Yahoo! JAPAN

高知県民大ショック!全国区だと思ってたのに県外に無かった高知のド定番飲料「リープル」

高知県まとめサイト 高知家の○○

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高知のソウルフード?!高知県民に長く愛され続ける乳酸菌飲料

こちらの飲み物、みなさんご存じでしょうか。

高知県民なら子供の頃から慣れ親しみ、一度とならず二度三度と飲んだ事があるであろう、ひまわり乳業株式会社のリープルです!

ひまわり乳業さんは、高知県南国市物部にある乳製品・青汁のメーカーで、1946年創立の高知を代表する企業なんです。

このリープル、ひまわり乳業さんの公式ホームページを覗いてみると、こんな風に書かれています。

「ひまわりおなじみの超ロングセラー乳酸飲料。酸味と甘みのバランスの取れたさわやかな飲み口はいまや、高知県民のソウルフードと言っても過言ではない?」

公式ホームページでソウルフードと公言するほど、高知に根付いたドリンクという訳です。

リープルとの再会。数年ぶりに飲んでみた感想は…思い出蘇る美味しさだった!

 なんのキッカケだったか、リープルが高知のローカルドリンクだと知った時の驚きは今でも忘れられなません。

とはいえ、県外生活が長くなり、久しくご無沙汰していました。

そこで、久しぶりに、リープルを買ってみた私。

おや?昔はストローが付いていたはず?

調べてみると、四角いブリックパックだったパッケージは2021年に200㎖パックが可愛い屋根型容器になり、そして、地球環境に配慮したストローレスパックになったようです。

こういう取り組みを積極的に取り入れているのも、高知県民からするとうれしいですね。

さて、久しぶりのリープルとの再会!

一口ごくり。

そうそう、これこれこの味!

スッキリとした甘さに、ほんのり酸味があって、グビグビ飲める美味しさ。

あっという間に完飲。

飲みながら、小学校の時に運動会が終わった後、先生がみんな頑張りましたね!と自腹でごちそうしてくれた思い出が蘇りました。

疲れた体に染み渡るあの味!あの頃にタイムスリップした気分になる、懐かしい味がします。

県外人はどんな反応?!東京のまるごと高知でリープル買って飲んでもらいました!

高知県民には慣れ親しんだドリンクのリープル、県外の人には受け入れられるのか?

そんな疑問が湧いた私は、新潟生まれ東京在住の友達に指令を出し、東京の銀座にある高知のアンテナショップ「まるごと高知」で、リープルを買って飲んでもらいました!

「買って来たよー!」とリープルの写真。

さて、お口に合うのか????

「他の乳酸菌飲料より爽やかな香りで、飲み口も結構あっさりしてる!ゴクゴクいけるね!優しくて飲みやすい」と感想をくれました!

どうやら、お気に召した様子!

他にも、コーヒー牛乳やノーマルの牛乳も合わせて購入してくれたようで、しっかり、ひまわり乳業さんのファンになってくれた模様。

今回、二度も「まるごと高知」に足を運んでくれた友達。

なんと、リープルはかなりの人気で、週末に売り切れてしまい入荷待ちだったとの事!

高知のソウルフードにどどまらず、日本のソウルフードになる日も遠くないかもしれません。

こんな変わり種はいかが?高知のソウルドリンクが老舗酒造メーカーとコラボレーション!

このリープル。なんと、高知の老舗酒造メーカーの菊水酒造さんとコラボレーションして作ったリキュールも販売されています!

存在は知っていて気になってはいたのですが、今回の取材をきっかけに、チャレンジ!

最初はガツンとリープルの濃い目の味が来る飲み口ですが、その後すっと引いていき、ヨーグルトの風味で後味はサッパリ。

これ、癖になるかも!どぶろくやマッコリが好きな方は絶対好きなはず。

甘くて飲みやすいですが、アルコール度数は5%~6%未満としっかりお酒ですので飲みすぎにはご注意を!

いかがです?高知のローカルソウルドリンクのリープル飲んでみたくなりましたか?

高知の街のコンビニやスーパーなどで販売しているので、気軽に手にして、高知のソウルを感じながらリープルを味わってみてください。

おすすめの記事