Yahoo! JAPAN

発売即増刷!芥川賞作家&芸人・又吉直樹のお薦め絵本『ママはかいぞく』(カリーヌ・シュリュグ著/光文社刊)

WWSチャンネル

発売即増刷!芥川賞作家&芸人・又吉直樹のお薦め絵本『ママはかいぞく』(カリーヌ・シュリュグ著/光文社刊)

5月16日(土)に放送された『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)で、"外出自粛が続く今だからこそ読みたい! 大人も子どもも楽しめる絵本!"が特集。「小学生がえらぶ!"こどもの本"総選挙」のアンバサダーを務め、芥川賞作家で芸人の又吉直樹が、番組内で絵本『ママはかいぞく』(カリーヌ・シュリュグ著/光文社刊)を自身のオススメとして紹介。

「主人公の少年のママは、日々、海賊の仲間たちと宝島を目指して航海に出かける。帰宅すると具合が悪そうにぐったりするママ……。日に日に元気がなくなり、 食欲も落ちていくが、宝島を見つけた日を境に元気を取り戻していく。」
一見、たわいないストーリーだが、裏の真のストーリーに気づいた時、感動が押し寄せてくると評判の絵本で、フランスで話題になり、大人も楽しめる仕掛け絵本。

『ママはかいぞく』
文:カリーヌ・シュリュグ
絵:レミ・サイヤール
訳:山本知子
発売:光文社
発売日:2020年3月25日
定価:本体1500円+税
判型:A4判変形ハードカバー

◎著者:カリーヌ・シュリュグ(Karine Surugue)
リールのビジネススクール(EDHEC)で修士号を取得したのち、フリーのコンサルタントとなる。現在はモンテッソーリ教育法の教師を務めながら、絵本を執筆。パリ在住。四児の母でもある。

◎訳者:山本知子(やまもとともこ)
フランス語翻訳家。絵本から政治・経済系ノンフィクションまで幅広いジャンルの翻訳を手がける。児童向けの訳書に『カバくんのおしり』(ソニーマガジンズ)、『旅するヤギはバラードを歌う』(早川書房)、『おばあちゃんに会いたい』(サンマーク出版)、『どうぶつピラミッド』(NHK出版)、『タラ・ダンカン』シリーズ全12巻(共訳、 KADOKAWA/メディアファクトリー)などがある。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 子どもの夜泣きに「うるさい」と言う旦那さん。どう対処したらいい?

    ママスタセレクト
  2. 【愛とバトルの姉妹と母】お互いの性格はお見通し #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  3. 頭が2つある女児が誕生 家族は「中絶すべきだった」と発言し物議(ウズベキスタン)

    Techinsight
  4. 愛知県清須市でアツアツのホットサンドを食べられるキヨスプレス カフェ&バー

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  5. 期待の大型新人・奥平大兼、長澤まさみの息子役に大抜擢で、演技の楽しさ学ぶ

    ドワンゴジェイピー news
  6. 目薬の効果的な指し方を知ろう!簡単に指せるコツや保存方法も

    オリーブオイルをひとまわし
  7. 寺本莉緒、写真集からゆるふわのオフショットを公開!「可愛いです」「すごく良いショット!」

    WWSチャンネル
  8. NGT48 荻野由佳、新潟の海から届ける過去と今「写真見ただけで鳥肌」「泣けてくるのは何故だろう」

    WWSチャンネル
  9. 桜田ひより、美脚披露のレア私服ショットを公開!「レアなひよりちゃん」「素晴らしい試み」

    WWSチャンネル
  10. キャスティング&タイラバでマダイ連発 50cm級アコウも浮上【海幸丸】

    TSURINEWS