Yahoo! JAPAN

釣り場混雑回避には沖堤防がオススメ ライトゲームで22cm頭にカサゴ17尾

TSURINEWS

野島沖堤防で釣ったカサゴ(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

神奈川県の野島防波堤へライトゲームに出かけました。目指すは30cmオーバーの尺カサゴ。序盤から順調にヒット続き、トータル17匹のカサゴと対面できた釣行をお届け。

沖堤防での釣り

私は陸っぱりのライトゲームを中心に楽しんでいますが、最近は釣りブームということもあり至るところ釣り人だらけ。そして釣り人の増加に伴い釣り禁止の場所も増え、なかなか堂々と釣りをすることができない環境になってきています。

そこで、最近は手軽に釣果が期待できる沖堤防を利用することが多くなってきました。沖堤防とは陸から徒歩などで行くことができない海に浮かぶ堤防のことです。船で堤防に下ろしてもらいそこで自由な釣り方で釣りを楽しめる、沖に出ているのに陸っぱりという状況が楽しめます。

また、短時間とはいえ船での移動時間もレジャー感覚で楽しいですし、船釣りと違って酔うこともない。そして、釣果も期待できるんです。

船での移動は楽しい(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

野島防波堤

私が最近利用するのは横浜市にある「野島防波堤」です。ここは神奈川県横浜市のシーサイドライン野島公園駅の近くにあり、(株)村本海事さんから船に乗せてもらいます。料金は日中4000円、半日3000円、夕マヅメのみ2500円、半夜(夕マヅメ込み)3500円という設定です。※夏季と冬季があるので詳しい時間はHPで確認してください。

乗り場の様子(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

クロダイやシーバスの実績が高く昔から愛されている堤防であり、それに加えてカサゴやソイ、メバルの魚影が濃く、ルアー愛好者にとっても天国です。※特にカサゴは定期的に稚魚放流が行われていて抜群の魚影の濃さです。

またルアーでの対象魚としては時期にもよりますが、その他にヒラメ、マゴチ、アジ、アイナメ、アオリイカなども狙えます。※クロダイ、ヒラメも稚魚放流されています。なお、堤防は以下の構成となっています。

野島防波堤全体図(作図:TSURINEWSライターアングラー「K」)

野島沖堤防でライトゲーム

私が今回行ったのは緊急事態宣言が明けてすぐの10月2日(土)、天気は台風通過後の晴れ、潮回りは若潮の満潮から満潮に向けて。時間帯は午後3時30分から20時30分までの「半夜」と呼ばれるコースでした。

船着き場から15分ほどで目的地の通称「ハナレ」に到着。7ftのウルトラライトのベイトロッドにフリーリグをセットし釣り開始。いつものことながら釣り始めの第一投は期待でドキドキします。

でも、あれ?全然アタリがない……。ちょっと先行きに暗雲が……。ここは堤防の3~5m先から砂地のようで根魚のアタリが極端に減ります。だからちょい投げして堤防の基礎部分の根を中心に丁寧に探るのがキモです。

当日の潮(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

早々に22cmカサゴヒット

するとやっと数投目に、コツコツとサオ先にアタリ!ここで思い切りアワせるとハリ掛かりしないことも多いので、ゆっくり聞いてみると……。グンッとロッドに重みが乗りヒット!

軟らかいロッドなのでサオがきれいな弧を描き楽しい!上がってきたのは22cmのカサゴ。いつも思うことですが、カサゴは全然引かない個体もいますが、ここのカサゴはどの魚もよく引きます。だからすごく楽しい。

早速カサゴがヒット(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

潮止まりはブレイクタイム

待望の1匹が釣れたので、それを元にその日のパターンを探ります。先ほどのヒットはボトム付近。だからワームをキャストして底をずる引きします。最近4inch程度の大きなワーム(ストレート、シャッドテール)を使用する機会が多くなりました。大きめのワームはアピールが強いのでやる気のある魚を素早く見つけることができるように思います。

その後、20程度のカサゴを3匹ほど追加しました。次第に日が傾き、これからの爆釣を予期していました。しかし、ここで潮止まり。アタリがピタっと止まりました。仕方がないので、夜釣りに備えて食事タイムで気持ちを整えます。

20cm級が連発(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

夕マヅメはサイズに不満

もぐもぐタイムが終わって釣りを再開すると、コツコツとアタリが!今度は何度アタリを感じてもハリ掛かりしないことから小物がちょっかいを出していると判断し、ワームのサイズを落とすことにします(2gジグヘッドにビーローチ)。

すると、15~18cm程度のカサゴが数匹立て続けにヒットしました。ここの釣り場は大きければ30cmクラスのカサゴがヒットする場所なので、今日のサイズはちょっと欲求不満ではありますが…。まあ、釣れていて文句は言えません。

ただ状況的には潮止まりとはいえ、夕マヅメのゴールデンタイム……貧果に今後が不安になります。そして、その不安が的中し、しばらくミニカサゴを追加した後、またアタリが止まってしまいました。どうも今日のパターンは読みにくい……。

サイズにちょっと不満(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

雷で強制終了

辺りがとっぷりと暮れ30分ほどノーフィッシュ状態で耐えていると、またアタリが!数匹釣れ続けたことから潮が動き始めたと判断し、ワームを4inchに戻します。すると立て続けに20~21cmの兄弟とも思えるカサゴが釣れ続きました。

やった!ついにゴールデンタイムだ!と思いながら釣っていると、海上に渡船が……。もしやと思って空を見ると遠くで雷が光っています。キャプテンが「もしかすると雷が来るかもしれませんから、沖上がりには1時間早いですが今日はこれで終了とします。」のアナウンス。がっかり……。残念ですが今日はここまでです。

潮が動き始めると20cm級(提供:TSURINEWSライターアングラー「K」)

今日の結果、カサゴばっかり17匹、サイズは15~22cm。次こそは尺カサゴだ!

<アングラー「K」/TSURINEWSライター>

The post釣り場混雑回避には沖堤防がオススメ ライトゲームで22cm頭にカサゴ17尾first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事