Yahoo! JAPAN

ハンオシ「キュン♡ボタン」結果から振り返る“ふいキュン”ベストシーン

TBS

TBSで放送中の火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』。独身生活を謳歌する大加戸明葉(清野菜名)と、堅物で変人の百瀬柊(坂口健太郎)が、偽装結婚をするラブコメディー。現在、リアルタイムで視聴者が参加できるコンテンツ「キュン♡ボタン」企画を開催中。公式サイト内にある「キュン♡ボタン」ページにスマートフォンからアクセスし、ドラマを見ながら“キュン”とした瞬間にボタンを押すと「あなたの総キュン数」と「みんなの総キュン数」を確認することができる。しかも放送翌日以降には公式サイトの「結果発表」ページで「瞬間最高キュン数」を公開中。今回は各話のキュン数の結果から“ふいキュン”シーンを振り返ってみた。

第1話・百瀬が明葉に乾電池を渡すシーン

明葉の職場までやってきた百瀬が可愛いキャラクターの乾電池を渡し「もう、あの目覚ましは鳴りません」と言って明葉がクスっと笑うシーンが瞬間最高キュン数を獲得。

第2話・百瀬が素直な気持ちを伝えるシーン

部屋へ戻ろうとして、何かを言おうとして振り返るも、なかなか言葉に出すことができない百瀬。迷った挙句、やっとのことで「(偽装結婚の相手が)あなたで良かったです」とポツリ。少し照れたように階段を駆け上がっていく百瀬に明葉も思わず笑顔がこぼれるシーンが、もっともキュン数を伸ばした。

第3話・明葉からのハグシーン

百瀬が好きな美晴(倉科カナ)について明葉に話し始めたところから、キュン数が少しずつ増加。美晴への純粋な思いを聞いた明葉は「今だけハグしてもいいですか?」と言って優しく抱きしめると「これが友情のハグですか」という百瀬。だが、明葉はハグしながら「これは友情? 違う。恋のフラグは立ってしまった。友情のハグはできない、したくない!」という百瀬への恋心を自覚した明葉の心の声に視聴者はもっともキュンキュンしたようだ。

ふいキュンシーンが連発の第4話

第4話はキュン♡ボタンが多く押されたシーンが続出。温泉旅行に来たものの、明葉は車酔いをしてしまう。そんな明葉を膝枕して寝かせ、百瀬がずっと明葉の手を握っていたシーンや、お酒を飲んで「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」と百瀬が明葉にキスを迫るシーンがキュン数を伸ばした。いつもの百瀬らしからぬ言動に視聴者はドキドキしたようだ。そんな中、一番キュン♡ボタンが押されたのは百瀬と明葉が指輪を見せ合うシーン。

結婚指輪を明葉にプレゼントし、指輪を見せ合い「こうすると、ホントの夫婦みたいですね」と言う百瀬。このシーンが瞬間最高キュン数を獲得した。

第5話・寝込んでいた百瀬が飲料を飲むシーン

熱を出して寝込んだパジャマ姿の百瀬は明葉から渡された飲料をゴクリ。明葉から新しいパジャマを渡されてモジモジしながらも着替えるシーンはふいキュン度抜群だったようだ。瞬間最高キュン数は惜しくも逃したものの、離婚届を置いて家を飛び出した美晴に「俺の隣で笑っている美晴をこれからもずっと見ていたいんだ」という旭(前野朋哉)。そんな2人が抱き合うシーンを横で見ることしかできない百瀬にも多くの人がふいキュンとしてしまったようだ。

第6話・明葉に百瀬がキスをしたシーン

第6話で瞬間最高キュン数を獲得したのは百瀬が明葉にキスをしたシーン。明葉の大ファンである作家・丸園ふみ(西尾まり)の本の装丁依頼が舞い込んだものの丸園から「チェンジ」と言われ、明葉は落ち込んでしまう。そんな明葉を見て百瀬は「明葉さん、励ましてもいいですか?」と言って明葉に優しくキスをする。

さらに、ラストで明葉にキスした理由を聞かれ、謝罪する百瀬に「私が欲しいのは謝罪じゃありません」と言い、百瀬のネクタイをぐっと引っ張った明葉が百瀬にキスをした瞬間も大きくキュン数を伸ばす結果となった。

まだまだ「キュン♡ボタン」企画は実施中。ぜひリアルタイムで見て“ふいキュン”を共有する楽しさを味わっていただきたい。

「キュン♡ボタン」ページの詳細はこちら

第7話では自らキスをした明葉は自分の気持ちを百瀬に伝えようと決意する。そんな中、後輩の代理として観光キャンペーンの仕事を担当することになった百瀬。インフルエンサーとのコラボ企画ということで、野上香菜を紹介されてビックリ! なんと、香菜は美晴(倉科カナ)と瓜二つだったのだ。今後の展開に、ぜひご期待ください!

■番組概要

[タイトル]
火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』
[放送日時]
毎週火曜よる10時~10時57分

【関連記事】

おすすめの記事