Yahoo! JAPAN

渓流ルアー釣り1投目から良型アマゴ登場 ミノーとスプーンにヒット

TSURINEWS

いかつい顔をした銀毛アマゴ(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

ゴールデンウィーク前の抜けるような青空のもと、あまりの気持ちよさに、仲間と誘い合わせて真っ昼間のアマゴのルアーフィッシングに出撃。期待どおりに、良型アマゴが迎えてくれました。

葛川でトラウトデイゲーム

早朝から監視員として河川パトロールをしていた仲間と河原で休憩したのは午前10時過ぎ。早朝から多くの渓流釣り師が入釣されていたものの、いまはアタリも遠のき目の前の河原には釣り人は皆無。5月は通常の遊漁証確認と入山者車両確認に加えて、防鳥イトや鵜の飛来の監視もあり漁協は大忙し!今日もこれから、放流稚鮎の保護のために設置した防鳥イトの確認の予定だ。

相棒と、せっかく放流した稚鮎がアマゴに食べられないように、防鳥イトエリアのアマゴ退治をしようと相談。釣り好きふたりは即意気投合、早速ルアータックルを抱えてワクワク出撃した。

広い河原から釣りスタート(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

最近、心無い釣り人やキャンプの方々のいたずらで防鳥イト破損被害が多発している。防鳥イトは一か所でも切れてしまうと、そこから鵜が侵入し防鳥の効果が無くなってしまうので決して防鳥イトを傷つけぬようにお願いしたい。

シャローで即良型アマゴ

まずは、防鳥イトエリアの下流に広がる広い河原から釣りスタート。防鳥イトから十分離れ、上流対岸に50mmトラウトミノーをフルキャスト。プラグにきっちりトゥィッチを入れながらクロスでリトリーブする。

プラグが流れの重みを伝え、ロッドティップが軽くベントしながら小刻みに震える。そのままリトリーブしたリールハンドルには、小気味のいい引き込みが……やりました!一発目で良型アマゴ。

1投目からの良型アマゴ(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

当日のタックル

当日のタックルは、ウルトラライトのトラウトロッド6.8ft、2000番スピニングリールには耐摩耗性のいいアーマードF+0.08号を巻き、PEラインの先にはフロロカーボンリーダ0.8号をセットした。

ルアーは、50mmプラグをメインにフローティングとシンキングを適宜使い分けた。また、流れの速い早瀬では、3g前後のスプーンを多用した。

当日持参のルアーたち(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

早瀬でも良型アマゴが!

相棒にも20cm級がヒットした後、さすがにルアーを見切られたのか、ムツの猛襲にあう。プラグからスプーンに交換しても状況はかわらない。これはいかんと、早々に上流の早瀬に移動した。

プラグにもスプーンにもムツの猛襲(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

早瀬ではピンスポットを叩きながら釣りたいので、キャスト&リトリーブ後の立ち上がりが早い極細PEラインとスプーンの組み合わせが私のお気に入りだ。相棒と並んで瀬肩に並び、交代で対岸にキャストしクロス&ダウンで釣り下る。

中段で相棒に銀毛の強いアマゴがヒット。「まだ水温が低いのかな?」と話しながら対岸の大岩の下にキャスト。スプーンがフォールしはじめた瞬間、岩の下の暗がりからギラリと魚体が光り、ギューンとラインが下流に走った。早瀬に乗って下流に下るアマゴの引きを堪能しながら無事にキャッチしたのは、まだまだ春とは思えぬ銀鱗をまとった良型銀毛アマゴだ。

上流の早瀬に移動(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

初夏の渓流を楽しもう!

今シーズン初春は、冬の大雪が影響したのか渓の水温も低く、アマゴの活性もいま一歩だった。その分、初夏には良型が活性を上げると期待している。6月25日の鮎解禁まで、存分に初夏のコンディションのいいアマゴ釣りが楽しめそうだ。

鮎解禁まで楽しめそう(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

<牧野広行/TSURINEWS・WEBライター>

The post渓流ルアー釣り1投目から良型アマゴ登場 ミノーとスプーンにヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事