Yahoo! JAPAN

洋菓子工房樫の木|吉本ばなな絶賛!世界一おいしいバウムクーヘン【沼田市中町】

We

洋菓子工房樫の木|吉本ばなな絶賛!世界一おいしいバウムクーヘン【沼田市中町】

群馬県沼田市にある洋菓子工房樫の木、県内だけでなく全国でも有名な美味しいバウムクーヘンを生み出す洋菓子店。
有名人も絶賛、テレビにも登場するほど人気の樫の木のバウムクーヘンをご紹介します。

樫之木れみが出迎える洋菓子店

河岸段丘の街、沼田市中町にある樫の木。バウムクーヘンが美味しいと人気の洋菓子店です。

店舗の前には樫の木の公式キャラクター樫之木れみがパネルとなり、出迎えてくれます。

公式キャラクター:樫之木れみ

地元で活躍しているイラストレーターさかい蔵人さんが、お店をイメージして誕生したキャラクター。お店のオーナーに変わり広報を担当しているのだそうですよ!

お店に入るとバウムクーヘンを焼く良い香り。店内ショーケースには、焼きたてのバウムクーヘンをはじめ様々な洋菓子が並びます。

作家の吉本ばななさんをはじめ、多くの芸能人や著名人が絶賛する大人気のバウムクーヘンです。

昔ながらの手作り製法

樫の木バウムクーヘンは生地を何度も重ね、3日間愛情をたっぷりかけて、昔ながらの二本焼きのオーブンで焼かれます。手間暇と愛情たっぷりのバウムクーヘンだからこそ、絶品。

ラム酒とレモンがほのかに香るクーヘン、定番はチョコレートコーティングのクーヘン、季節によって様々なフレーバーもあるのだそう。

種類豊富な洋菓子

店内ショーケースにはバリエーション豊富なバウムクーヘンや洋菓子が沢山並びます。

定番のチョコレートバウムクーヘンやプレーン、さらには地酒水芭蕉、期間限定チョコバナナなど種類豊富。

ロールケーキやマドレーヌ、レモンケーキなどの洋菓子もあり、どれも美味しそう!箱入り詰め合わせもあるので、贈答品やプレゼントにもぴったりです。

そして樫之木れみのマグカップやポストカード、キーホルダーなどオリジナルグッズも販売されていますよ。

樫の木自慢の洋菓子を食す

まずは自慢の定番バウムクーヘン 1400円(税込)

なかなかの大きさです。

1周チョコレートでコーティングされている贅沢でゴージャスなバウムクーヘン。

しっとりした生地と甘めのチョコレートのハーモニーがたまりません。プレゼントやお土産に重宝する事間違いなし!

コーヒーロール 230円(税込)

カットロールケーキですが1切れで満足感を味わえるほどの美味しさ。
コーヒーの風味香る生地・クリームと真ん中にラムレーズン。ふんわり優しい味わいのロールケーキです。

カットバウムクーヘンプレーン味 180円(税込)

ちょっとしたプレゼントやお土産にぴったり。バウムクーヘン本来の美味しさを味わえます。

プチマドレーヌ 140円(税込)

定番人気の美味しい焼き菓子。しっとりした食感でバターと生地のハーモニーがたまらない一品。手土産にも喜ばれる事間違いなし!

樫の木ではアウトレットの端きれスイーツもあり!

チョコレートバウムクーヘンの端っこ 120円(税込)

お得に樫の木の美味しさを味わえるのでオススメです。ないこともあるので、ご容赦くださいね!

ネット通販でお取り寄せもOK

樫の木のバウムクーヘンや焼き菓子などはネット通販でお取り寄せができます。

種類豊富なバウムクーヘンをはじめ、セットもあり!樫の木の美味しさを自宅で味わえますよ。モテコ通販の会員登録で美味しいバウムクーヘンを取り寄せしちゃいましょう。

モテコ通販サイト:https://kashinoki-numata.com/onlineshop

あわせて読みたい。

店舗情報

営業時間:9:30〜19:00
定休日:水曜日、不定休、元旦
住所:群馬県沼田市中町1122−4
電話:0278−22−2777
駐車場:あり(無料・3台)
アクセス:
車 関越道沼田ICより焼く15分
電車 JR上越線沼田駅よりバス約5分
公式HP:https://kashinoki-numata.com

 

まとめ

沼田市にある洋菓子工房樫の木のバウムクーヘンやロールケーキをご紹介しました。

3日間かけ本格的な製法で作られるバウムクーヘンは、作家吉本ばななさんをはじめ、多くの著名人にも大人気。テレビなどのメディアにも多数登場する群馬を誇る名品。

どれも絶品でお値段以上。プレゼントやお土産に喜ばれること間違いなしの一品ばかりが並びます。観光スポットも豊富な沼田市に足を運んだ際には、ぜひ立ち寄ってこの美味しさを堪能してみてくださいね!

※情報は掲載当時のものです

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 大阪パブ経営者をメッタ刺し 31歳年下の“看板娘”に入れあげた56歳エンジニアの狂気

    日刊ゲンダイDIGITAL
  2. 子育てママに好評 ボタンつけでさくらんぼやお花を表現

    おたくま経済新聞
  3. いながきの駄菓子屋探訪50埼玉県さいたま市大宮区「福屋」圧倒的な品ぞろえと10円ゲームで昭和の駄菓子屋文化を伝える店

    TABIZINE
  4. こんなことで“ママ友トラブル”に!? ママたちが「もうしない…」と誓ったこと #2「フリマアプリ」

    ウレぴあ総研
  5. 花田虎上、体重が減りにくくなっている理由「減らないから動くしかない!」

    Ameba News
  6. 川崎希、お気に入りのスーパーを紹介「離乳食の野菜はオーガニックのもの」

    Ameba News
  7. 【毎日おやつ】白バラ牛乳のみを使用したミルク味のサブレ 「白バラ牛乳サブレ」/鳥取県

    ことりっぷ
  8. プロデューサーが語る『タンブリング』10年の歩み「テレビ屋さんが味わったことのない体験が、そこにあった」

    エンタステージ
  9. <義母VS実母>【中編】アポなし義母にモヤモヤ……見かねた実母の”大作戦”とは?

    ママスタセレクト
  10. イタズラをしてしまったワンコ。お説教され困り顔 → でもこの後、『最強の方法』で切り抜ける(笑)

    PECO