕にとって久しぶりの演劇でしたし、やらせてもらったときは「やっぱり演劇っていいな」と思いました。役者同士のぶつかり合いがすごく楽しくて。そういう、自分が楽しいと思った作品を観てくださってお話をいただけるというのは、本当に役者として幸せだなと思います。ビジュアル撮影の時にシライさんが「ぐちゃぐちゃにしてやる!」という感じだったので、ぐちゃぐちゃになる心の準備はバッチリしております(笑)。

――シライさんは『birth』をご覧になられて玉城さんのお芝居にどんな印象を受けたのでしょうか?

シライ:玉城くんは僕が10年前に演じた役を演じていたんですよ。それもあってかなり興味深く拝見したのですが、変な役者だな~と思って(笑)。

玉城:ははは!

シライ:いい意味でですよ? どういうふうに演技しているんだろうなって不思議だったんですよね。ストレートじゃないというふうに見たんだけど、彼にとっては変化球で勝負しているつもりもなさそうだなというふうに思ったし。だから面白い俳優さんだなと思って、興味を持って、『birth』の演出をした千葉さんも「玉城が面白いんだよ」なんて話をしていて。それで今回のお話で、プロデューサーに「最近、面白い俳優さんを見たんだけど」ってことで相談しました。だから僕も嬉しいです。

玉城:変化球を投げているつもりはないのですが、経験を積まれている演出家さん、監督さん、役者さんによく「変だね」ってことは言われます(笑)。僕は喜んでいるのですが、違う意味で言われている可能性もあるので、「はい!」と聞いています(笑)。

玉城裕規

シライ:でも必要だよ、「変」っていうのは。みんな、はみだしちゃいけないんじゃないか、変わったことをしちゃいけないんじゃないかって、特に若い俳優さんはね、思っているから。稽古場では、「もっとやっていいんだよ」ということが多いです。僕は「やりすぎなので押さえてください」と言うほうがラクだし、そういうふうにものをつくりたいんだけど、若ければ若いほど委縮しちゃったりもするので。だから「変」というのはとても大切な武器だと思う、俳優さんにとって。

玉城:今回のキャストの皆さんは僕は初めましてなのですが、みなさん変な可能性がある……(笑)。

シライ:みんなやばいよ!(笑)そういう人を集めました。猛獣ばかりです。アングラ劇団だったり、小劇場出身だったり、テレビを中心に活躍している人だったり、いろんな方が揃っているので、どういう化学反応を起こすのか楽しみです。あまり僕がひとつの世界観だったりカタチにはめすぎないように、存分にめちゃくちゃやってもらいたいなと思います。

■「俳優さんの魅力が最大に溢れ出る作品になる」(シライ)

シライケイタ

――『三人吉三』の物語については、どんなお話だと思われますか?

シライ:社会の底辺に近いところで生きている人たちが必死に生きようとしている物語だし、必死に他者を求める物語なんじゃないかなと思います。だからすごく強いエネルギーがありますよね。

――現代版になるうえで、シライさんが「ここだけは残してほしいな」と思われているところはどこですか?

シライ:必死に人生を生きている人たちの姿。底辺のほうで、より良く自分の人生を生きたいと思っていたり、より人を求めたいと思っているような、「人が人を想う」というところは、残してほしいというか残ると思います。あと、ヤンチャな要素はもちろん残してほしいです。

玉城:僕は不器用で、上演された作品を観ると頭に残ってしまって、(自身が出演する作品で)自由になれない瞬間が生まれてしまうタイプなので、『三人吉三』をしっかりとは見ていないのですが、あの時代のほうが“生き死に”が身近で、人間としての生命力が高い気がするんですね。だから、当時描かれた人間模様や生き死にを演じるには、熱量であったり人間力であったりは上げていかないと成立しないのかなと思います。なので全身で、ボロボロになるくらいの覚悟で挑みたいです。バケモノ揃いのカンパニーですしね。

左から シライケイタ、玉城裕規

――今作に関して長塚さんが「作家と演出家を敢えて分けた」というふうにおっしゃっていましたが、そこはどのように捉えていらっしゃいますか?

シライ:同じ人が脚本と演出を兼ねる強みもあるし、別の人間がやる意味もあって、今回は別の人間がやるので、僕はより純粋に、客観的に、作品世界に向き合えるかなという気がしています。

僕の年齢って多分演劇が大きく変わるはざまで、僕が先輩たちから受けてきた影響と、僕らが下の世代に対して見ている演劇ってだいぶイメージが違うんですよね。もちろん先輩方にも作・演出家で大活躍されている方はたくさんいらっしゃるのですが、下の世代のほうがもっと作・演出を兼ねる人の存在感が大きいと僕は思っています。そして相対的に俳優の存在感が小さくなっていると思うんです。

かつては、例えば野田秀樹さんもそうですが、作・演出家を兼ねる方がいても役者がもっと立っていました。でも今の時代は作・演出家の名前ばかりが立って、俳優がなかなか出てこないっていうことが言えると思っていて。この20年で日本の演劇界から「看板俳優」という言葉が消えたと思うんです。看板俳優がいないんですね、どこの劇団にも。看板はすべて作・演出家の名前。これは僕の好きな演劇からすると残念なことです。

シライケイタ

だから今回は、俳優の復権とかね、演劇のもともと持っている魅力を引っ張り出すチャンスなんじゃないかなと。作・演出家が別々である意味がそこに大きくあると思う。つまり僕が僕の世界感をつくろうと思ったって無駄で、俳優が世界をつくるんだ、役者ってこんなに面白いんだぞということも含めて、めちゃくちゃやりたいっていうことです。

――役者さんを立たせたいんですね。

シライ:それしかないです。そもそも僕が演出家としてなにを見たいかと言うと、俳優さんが見たいので。「シライとやる時のこの人は一番生き生きしていて面白いよね」と言われることが演出家にとっての最大の誉め言葉だと思っていますし、そういうふうに言っていただけることが多いんです。だから今回もきっと俳優さんの魅力が最大に溢れ出る作品になると思います。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。」トレイラー

取材・文=中川實穗 撮影=敷地沙織

【関連記事】

おすすめの記事