Yahoo! JAPAN

手こぎボートでアジ釣り好調 38cm頭に良型揃いで7尾キャッチ

TSURINEWS

手こぎボート釣りでキャッチしたアジ(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

11月1日(月)、東京湾走水の

斉田ボート店

からアジ狙いで出艇。大アジの強い引きを楽しみ、25~38cmアジ7尾の釣果を得た釣行をリポートする。

斉田ボート店でアジ狙い

予約をしておき、当日は6時前に到着。やや風があるが出艇できそうだ。

店舗外観(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

店主の三谷孝夫さんに近況を聞くと「ポイントは一定ではないが各所で型は見られる」とのことなので期待できそうだ。

40cm級アジ登場

7時すぎ、お気に入りの釣り場に向かいこぎだし、約15分で到着。アンカーを入れて実釣開始。

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

プラカゴにアミコマセを8割入れて仕掛けを投入。水深約30mでオモリ着底後イトフケを取り、底から2~3m切った位置で竿を振ってコマセを出し、仕掛けぶん巻き上げてアタリを待つ。

この日は8時すぎに干潮になる予定なので、間もなく潮止まり。上げ潮に変わってからを期待して投入を繰り返す。

アタリがきたのは上げ潮に転じた9時すぎ。ライトな竿が大きく曲がる。ゆっくりとリーリングすると本命。しかも大型だ。慎重にタモ入れすると40cm級。さらに直後にも同級がヒット。「群れが回って来た」と思われたが、そう簡単にはいかず、その後はアタリが遠くなる。

大型揃いで7尾手中

次のアタリは10時すぎ。しかし、ここでも単発で、この日は我慢の「待ちの釣り」の様相。同地のアジ釣りは、粘っているうちにいい回遊に当たることが多いので、移動せずに回遊を待つのも一手。

その後は派手な食いはないが大型がそろい、カワハギも土産に。正午すぎにはアタリがなくなり、13時にコマセが切れたので納竿。釣果は25~38cmアジ7尾。大アジの強い引きを楽しんだ。

店内には釣り情報を掲示(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

なお、2人で30尾以上アジを上げたボートもあったようで好調。またゲストにマダイやクロダイも上がっていた。早くもカレイの釣果もあったようで楽しみは尽きない。

<週刊つりニュース関東版APC・松崎健/TSURINEWS編>

斉田ボート店

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post手こぎボートでアジ釣り好調 38cm頭に良型揃いで7尾キャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事