Yahoo! JAPAN

黒羽麻璃央、小池徹平は「神」『るろ剣』志々雄真実の包帯衣装で「1キロ痩せました」

ドワンゴジェイピー

黒羽麻璃央、小池徹平は「神」『るろ剣』志々雄真実の包帯衣装で「1キロ痩せました」

ミュージカル『るろうに剣心京都編』の取材会がIHIステージアラウンド東京にて行われ、小池徹平、黒羽麻璃央、加藤和樹が出席した。


本公演は20220年秋に上演を予定していたが、コロナウイルスの流行により公演が延期になっていた。主演で緋村剣心役を演じる小池は「いよいよもう明日初日。やっとお客さんの前で2年越しに演じられるっていうのは非常にワクワクするものがありますし、時間がかかったけどようやくここまで来れたという気がするので、全力で臨むのみです」と意気込みを語った。



今回の敵役・志々雄真実を演じるのは黒羽麻璃央。志々雄真実といえば、全身を包帯で巻いているビジュアルの人物だが、会見では包帯姿ではなく着物姿で登場。黒羽は「包帯になる前の志々雄真実さんです。ちょっと恥ずかしいです…ずっと包帯だったので…」と照れた様子。上演劇場のIHIステージアラウンド東京は、300人以上もの観客を乗せた客席が360°回転するという特徴がある舞台。黒羽はこの劇場の感想を「稽古場では見れなかったものがどんどん明確に見えてきて、やっている僕たちも『あっ、こういう風になるんだ』という新たな発見があったので、初日の幕が開くのがめちゃめちゃ楽しみです」と話すと、剣心の師匠・比古清十郎役を演じる加藤も「正直この劇場でこのお芝居をやるというのは相当大変なことだと思うのですが、それに勝る楽しさ、ワクワクする気持ちがありました。心が躍る名シーンが沢山あるので早く観ていただきたいです」と力を込めた。



小池は本ミュージカルの見どころとしてアクションシーンを挙げ、それに向けて体作りをしたと言う。「体重はもちろん減ったんですが、しゃがむ姿勢が多いのでお尻の筋肉がでかくなってきていますね」と明かすと、黒羽も自身の体の変化について、「僕は衣装をつけて1キロくらい痩せました。体は通気性がいいのであんまり暑くないんですけど、顔が暑くて尋常じゃないくらい汗をかくんです。顔がむくんで劇場入りしても、終わる頃にはすっきりしているんじゃないかな」と包帯姿の衣装に触れ、報道陣の笑いを誘った。


小池と黒羽は2人ともジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身で、ジュノンボーイの先輩・後輩の関係。小池と共演した感想を聞かれた黒羽は「僕らの代のジュノンボーイからしたら神なんですよ。みんな小池徹平くんになりたくてその門をたたいてますから。こうしてバチバチにやり合えてることを10年前の僕に言いたいです。やってればできるよって」と羨望の眼差しを投げると、小池も「本当に頼もしいです。素敵な役者さんで頑張っている後輩がいるっていうのは、同じジュノン出身ということで嬉しく思います」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 水を描かず優雅に泳ぐ鯉を表現 五感で感じた色彩を伝える色鉛筆画家・三賀亮介

    おたくま経済新聞
  2. モダンで洗練されたデザインの店内で特別な時間を ホテルモントレ姫路「メロン&マンゴー アフターヌーンティーセット」姫路市

    Kiss PRESS
  3. <高2息子の反抗期>愛情たっぷり育てた息子から「死ね」甘えてる、で済まされるの?【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 堀ちえみ、退院するも下腹部の痛みがあることを告白「一週間ほどは仕方がない」

    Ameba News
  5. キャシー中島、亡き長女を思い心境を告白「今生きていたらどうしていたのか」

    Ameba News
  6. 福山雅治、故郷・長崎のために立ち上がる「長崎を自分をもっと一緒に面白がりませんか?」

    Techinsight
  7. 才賀紀左衛門の彼女、そうめんを大人買いするも「やってしまったかもしれない」

    Ameba News
  8. 小柳ルミ子、10年以上前の『ユニクロ』品を着用して会食へ「カッコ良い」「似合ってます」の声

    Ameba News
  9. 【GAPベビー】「どストライク」「ずっと欲しかった」大人気デニムベビー服4選

    たまひよONLINE
  10. 【イオン】大容量の「ひとくちあんドーナツ」のコスパってどうなの?甘党の記者がレビュー。

    東京バーゲンマニア