Yahoo! JAPAN

今さら聞けない『オモリグ』のキホン:メリットとデメリットを理解する

TSURINEWS

オモリグで釣ったケンサキイカ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

オモリグに取り組み初めて3年の筆者が、現時点での研究成果をビギナー向けに解説します。

オモリグの特性を理解する

山陰地方が発祥とされるオモリグですが、本来、オモリとエギの組み合わせ釣法は各地でイカ釣りに用いられてきました。いわゆる中オモリ式と言われる釣法でアオリイカ、スミイカなどの釣法としてもポピュラーなものです。

オモリグの何がイカを釣るために威力を発揮するのか?まずはオモリグがなぜ釣れるのかを考えてみたいと思います。

エギを使う

エギ(餌木)は日本古来の漁具として、鹿児島県が発祥だそうです。時代は江戸時代、薩摩藩の漁師が夜に松明を灯して漁に出て、落とした松明にイカが飛び付いたのをみて考案したのだとか。その後、カツオ、マグロ漁の漁師が寄港する高知、和歌山、三浦半島などにエギの文化が伝わっていったそうです。

漁具として各地で創意工夫を繰り返されたエギはイカを釣るためのエッセンスがギッシリと詰め込まれて、現代に至っています。そんなエギを使って釣りをする訳ですから、オモリグは釣れない訳がないのです。

スッテではなくエギを使う(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

オモリグのメリット

エギはイカ釣りの切札的な存在ですが、万能ではありません。特に水深が深いエリアを狙う場合、エギが持つイカを釣るための特性上、どうしても使いにくくなってしまいます。

スローにイカが抱き付きやすい姿勢を保ったまま沈下させるために、エギはバランスよく作製されています。このバランスがとても大事なのですが、それゆえにどうしてもフォールスピードは遅くなりがち。この、エギの持つ、釣れる特性を活かしつつ深場のイカを釣るために考案されたのが、オモリグなのです。

水深に左右されず、潮流にも強く、素早くイカの居るタナにエギを届けることができるのがオモリグの1番のメリットなのです。

素早くイカの居るタナにエギを届けられる(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

オモリグのデメリット

水深が深く、潮流の影響を受け難いオモリグですが、このことがデメリットの原因になってしまうこともあります。

エギの自然な動きを大切にするオモリグではリーダーを長くとります。潮が緩い場合、長いリーダーは水中でたるみ、イカがエギに抱きついてもアタリが伝わらないことがあります。エギはアワせなければ掛かりませんので、当然イカのアタリが解らない状況では釣れません。このことから、オモリグは潮が緩い状況では釣りにくいことが多いです。

また、同じ様に二枚潮など水中のラインがたるみやすい状況でも使いにくい場合があります。

潮が緩い状況ではオモリグのリーダーを短く設定する、あるいはリーダーを太くするなどして、リーダーの仕掛け絡みを無くすよう対策する必要があります。

あるいはイカメタルのオバマリグに切りかえるなど、状況にあった釣りを展開した方がいい場面もあります。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けない『オモリグ』のキホン:メリットとデメリットを理解するfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事