Yahoo! JAPAN

寛政中学校 生徒交流に新たな場 「移動型交流カフェ」初開催〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

カフェで談笑する生徒たち

市立寛政中学校で5月15日、「移動型交流カフェ」が初開催された。部活動減少など生徒の放課後活動が減る中で、新たな居場所や地域との交流を目的に行われたもの。同校の中村雅一校長は「カフェでリラックスして談笑するなど生徒たちも楽しんでいた。今後も放課後の場を提供していけたら」と話した。

今回の移動型交流カフェは、青少年の体験活動の推進などを目指す(公財)よこはまユースが主催するもの。同校では昨年度に野球部とサッカー部が廃部になるなど、生徒の放課後の体験や活動機会の減少を危惧していたところに同財団の話を聞き、今回のカフェが実現した。

同カフェは市内の施設などに大人や大学生世代の若者がスタッフとして出向き、青少年が無料で飲食できたり、ワークショップなどに参加して交流を楽しむもの。これまで市内の高校や施設で実施されてきたが、中学校では初めての開催。主催するよこはまユースの山中梓さんは「子どもたちの笑顔を絶やさぬため、今後もこのような青少年の居場所づくりの活動を続けていきたい」と話す。

当日は、同校の広場に軽トラックが登場。テーブルや椅子が並べられ、突然登場した”カフェ”に興味津々の生徒たちでにぎわった。

同カフェの実施にはNPO法人など様々な団体が協力。会場では生徒たちがシルクスクリーン印刷のワークショップなどを体験したほか、近隣自治会の会長や保護者らも参加し、生徒たちとの交流を楽しんだ。同校教諭からは「普段より自然体の生徒たちと触れ合えた」といった声も聞かれた。参加した生徒の1人、嘉多山葵さん(13)は「友達とゆっくりできる場所でもあり、普段は落ち着いて話せない先生や大人の人たちとも交流できて楽しかったです」と笑顔で語った。

同校では今後、放課後の学習支援を取り入れることも検討していて、中村校長は「今回多くの生徒が足を止めて参加してくれて、反応も良かった。今後も生徒たちの放課後を充実させる機会を提供していきたい」と語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【UNIQLO】このナチュラルさが素敵!軽くて大容量な「激安2wayリュック」が超優秀【旅行OK】

    ウレぴあ総研
  2. 毎日ジメジメ……。洗濯物が乾かない!《梅雨》の部屋干しで早く乾かす【裏ワザ】

    4yuuu
  3. 【京都ツウ】うさぎ神社境内にある梅雨只中こそ訪れたい『雨社』☆茅の輪も登場「岡崎神社」

    キョウトピ
  4. 「京急電鉄カレー」が登場! “京急の車両”と”沿線の三浦半島の名産品”を組み合わせた 嬉しいレトルトカレー商品

    鉄道チャンネル
  5. 「母は強し!」巨大ワシに子を奪われたアザラシ、立ち向かって取り戻す(カナダ)

    Techinsight
  6. 近鉄 小倉駅前の「レストラン エスカルゴ」で、牛ヒレカツバター焼たべてきた!【宇治市ランチ】

    ALCO宇治・城陽
  7. 【ワークマン新作】日焼け・雨・冷房対策に重宝!「おしゃれも叶う撥水ジャケット」に感動した話

    ウレぴあ総研
  8. <息子夫婦と同居>実の娘に忠告「実家はなくなったと思いなさい」ショック受けた6年後……【まんが】

    ママスタセレクト
  9. 定年で落ち込んでいた父→久しぶりに実家に帰ると元気になっていたワケ【まんが】

    saita
  10. アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』高梨康治×FLOWによるOPテーマを使った最新PV公開! 0話テーマ曲はキン肉マン(CV:宮野真守)が歌う『キン肉マンGo Fight!』に決定

    PASH! PLUS