Yahoo! JAPAN

今週末はインスピレーションの散歩。日本科学未来館「ひらめきの庭」へ

Harumari

今週末はインスピレーションの散歩。日本科学未来館「ひらめきの庭」へ

暦の上では秋に向かいつつあるが、まだまだ酷暑は終わらない。普段はアウトドア派という人も、ジメジメとした気候に「一歩も外へ出たくない」という人も多いだろう。今週末、そんな“散歩難民”にこそおすすめなのは、クリエイティビティを刺激する“室内での散歩”だ。

日本科学未来館で「ひらめきの庭」が開催中だ。「ひらめきと出合う散歩」をテーマにした空間インスタレーション。森やベンチ、泉など、暗闇の中を各ゾーンにわけ、来場者が自由に館内を歩きながら、思考を巡らせたり、のんびり過ごしたりすることができる。どんなコースを歩いても、どんなスピードで歩いてもよい、さながら室内散歩だ。

広くほのぐらい空間には、大きなスクリーンに森の映像が映し出されており、見ているだけで癒やされる「いきつぎの森」や、アルベルト・アインシュタイン、マリー・キュリーらの言葉を記した「ささやきのベンチ」、水面に自分の姿が少し遅れて投影される「はばたきの泉」など、スポットが点在している。

各ゾーンのスポットに出逢うことでの発見やイメージが、あなたに新たなひらめきや癒やしを与えてくれるというわけだ。普段、公園などを歩いているだけでは味わえない、一風変わった散歩が楽しめる。

それにしてもなぜ、日本科学未来館という場で散歩なのか。不思議に思う人もいるかもしれない。その理由は、古代ギリシャの医師ヒポクラテスが、「人にとって歩くことは最良の薬である」と表現したことにある。

人類の長い歴史の中で、これまでも多くの科学者たちが散歩によってひらめきを得てきた。ひらめきによってここまで発展を続けてきたわけだが、「ひらめきの庭」はそれを追体験するような場になっているのだ。

世界は今、新型感染症の影響で危機的な状況に瀕している。人々の心からも余裕が失われ、殺伐とした現在から未来を想像できずにいる状況だ。

そんな今だからこそ、今までになかった新しいひらめきが求められている。散歩をすることで打開策となるようなヒントを得たり、新しい視点に気づいたり、内に秘めるクリエイティビティが刺激されるだろう。そこには、明日の未来を明るく照らす可能性がある。

8月最後の週末は、涼と癒やしを求めて、「ひらめきの庭」を散策してみてはいかがだろうか。思考を巡らせて、ひらめきの渦へと迷い込んでみるのも悪くないかもしれない。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 横浜と言えば崎陽軒!その本店で楽しむ英国式アフタヌーンティーセット『アボリータム』~黒猫スイーツ散歩 横浜編④~

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 「ピンキー復活」にネットも沸いた!...でも「お菓子」じゃない? 進化に注目。

    東京バーゲンマニア
  3. エビ中、国内メジャーアーティスト初となる24時間YouTubeチャンネル『♯Radio Ebi 24~は地球で遊ぶ~』ローンチ!

    Pop’n’Roll
  4. 元代代代 みすゞら、3社合同プロデュースのアイドルプロジェクト発足+オーディション開催!

    Pop’n’Roll
  5. FES☆TIVE[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]ファンを巻き込むライブで変わらぬ一体感を生み出した日比谷野音

    Pop’n’Roll
  6. スペシャルゲスト・中島 愛 出演決定『鈴木みのり 2nd LIVE TOUR 2020~Now Is The Time!~』12月2日(水)東京公演

    SPICE
  7. TENDOUJI、新シングル「SURFPUNK」を配信リリース 初のアンプラグドツアーが決定

    SPICE
  8. sooogood!、配信中シングル「CRISPY DONUT」のミュージックビデオを公開

    SPICE
  9. 順張り通じず一歩後退の明大 慶大が抱える悩みとは?(2)【FX大学対抗戦 第27週】

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 順張り通じず一歩後退の明大 慶大が抱える悩みとは?(1)【FX大学対抗戦 第27週】

    J-CAST会社ウォッチ