Yahoo! JAPAN

園児ら「獅子舞」に歓声 コロナ禍も伝統文化体感〈横浜市旭区〉

タウンニュース

獅子の軽快な動きに驚く上の原幼稚園の園児たち

小高町にある上の原保育園と上の原幼稚園で1月14日、笠はや志保存会による獅子舞と囃子が園児に披露された。

日本の伝統文化を知ってほしいと、約5年前から企画。同幼稚園では、公演回数を増やし人数を制限するなど感染対策を施した上で、2年ぶりの開催となった。

獅子舞が、床に置かれたミカンを器用に食べて皮だけ口から出すと、園児たちは驚きの声を上げ拍手。囃子の音に合わせ身体を揺らし楽しんだ。

同幼稚園の金子貴明園長は「コロナ禍だが文化に触れる機会は大切。子どもたちに新年を祝う行事を肌で感じてほしい」と話した。

江戸末期から伝わる音色

笠はや志保存会は約170年前の江戸末期から伝わる「笠囃子」を継承し、市無形民俗文化財保護団体に認定されている。現在18人が登録。メンバーは「コロナ禍ながら、地域のデイサービスや保育園・幼稚園などで公演を行う機会が少しずつ増えてきている」と語った。

【関連記事】

おすすめの記事