Yahoo! JAPAN

初心者でも『数釣り』堪能可能 首都圏「キンギョ&コイつり堀」厳選4店

TSURINEWS

デカキンをキャッチ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

首都圏エリアでは沢山の『つり堀』が存在している。今回は首都圏エリアで筆者が実釣した中で爆釣が期待できるイチオシの『キンギョ・コイつり堀』4店を紹介しよう。

首都圏エリア爆釣つり堀4店

1)常盤つり堀センター
2)弁天フィッシングセンター
3)保谷フィッシングセンター
4)おかべ農園

以上の4店舗は、私が実際に通い短時間(1時間~3時間)で100尾以上の釣果実積があり、さらなる爆釣が可能であるお店である。それぞれのお店ごとの特徴について以下に記載していくので参考になればいいと思う。

常盤つり堀センター

常盤つり堀センターは東京都町田市にあるつり堀。特徴は、屋内と屋外に分かれており屋内はキンギョつり堀、屋外はコイつり堀、ヘラつり掘がある。スタッフからサカナの釣り方・取り扱い・釣れたサカナの外し方をレクチャーしてもらえる。

常磐つり掘センター(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣れたサカナはフラシにキープできるので、最終的にリリースする際にどれくらい釣れたかが確認できるが、私的にはカウンター持参が正確でオススメ。昭和レトロな空間で激釣を経験するにはまさにもってこいの釣り場である。

昭和レトロな空間で激釣(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

・魚種 キンギョ・コイ
・つり堀 室内つり堀・屋外つり堀
・水深 90cm前後
・Myタックル使用可能(つり堀ごとにある程度の長さ規制あり)
・定休日 毎週火曜日・水曜日+不定期休あり
・営業時間 9時~17時
・自販機・トイレ完備
・エサ付きレンタルタックルあり(タモ・フラシ・イス等は無料使用可能)

破格的な釣果が期待できる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

弁天フィッシングセンター

弁天フィッシングセンターは東京都久留米市にあるつり堀。特徴は、魚種別に管理されているのでキンギョつり堀ならキンギョのみ、コイつり堀ならコイのみが釣れる。どちらも釣れたサカナはフラシにキープできるので最終的にリリースする際にどれくらい釣れたかが確認できるが、私的にはカウンター持参が正確でオススメ。

弁天フィッシングセンター(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣り場全体が綺麗に整備されており、とても清潔感があり特にファミリーで遊ぶにはオススメな釣り場である。釣り方が分からない場合はスタッフに聞いてみよう。

キンギョつり掘の様子(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

・魚種キンギョ・コイ・ヘラブナ
・つり堀 キンギョつり堀・コイつり堀・ヘラブナつり堀
・水深 つり堀により異なる(キンギョつり掘約80cm、コイつり掘約110cm)
・Myタックル使用可能(つり堀ごとにある程度の長さ規制あり)
・定休日 毎週水曜日
・営業時間 7時~16時30分
・自販機・トイレ完備
・エサ付きレンタルタックルありだが、『タックル破損、釣りイト、ハリスなどの修理』がある場合は追加で金額が掛かる(タモ・フラシ・座布団等は無料使用可能)

キンギョ釣りはフラシが真紅に染まる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

保谷フィッシングセンター

保谷フィッシングセンターは東京都西東京市にあるつり堀。特徴は、1池でキンギョとコイとヘラブナが釣れる。釣れたサカナはフラシにキープできるので最終的にリリースする際にどれくらい釣れたかが確認できるが、私的にはカウンター持参が正確でオススメ。

保谷フィッシングセンター(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ファミリーに人気な釣り場でスタッフの優しい対応もよく、釣り方も分からない場合は教えてくれるので安心だ。

コイも多く釣れる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

・魚種 キンギョ・コイ(どちらもヘラブナも混じる)
・つり堀 屋外つり堀1池
・水深 110cm前後
・Myタックル使用可能(最大で6尺)
・定休日 毎週木曜日
・営業時間 10時~16時30分(土日祝17時まで)
・自販機・トイレ完備
・エサ付きレンタルタックルあり(タモ・フラシ・座布団等は無料使用可能)

安定して3桁が目指せる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

おかべ農園

おかべ農園は埼玉県深谷市にあるつり堀。特徴は、屋内3つのつり堀が楽しめ、第1つり堀・第2つり堀・第3つり堀の3つに分かれている。スタッフから店内ルールについての説明があるので、きちんと理解すること。説明内容は料金体系からサカナの釣り方・取り扱い・釣れたサカナの外し方など。

おかべ農園(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣れたサカナを第2つり堀はバケツにキープ可能で、釣れたキンギョのお持ち帰りも可能だ。ただし、釣り時間に比例してお持ち帰り尾数に制限があるので確認しよう。第1つり堀は基本的にキープできないので即リリースが基本だ。

第2つり堀では最終的にリリースする際にどれくらい釣れたかが確認できるが、私的にはカウンター持参が正確でオススメ。第3つり堀に関しては、2回目以降に来店で釣りが可能となるようなので利用される方はスタッフに確認するといいだろう。

第2つり堀はまるものがメイン(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

・魚種 キンギョ・コイ
・つり堀 室内つり堀(第1・第2・第3)
・水深 60cm前後
・Myタックル使用可能(つり堀ごとにある程度の長さ規制あり)
・定休日 基本的にナシ+不定期休あり
・営業時間 9時~17時
・自販機・トイレ完備
・エサ付きレンタルタックルあり(バケツ、イス等は無料使用可能)

時速100尾の第2つり掘(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

つり堀ならではの難しさと楽しさ

以上の4店舗ではMyタックルが使用可能であり『実釣を踏まえた上でのイチオシつり堀』であるので、なるべくたくさん釣りたい方は挑戦してほしい。

キンギョ・コイのつり堀の歴史が長い理由にはやはり奥深い楽しさがあるからだろう。つり堀だからこそ数が釣れる、つり堀ならではの難しさもあり、私にとっては最高の暇つぶしが楽しめる空間である。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post初心者でも『数釣り』堪能可能 首都圏「キンギョ&コイつり堀」厳選4店first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事