Yahoo! JAPAN

犬の『構ってほしいサイン』5選!正しいスキンシップの取り方とは?

わんちゃんホンポ

気づいてあげて!わんこの構ってサイン

1.プレイバウの姿勢をとる

わんこが上半身を低くしてお尻をプリッと突き出す姿勢を「プレイバウ」と呼びます。「プレイ=遊び」「バウ=お辞儀」の名前の通り、この姿勢はわんこが相手を遊びに誘っているときの典型的なポーズです。

わんこ同士ですることもあれば飼い主さんや人間に向かってすることもあります。この仕草をするときには大抵、目が輝いていたりしっぽを振っていたりと、わんこは遊びが始まる期待に胸を躍らせているものです。

2.おもちゃを持ってくる

お気に入りのおもちゃをくわえてきて飼い主さんに見せつけたり、飼い主さんにぐいぐいと押し付けてきたりするのは、そのおもちゃを使って遊んでほしいというサインです。飼い主さんの足元におもちゃをポトリと落として、いかにも「ねえ、拾ってよ」という目で見上げてくることもあります。

3.勝手に芸をする

「オスワリ」「フセ」などのしつけの他にも、「オテ」や「オマワリ」などのちょっとした芸を愛犬に覚えさせているという人も多いのではないでしょうか。これらをマスターしている芸達者なわんこが、飼い主さんが合図や指示をしていないのに、飼い主さんの前に来て勝手に芸を披露してくることがあります。

これもわんこの構ってほしいサインです。「ねえ、こんなことできてすごいから、構ってよ」「ごほうびをちょうだいよ」とおねだりをしています。

4.吠える

愛犬が飼い主さんのほうをじっと見つめて「ワン!」と吠えたら、それも構ってほしいサインかもしれません。「ねえ、私がここにいるんですけど!」と自分の存在を飼い主さんにアピールしているのです。

5.前足を舐める

お散歩から帰ってきた直後でもなく、皮膚炎などの疾患を抱えているわけでもないのに、愛犬が前足を執拗にペロペロと舐めていたら、それも飼い主さんに構ってほしいサインの可能性があります。

このサインはこれまでご紹介してきたものと比べて直接的なものではありませんが、わんこにストレスが溜まっているときによく見られる行動なのです。運動やスキンシップが不足していて、飼い主さんとの関わりを求めているのかもしれません。

OK?NG?わんことの正しいスキンシップとは

愛犬が示すこれらの「構ってほしいサイン」に気づいたら、飼い主さんはどのように対応すれば良いのでしょうか。

1.いつでも要求に応えるのはNG

わんこが示す「構ってほしいサイン」はとても健気で愛らしく、飼い主さんとしてはついつい要求に応えてあげたくなってしまうものです。

だからと言っていつでも構ってあげてしまうのはNGです。いつでも愛犬の要求に応えてあげてしまうと、愛犬は「飼い主さんはいつでも言いなりになってくれる」と勘違いし、わがままなわんこになってしまうからです。

2.あえて無視すべき「構ってほしいサイン」

特に「吠える」サインには注意が必要です。愛犬が構ってほしくて吠えてきたとき、それに応えて構ってあげてしまうのはもってのほかですが、「うるさい」「今はダメ」などと声や態度に出して拒絶するのも危険です。

飼い主さんが吠え声に反応してしまうと、たとえそれが拒絶であったとしても、わんこは「吠えたからこっちに構ってくれた!」と勘違いしてしまいます。その結果、無駄吠えが激しくなり、問題行動へとつながってしまう可能性があるのです。

3.構ってあげる前にクールダウンを

愛犬が構ってほしいサインを出していることに気づいて、なおかつ構ってあげられるタイミングだったら、そのまま遊びを始めるのではなくてまずはクールダウンさせましょう。

「オスワリ」の指示を出し、指示に従ったら誉めてあげてそれから遊びはじめることで「自分の要求がすんなり通ったわけではない」という認識ができ、しっかりケジメがつきます。その後は飼い主さんの時間と体力が許す限り、たくさん構ってあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?わんこは飼い主さんに構ってもらうのが大好きな動物です。そしてスキンシップは愛犬との絆を深めるだけでなく、愛犬の健康チェックのためにもとても重要な役割を担っています。できることなら、愛犬から構ってほしいサインが出る前に構ってあげたいものですね。

【関連記事】

おすすめの記事