Yahoo! JAPAN

SUPER☆GiRLS 萩田帆風、竹内ななみ、田中想[インタビュー後編]Zepp DiverCityに挑む新メンバーの現在地「この3人の関係は、もう切っても切れないもの」

Pop’n’Roll

SUPER☆GiRLS 萩田帆風、竹内ななみ、田中想[インタビュー後編]Zepp DiverCityに挑む新メンバーの現在地「この3人の関係は、もう切っても切れないもの」

第5章をスタートさせたSUPER☆GiRLSの新メンバー、萩田帆風、竹内ななみ、田中想のインタビュー後編。今回は、お互いのキャラクターについて語ってもらいつつ、9月20日(月・祝) に迫ったZepp DiverCity (TOKYO)ワンマンライブへの意気込み、さらに今後の目標について話を聞いた。SUPER☆GiRLSとして活動を始めてからわずか2ヵ月足らずにして、強い信頼関係を築いているという新メンバーの3人。SUPER☆GiRLSのこれからを引っ張っていく萩田、竹内、田中の“現在の想い”を真っ直ぐにお伝えしたい。

編集協力:竹内伸一
撮影:曽我美芽

“同期で打ち解けるの早すぎじゃない?”って言われます(萩田)

――3人は、初対面の時はどんな感じだったんですか?

萩田:
初めて会ったのは最後の審査の時で、メンバーやスタッフさんが全員いるところで面談したんです。今年の3月くらいだったかな。その時はソーシャルディスタンスで、みんな離れていたのでしゃべる機会がなくて。“どこ出身?”くらいしか話せなくて。マスクもしているので、正直、顔もあんまり覚えられなくて。2回目はいつだっけ? 先輩たちと会った時かな?

田中:
そうそう。

萩田:
そういう企画でYouTubeの撮影をしたんですけど、その時もほぼ初対面だったので、全然しゃべりませんでした(笑)。2人は人見知りなんですよ。で、私も人見知りしちゃって。歳も私だけちょっと離れてるし。そんな中でも、3~4回目くらいからは、普通にめっちゃ仲よくなりました。一緒に遊びますし。カフェに行ったり、家に遊びに来たり。普段から連絡もよく取るし……ダンスの打ち合わせだったりしますけど(笑)。

――人見知りし合っているところからいきなり仲よくなるってことは、波長が合うんですね。

竹内:
そうですね。3人とも個性がバラバラで、まったく違うので、バランスがちょうどいいんだと思います。

――それぞれどんなキャラクターなんですか?

竹内:
(萩田を指さして)しゃべる、ふざける、でも、たまにお姉さん(笑)。

萩田:
たまに(笑)。

竹内:
(田中を指さして)自由人(笑)。

萩田:
ホント自由奔放なんですよ(笑)。お昼ご飯の時とか、新メンバーなのでお弁当は最後に選ぶんです。私たちの分として3つ残っていると“ここ、これがいい”って(笑)。

竹内:
“ここ、これもらう~”って、1番に選んじゃうんです(笑)。

萩田:
たまにジャンケンで決めるんですけど、負けると“交換して”って(笑)。1番年下なので、自由人なんです。

竹内:
赤ちゃん(笑)。

萩田:
そう、赤ちゃんみたい(笑)。でも、赤ちゃんって言われることもウマく利用して、わがまま言うんですよ(笑)。

竹内:
けっこう計算してますよ(笑)。

萩田:
“ななみん、ここ連れてってよ”って。

竹内:
甘えられるんです(笑)。

萩田:
ななみんは、優しいから甘えちゃうんだよね。

――となると、竹内さんが1番しっかりしているんですかね?

萩田:
そうですね。真面目でしっかり者です。あと、ツッコミが切れます(笑)。私とここちゃんはどっちかというとボケなのかな(笑)。よくツッコまれてます。

――本当にいいバランスみたいですね。

萩田:
よく“仲がいいね”って言われます。“同期で打ち解けるの早すぎじゃない?”って。

萩田帆風(SUPER☆GiRLS)

見せたことのない姿も観てもらえると思います(田中)

――9月20日は、いよいよZepp DiverCity (TOKYO)でのワンマンライヴとなりますが、リハーサルをしてみて手応えはいかがですか?

萩田:
35分とか40分とか、ずっと歌って踊るというのは初めてなので……まだ全部を通して練習しているわけではなくて、ブロックごとに分けて練習しているんですけど、それでもすっごく疲れます(笑)。

竹内:
リハでこれだけ体力を消耗するのに、本番はもっとなんだろうなって。ファンのみなさんがいてテンションが上がると思いますし。すごく楽しみです。1部と2部があるんですけど、全然違うセトリなんですよ。

萩田:
全部で30曲くらいになると思います。

竹内:
今は、フォーメーションと歌割りを頭に叩き込んでます(笑)。

萩田:
昨日もずっと練習してました(笑)。でも、なかなかね。

田中:
難しいです。

――そういう時は、3人の中で練習を引っ張っていく人がいるんですか?

竹内:
誰かが“ここの振りを合わせたい”って言って、そこを練習したり、“歌がウマくいかないからもう1回やろう”ってやり直したり、それぞれが思ったことをどんどん言うような感じです。

萩田:
みんなで言い合いますね。みんな、引っ込み思案な感じではないので。“この振り違うんじゃない?”みたいに(笑)。

竹内:
同期の間に壁はないですね。

――出会って間もない頃だと、遠慮することもあるじゃないですか。“こんなことを言ったら、嫌われちゃうかな”みたいなことも思うでしょうし。でも、すでに腹を割って話せる仲という感じがします。

竹内:
そうですね。同期の存在は、すでに心強いです。この3人の関係は、もう切っても切れないものだと思っています。それくらい信頼し合えているんじゃないかと思いますね。

萩田:
私は1番年上なので、最初は話してくれるか心配だったんですけど、“タメ口でいいよ”って言ったら、すぐに話しかけてくれて(笑)。

――では、ワンマンライブの見どころを教えてください。

萩田:
1部と2部では内容が全然変わります。1部は可愛い系、2部はカッコいい系という感じで分かれているので楽しみにしてほしいです。キレッキレッのカッコいいダンスを見せられるように頑張っています。それでもっともっとスパガの魅力が伝わるといいなと思っています。私たちも先輩に負けずに頑張ります。

竹内:
私たちのお披露目があったのがZepp DiverCityなんです。そこで今度は私たちがメンバーとなってのライヴなので、リリイベや対バンライヴなどでも観ていただけているとは思いますけど、7~8月で私たちが経験して成長したことを見せたいなと思います。少しでも表情が柔らかくなっていたりとか、ちょっとパフォーマンス力が上がったなって自分でも実感できるといいなと思います。

田中:
デビューしてまだ短い期間しか経っていないですけど、ちょっとでも成長した姿を見せることができたらいいなと思っています。まだファンのみなさんに見せたことのない姿も観てもらえると思います。

田中想(SUPER☆GiRLS)
田中想、竹内ななみ、萩田帆風(SUPER☆GiRLS)

第5章でSUPER☆GiRLSを知っていただけるように頑張りたい(竹内)

――アイドルとして憧れている人はいますか?

竹内:
私は、もともとダンスボーカルグループ好きで。AAAさんやフェアリーズさんが好きです。もちろんSUPER☆GiRLSも、歌とダンスがすごく上手なグループだと思っていたので、憧れというか、目指す存在だなって思っていました。

萩田:
もともとバラエティ番組が好きで、テレビタレントになりたくて。朝日奈央さんを目標にしています。朝日さんも元アイドルだし、指原莉乃さんもそうですよね。アイドルっていろいろな経験ができるので、そこで経験値を上げることができるんじゃないかなって思ったんです。アイドルとして成長することで、道も拓けるんじゃないかと思うので、今はアイドルとして全力で頑張っていこうと思っています。

――アイドルっていろいろなことができますよね。

萩田:
そうですね。それにグループだと、1人の時とは違う広がりがあるんですよ。この間は、競輪のお仕事をさせていただいたんですけど、幅広くお仕事をさせてもらえるんです。1つひとつを糧にして目標に近づいていきたいなと思っています。

田中:
私は全然系統が違うんですけど、昔からずっとK-POPが好きで、BLACKPINKさんがすごく好きです。何回かコンサートに行ったんですけど、ステージを観て、可愛い衣装を着て輝いていて、カッコいいなと思いました。

――BLACKPINKだと誰のファンなんですか?

田中:
ジェニーさんです!

――最後に今後の目標を聞かせてください。

萩田:
私はアイドルとしても女の子としても、憧れられる存在になりたいなと思っています。私もアイドルの先輩を見て“こうなりたい”って思うので、まずはパフォーマンス力を上げていきたいです。女の子のファンの方も多いと思うので、“こんな髪色にしてみたいな”とか、“こんなメイクをしてみたいな”とか思ってもらえるように頑張ります。

竹内:
私たちが加入して第5章になって、まだ以前のSUPER☆GiRLSしか知らない方が多いと思うんです。もちろん、まったくSUPER☆GiRLSを知らないという方もまだまだいると思うので、第5章でそういう方たちにSUPER☆GiRLSを知っていただけるように、私たちも頑張りたいです。

田中:
私も、もっと私たちのことを知ってもらいたいと思っています。それと、大きなステージにたくさん立てたらいいなって思います。

萩田:
そうだよね。

竹内:
ツアーがしたい!

――今はなかなか難しい状況だったりもしますけど、みなさんの地元でライヴができたらいいですよね。

萩田:
そうですね。私は静岡出身なので、静岡でライヴがしたいですね。

――ちなみに今1番やってみたい会場はどこですか?

萩田:
日本武道館かな。

田中:
日本武道館!

竹内:
私も日本武道館!

――では、日本武道館でのライヴを目指してこれから頑張っていくということで(笑)。

萩田:
いいのかな、勝手に決めちゃったみたいだけど(笑)。

竹内ななみ(SUPER☆GiRLS)

Zepp DiverCity (TOKYO)公演インフォメーション

公演日時:2021年9月20日(月・祝)
会場:Zepp DiverCity (TOKYO)

1部<SUPER☆GiRLS ワンマンライブ ~はじめまして!第5章 新生スパガです!~>
開場 13:30/開演 14:15

2部<SUPER☆GiRLS Chapter5 1st Live ~PRIDE OF PLACE~>
開場 17:30/開演 18:15

【関連記事】

おすすめの記事