Yahoo! JAPAN

さっぱり!サバ缶とほうじ茶の冷や汁【簡単レシピ】

でろかる

今回は宮崎県の郷土料理の冷や汁を火を使わずにチャチャっと作ります。ほうじ茶の風味がサバ缶の臭みを消してくれます。
さっぱり食べられるメニューで残暑を乗り切りましょう。

材料(2〜3人分)

・サバ水煮缶:1缶
・きゅうり:1/2本
・玉ねぎ:1/2個
・生姜:1片
・大葉:4〜5枚
・梅干し:1個
・豆腐(絹ごしor木綿):1/2個
・鰹節:1袋
・すりごま:適量(たっぷりがおすすめ)
・味噌:大さじ2
・顆粒だし、塩 :味をみて適量
・ほうじ茶:300ml
・ご飯:茶碗2〜3杯

食材の準備

1.きゅうりは薄い輪切りにする。
2.生姜はみじん切りにする。
3.玉ねぎは粗みじん切りにし、5分ほど水にさらして辛みをとっておく。
4.大葉は細い千切りにする。
5.梅干しは種をとり、包丁でたたいてペースト状にする。

材料を混ぜる

1.冷やしたほうじ茶をボウルに注ぎ、味噌・サバ缶の汁・鰹節を入れよく混ぜる。

2.味見をして顆粒だし、塩で調節する。(豆腐が入るので少し濃い目でもOK)
3.きゅうり・玉ねぎ・生姜を入れる。

4.サバの身・豆腐を入れ、崩すように混ぜる。

5.すりごまを入れて混ぜる。

盛り付け

ご飯を少し平に盛り、具と汁をかける。大葉をふわっと乗せ梅干しを添えたら出来上がり。

【ポイント】
・豆腐は絹ごしでも木綿でもOKです。絹ごしだとサラサラと、木綿だと噛みごたえあり、お好みで選んでください。
・味噌は軽く焙っておくと香ばしさがUPします。(アルミホイルにのせて軽くトーストすると簡単です)
・お好みで梅干しを食べながら混ぜると味変になります。

麦茶も香ばしくて味噌に合います。そうめんのつけ汁にしても美味しいので、ぜひアレンジもお試しください。

【関連記事】

おすすめの記事