Yahoo! JAPAN

インフル わずか7人 コロナ予防が影響か〈川崎市中原区〉

タウンニュース

インフル わずか7人

例年、11月から3月中旬ごろに流行するインフルエンザの今季の患者報告数が、川崎市内ではわずか7人で中原区では1人だったことが分かった。市健康福祉局健康安全研究所の担当者は「過去に例を見ない少なさ。新型コロナの予防がインフルエンザの感染拡大防止にもつながっているのでは」と推測する。

昨年11月2日から今年4月18日までの、市内61カ所の定点医療機関からの報告に基づく。コロナ以前の3年間は1シーズンで2万人前後だが、新型コロナが流行し始めた前年同時期は1万2230人と少なかった。今シーズンはそれを大幅に上回る減少数となった。

学級閉鎖はゼロ「驚きの結果」

インフルエンザの感染拡大に伴う市内小中高・特別支援学校での学年・学級閉鎖も、昨秋から現在まで発生していない。例年はのべ100〜200校で起き、1月中旬のピーク時には1日40校を超えることも。市教育委員会の担当者は「1件もないのは記憶になく驚いた」としている。

【関連記事】

おすすめの記事