Yahoo! JAPAN

「豆腐と銃が同じ数え方なの納得いってない」→なぜ?江戸時代の文献を調べてみました。

キャリコネニュース

tofu and gun
「豆腐と銃が同じ数え方なの納得いってない」

というツイートが広まり、16万超の「いいね」を獲得した。

たしかに、銃も豆腐も「丁」だが、なぜなのか。どうして豆腐を「丁」で数えるのか、調べてみることにした。(文:昼間たかし)

元禄にはすでに……。

明治政府が編纂した百科事典『古事類苑』には、江戸時代の元禄10(1681)年に刊行された料理本である『和漢精進料理抄』からの引用として、「大根、牛蒡、栗子をはりにきり、椎茸?筋も細切、靑菜はみぢんにきり、豆腐は一挺を十二にきりて油にあげ」と記されている。

つまり、江戸時代前期には「挺」が、すでに豆腐の数え方として定着していたようだ。

ただ、それがどこ由来なのかは謎なのである。豆腐屋が豆腐以外に油揚げなども扱っていたので、数え方を変えて区別していたという説もあるが、これも想像の域を出ない。江戸前期に「挺」と数えているので、「丁半博打」由来説は厳しいだろう。

大豆加工食品メーカーでつくる日本豆腐協会でも「諸説あり」として理由ははっきりわからないとしている(『朝日新聞』2009年3月9日付朝刊)。

さて、数の単位のことを、文法上は「助数詞」と呼ぶ。紙を数える時の1枚2枚とか、動物を数える時の1匹2匹。麺を数える時の1玉2玉などだ。

日本だけでなく、中国語にも数え方の単位が膨大にある。ただ、豆腐は「?(塊・かたまり)」という単位を使うので、「挺」は中国由来ではなさそうだ。

デジタル大辞泉によると、挺(丁)という単位は「細長い物を数えるのに用いる」とあった。槍や鋤(すき)、鍬(くわ)、ろうそく、墨、三味線などに使う。また、輿(こし)・駕籠(かご)など、乗り物を数えるのにも使うという。

江戸時代前期の『信長公記』にも「元龜元年六月廿一日、淺井居城大谷へ取寄、廿二日、御馬を被納、殿に諸手の鐵炮五百挺」という記述がある。

鉄砲は細長いから、そう数えるのは自然だ。しかし、豆腐は……。結局、調べても「納得いかない」ままなのであった。まあ、こういうときもある。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 雪と一緒に車もぶっ飛ばす!?豪快なラッセル車のジオラマ写真

    おたくま経済新聞
  2. 【京都ぶらり】東西のメイン通り『四条通』☆祇園祭山鉾~百貨店街~新京極グルメ【中編】

    キョウトピ
  3. 木村拓哉×山下達郎ラジオ対談が実現 『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』出会いから新アルバム楽曲提供秘話までを語りつくす

    SPICE
  4. まふまふ「二千五百万分の一」2/4配信リリース決定 オリジナルTVアニメーション『リーマンズクラブ』1/29より放送開始

    SPICE
  5. 声優・石原夏織、日向坂46 宮田愛萌との2ショット公開! フォトブックタイトル&表紙カット解禁

    Pop’n’Roll
  6. 【コストコ】骨なし「ロティサリーチキン」発見!解体の手間なしコスパも最高。

    東京バーゲンマニア
  7. 「いま来たらこうなってました…」やってません!を主張する猫&犬

    ねこちゃんホンポ
  8. 川崎市 65歳以上 初めて2割超 20年国勢調査 年齢別人口を公表〈川崎市多摩区〉

    タウンニュース
  9. 幅広い世代が挑戦 デジタルアート体験会〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース
  10. SANDAL TELEPHONE、新ビジュアル公開+新曲「レビュープレビュー」配信スタート!

    Pop’n’Roll