Yahoo! JAPAN

東京湾ショウサイフグの「旬」到来 白子入り良型手中【東京・えさ政】

TSURINEWS

白子たっぷりのショウサイフグ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

絶品の白子を求めて、東京湾のショウサイフグ釣りに挑戦してきた。エサは取られるがなかなかハリ掛かりせず苦戦を強いられたが、本命4匹を釣り上げた釣行をリポートする。

フグ釣りの魅力

ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグだが、人気が高いのは春と秋だ。春には産卵で浅場にきた良型の白子入り、秋には群れが固まる数釣りができる。

釣り方は2通り、 食わせ釣りとカットウ釣りだ。食わせ釣りの仕掛けは3本胴つき仕掛けで、エビの殻を剥いたものを1cm角に切って使い、投入して底についたらゼロテンで穂先を凝視、少しでも違和感があればアワセを入れるカワハギに似た釣り方だ。

もう1つはカットウ釣りと呼ばれるハリで引っ掛ける釣り方。さらにカットウには二種類がメジャーではあり、エサのエビを1本付けるノーマルと、小さく切ったエビを複数ぶら下げるチラシ仕掛けがある。昨今ではカットウチラシ仕掛けが東京湾ではメインのようである。

えさ政へ乗船

今回乗船したえさ政は、多摩川の最下流、羽田空港が目の前に見える人気の釣り宿だ。江戸前の釣り物を中心として、時にはダイワのフィールドテスターである林良一さんの釣り教室も定期的に開催されている。

また、仕立てでは釣りと温泉宴会パックが人気であり、天然温泉ヌーランド(京急・雑色駅すぐ)へは送迎バスで移動、宴会場にてその日に釣った魚をお刺し身、天ぷら、焼物で味わう、いたれりつくせりのプランを格安料金にてご提供している。

お世話になったえさ政の船(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

ショウサイフグタックル

筆者のタックルは、サオがアナリスターカットウフグ、リールはティエラICにPEライン1号に先イトを付けたもの。

私のタックル(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

仕掛けは自作のカットウ仕掛けと船宿特性カットウチラシバリセット(400円)。カットウオモリは10号での釣行であった。

4杯出しの満席

開店前に置かれたクーラーボックス(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

当日は筆者のようにフグの白子を求めてか、4杯出しの満席であった。日付けがかわる前からクーラーを置き、場所取りしている猛者も数名いらっしゃるほどの人気、当日は69人の愛好者だった。

大貫沖でカカリ釣り

エサは支給されるアルゼンチン赤エビ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

筆者の乗船するのは12号船、女性アングラー1人を含む12人での釣行となった。羽田空港の滑走路を眺めながら1時間、見慣れた景色ではあるが、その日の作戦を立てながら海堡、富津岬を越え富津観音が見えてきたころ、目的地の大貫沖へ到着した。

イカリを下ろしてのカカリ釣り。潮通しのいい浅場を好むショウサイフグ、12mラインからのスタートである。

エサは支給されるアルゼンチン赤エビを筆者は剥きながら使ったが、周りのエキスパートは思い思いに下処理したエビや自作の仕掛けを準備していた。

エビをセットした仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

小さいアタリに集中

1投目、カットウを底につけて一呼吸、穂先が僅かに引き込まれ、反射的にサオ先を上に持ち上げると、うれしいゲスト、良型の夏ハギが幸先よくしっかりと口に掛かり上がってきた。

カットウ好きには叱られてしまうが、外房の数釣りのカットウやくわせ釣り中心でフグ釣行を数年前まで重ねていた筆者は、5秒程度に1回上げていればカットウなんてどうせ引っ掛け釣り、腕では無いと侮っていた。しかし、湾フグカットウ経験初心者の筆者にとってこの釣りは、レパートリーに加えたくなった一目になった。

その後、船宿特製チラシバリにかえるもエサは取られるがなかなかハリ掛かりせず苦戦を強いられる。しかし、穂先の違和感からアワセを入れるとズッシとサオ先が曲がった後、ふわっとオモリの重さが消えた。すかさずリールを巻くと、今度はギュン!と強い引きが伝わってきた。引きを楽しみながら海面まで巻き上げ、抜きあげたのは30cmほどのショウサイフグであった。

使用した仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

最終釣果

この日はフグのアタリはいずれも小さい、うっかり見逃してしまうとエサだけ取られてしまうことがしばしばあったが、これもまた駆け引き、とても楽しい時間であった。

終わってみれば、船中1~6匹、筆者は4匹と白子食べたさに3年ぶりのフグ釣りにしてはまずまずであった。

フグの処理は船上で

釣ったフグは、フグ免許を持った船長が沖上がり1時間前位から処理してくれるので毒の心配もなく後は調理をするだけ。1匹にかかる時間は数十秒、職人芸に惚れ惚れする。

フグを処理する船長(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

注意点としては、下処理をお願いする前に十分血抜きを行い、白子に血が混じらないようにしてクーラーボックスで冷やしておくことだ。

白子の代表的な食べ方

白子の塩焼きはアルミホイルの上に白子を乗せて塩を振り、日本酒を振りかけて焼く。

白子ポン酢は、茹で過ぎ注意、レア状態で湯から上げ、氷水で冷やしてポン酢。いずれもとろとろクリーミー、一度味わえば忘れられない味だろう。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

The post東京湾ショウサイフグの「旬」到来 白子入り良型手中【東京・えさ政】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. イケメン大国!千葉県出身のイケメンランキング…山下智久、木村拓哉、藤木直人らランクイン

    ランキングー!
  2. 実は双子の子供がいる芸能人ランキング…ディーン・フジオカ、仲間由紀恵、ナオトインティライミらランクイン

    ランキングー!
  3. 【時短レシピ】万能・激安「フードチョッパー」でサクッと作れる!世界の料理<欧米編>

    ウレぴあ総研
  4. 【2.5次元】舞台『血界戦線』Blitz Along Alone新ビジュアル&新キャストを発表!

    ウレぴあ総研
  5. SEVENTEEN、初のオンラインコンサートの模様を収めた映像作品がオリコン週間映像ランキングにて2部門1位達成

    SPICE
  6. 【実食レポ】気になる外観のお蕎麦屋さんへ行ったみた!~立喰いそば・うどん せいろ庵 / 晩翠通り~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  7. ポップ&キュートなイラストをあしらった櫻川めぐさんとヴィレッジヴァンガードのコラボグッズが期間限定で販売!

    声優グランプリ
  8. 瀬尻稜氏のフランクすぎる解説も話題!新種目のスケートボードは五輪カルチャーにどんな影響を与えたか

    SEVENTIE TWO
  9. こんな女性は要注意!用心したい【地雷同僚】#2「一緒のランチよりもイヤなこと」

    ウレぴあ総研
  10. 【メンズ夏ファッション】子供っぽくなりがち?大人のショートパンツの選び方・おすすめ3選

    特選街web