Yahoo! JAPAN

(どうしても引っかかる…)男性たちが違和感を抱いた彼女との会話 #5「他にもっとあるのに…」

ウレぴあ総研

どちらかといえば女性はおしゃべりな人が多いのではないでしょうか? スムーズに言葉が出てくる、次々に会話が思い浮かぶということも多いはず。

しかし、男性は次々言葉が出てくる女性との会話で、「そんな言い方する?」「何て返したらいいの?」と戸惑いを感じることがあるようです。

今回は男性たちに聞いた「彼女との会話で違和感を覚えたエピソード」をご紹介します。

「久しぶりに彼女と遠出することになりました。

一面に花が咲くスポットに来ると『わあ! ヤバい』と言いながらSNSに載せる写真をパシャパシャ撮っていて。

内心『きれいな景色だね』と言えばいいのに……と思っていました。

今度はレストランで色とりどりの野菜や果物がのったサラダが運ばれてくると『ヤバい! ○○くん、これマジでヤバいよね』と言うじゃないですか。

それなら『素敵な盛り付け』『おいしそう』とか、他にも言葉があるでしょと突っ込みたくなったのですが……。

もういい大人なので何でも『ヤバい』で片づけるのはどうかな? ……語彙力がなさすぎて少し引きました」(27歳/会社員)

確かに興奮すると何度も口をついて出てしまう言葉ってありますね。

「すごい」「嬉しい」「びっくりした」などの感情が「ヤバい」の一言で表現できるので、使い勝手がいいのかもしれません。

しかし、状況に応じてそれぞれ短い言葉に簡単に置き換えることができます。どんな気持ちなのか相手に伝わりやすい言葉選びをしましょう。

(mimot.(ミモット)/菜花 明芽)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 逆転満塁弾含む3H4打点の大暴れ!原監督が1軍の舞台で持ち前の勝負強さ見たい巨人2軍に潜む勝負師とは!?

    ラブすぽ
  2. 『日本ガチャガチャ協会』会長・小野尾勝彦さんの選書1~2

    ソトコトオンライン
  3. 【アウトドア風ベスト】で大人カジュアル即完成♡この夏マネしたい“スポーティMIXコーデ3”

    mer
  4. 【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】幼少期に教えておくべき「もっとも大切なこと」とは

    ミキハウス 出産準備サイト
  5. 一庫大路次川マス釣り大会に参戦 エサテンカラ釣法でニジマス連発

    TSURINEWS
  6. 小野尾勝彦さんが選ぶ「ガチャガチャ×ローカルデザインのアイデア本5冊」

    ソトコトオンライン
  7. 【令和のゆるっと育児】#20話 陣痛だけじゃなかった!? 予想外に激痛だった「地獄の処置」

    ウレぴあ総研
  8. 猫と楽しむ『おうちデート』のアイデア4つ!自宅でも一緒にリフレッシュできるかも!

    ねこちゃんホンポ
  9. 犬がいつもより元気を無くしている時の原因3選 病気が隠れている可能性も

    わんちゃんホンポ
  10. 自衛隊から流行の新スイーツ爆誕 鹿児島地本の「乾パントッツォ」

    おたくま経済新聞