Yahoo! JAPAN

ソルトゲームのワーム付け方キホン ヘッドとの「隙間」は致命的?

TSURINEWS

ワームとヘッドの「隙間」がNG(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ワームは「まっすぐ刺せ」「まっすぐ刺さないと釣れない」とライトゲーム界隈ではよくそう言われます。しかし実際にはそんなことはありません。もちろん極度にいびつな刺し方をするのはよくないですが、多少のゆがみ程度なら釣れます。それよりはむしろ、ワームとヘッドの「ずれ」に要注意です。

「ワームはまっすぐ刺せ」?

「ワームはまっすぐ刺して釣りましょう」というのは、なんというか、ただの言い方。そういう風に言ったほうが、模範的な響きがするというだけの言葉です。実釣経験のある釣り人ならば、多少ゆがんだ刺し方をしても釣れるのは周知の通りです。

ただ、あるいは「まっすぐ刺せ」というアングラーは、エラストマー系のワームを多用する人なのかもしれません。エラストマー系のワームは、通常の塩ビ系のワームと違ってマテリアルがかたくて、ハリを通しづらく、ちょっとヘンなところにハリを出すと、リグったときにかなりいびつな形になってしまいます。

そのへんの感覚の違いで、エラストマー系のワームを多用する人は、「まっすぐ刺す」ということを信条としているのかもしれません。

正しい刺し方

では、ワームの正しい刺し方についてです。とはいえ、簡単なものですが。

まずは、ワームを通していく円形の刺し口に対して、大体中心くらいからハリを通します。そして、シャンクがハリ先が自然に出るところで、ハリを抜きます。以上です。

普通に刺したワーム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

円形の刺し口の中心からズレてしまうと、いわゆる「まっすぐ」でない刺し方になってしまうのですが、それでも問題ありません。というか、何度も何度もワームをリユースしていると、必ずワームの刺し口はこわれてきます。そのため、微妙にハリを入れるポイントをずらすわけですが、それで多少リグったときの姿勢がくずれてもまったく問題ありません。

シャンク長とワームサイズの関係

ひとつ注意したほうがいいのが、ジグ単の仕掛けを作るときの、シャンク長とワームのサイズの関係です。たとえばジグ単のハリのサイズが#12だとしましょう。これは豆アジ幼メバル専用品を除いて、まあ相当小さいサイズです。#12に2.2inchのワームを刺すと、さすがに小型のフッキングは悪くなります(とはいえ、これくらいのバランスならまだ釣れますが)。

ジグヘッドには主にはノーマルシャンクとショートシャンクの二種類があります。かなりざっくり言うと、ハリの大きさです。シャンク長は基本的に魚の活性で使い分けるものなのですが、やはり2inchくらいのワームとなるとノーマルシャンクが一般的であると覚えておきましょう。ショートシャンクは、筆者の印象では、1.3inch前後の小さなワームとのマッチングで出番があります。

ヘッドとワームの「隙間」に要注意

ワームの刺し方について、もっとも重要なのは、「ヘッドとワームの隙間を作らない」ということです。極端なことをいえば0.05mm程度でもジグヘッドのオモリ部分とワームのあいだに隙間があると、ライトゲームの対象魚は絶対に釣れません。

ヘッドとワームの隙間をチェック(提供:TSURINEWSライター井上海生)

「さっきまでのアタリが止まった。なんか釣れないな~」と思ったら、ヘッドをチェックしてみてください。大体ヘッドとワームのあいだに隙間ができているものです。

魚は、本能で「動くものの頭の部分」を押さえにいきます。ベイトフィッシュでもヒイカでもプランクトンの塊でも、頭部分を押さえるというのが確実に捕食する上でもっとも本質的なことなのです。ヘッドとワームに隙間部分があると、それは魚にとっては明らかに不自然で、「これは意図的に操られているものだ」と思うのではないでしょうか?

メタルジグも頭を押さえにくる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

きれいな刺し方にこだわるのではなく、「ヘッドとワームの隙間を作らないこと」に何より気をつけましょう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The postソルトゲームのワーム付け方キホン ヘッドとの「隙間」は致命的?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事