Yahoo! JAPAN

うどん大地|オモウマい店で食べる生醤油たまごうどんと名物こんぶ天丼【埼玉県行田市忍】

We

うどん大地|オモウマい店で食べる生醤油たまごうどんと名物こんぶ天丼【埼玉県行田市忍】

2022年3月8日にオモウマい店で紹介される埼玉県行田市のうどん大地

映画のぼうの城で有名になった忍城(おしじょう)を横目に、食べログのうどんEAST百名店に選ばれたお店へお伺いしてきました。

お店の場所

場所は市役所入口交差点のすぐ近く。行田市役所の真向かいにお店を構えています。
インパクトのある外観なので迷わず一発で見つけられました。

また、お店に駐車場がないので行田市役所の駐車場を使ってください、とのこと。
※行田市役所から使用許可をもらっているとお話しされていました

メニュー

森森ランチの御膳は、左から順にひとつずつメニューを選んでいくスタイル。

・空の御膳、太陽の御膳、大地の御膳の10種類
・お天ぷら
・おうどん

初めての方は、ぶっかけうどん生醤油たまごうどんがおすすめとの事でした。
うどんは、小森(200g)、中森(300g)、大森(400g)まで値段は同じ。

期間限定メニューでカレーうどんも5種類。おダシ&スパイスが効いたカレー。

だいチケッ!」という回数券もあります。お伺いした時もお会計で使っている方がいましたよ。

土林空(ドリンク)メニュー。お酒の種類も豊富なので夜の利用も良いですね。
 
 

森森ランチの御膳

森森ランチの御膳
大地の御膳 1190円
生醤油たまごうどん 冷 300g
こんぶ天丼
足袋型ゼリーフライ プレーン味

生醤油たまごうどん 冷 中森300g

愛媛県伊予郡砥部町の昔ながらの職人さんが作ったシンプルだが洗練されたデザインの器に盛られて登場。

別皿のかつおぶしをまぶしたら、香川県の丸尾醸造所の丸王醤油を一周半かけて、よーく混ぜる。

半日以上寝かせて作られた自家製麺のうどんは、コシがありもっちりとした食感。

こんぶ天丼

今までありそうでなかった、こんぶの天ぷら
うま味成分の塊なのでご飯に合う!ミネラルも取れて体にも良さそうですね。

足袋型ゼリーフライ プレーン味

行田市の特産品である足袋の形をした特大のゼリーフライ。
通常のゼリーフライは素揚げで厚さ1センチくらいなのですが、うどん大地は厚さ3センチはあり衣がついている珍しいタイプ。

ゼリーフライは、おからの味が全面に出ているB級グルメの印象でしたが、ふわふわ食感でおやつにも最適なおいしさに驚きました。

うどん界初!スープ割り

半分くらい食べ進めたところで店員さんが、「スープ割り用の野菜スープ」を持ってきてくれました。ラーメンでスープ割りはありますが、うどんでは初の経験。

食べ終えた器へスープを放出。片口いわしや利尻昆布、ウルメ節、さば節、枯れ節、しいたけなどが入った出汁とスープが合わさり、〆に最高の一杯。

スープ割りを飲むときは、卓上の辛味噌を混ぜるのがおすすめ。
 
 

ヒレカツ&とり天カレー

ヒレカツ&とり天カレー 1370円
うどん 温 中盛300g

カレーうどんだけでも結構な量ですが、うどんに乗っているのが、ひと口カツ2つ、とり天2つ、つくね2つ。さらに別皿でひと口カツととり天がそれぞれ1つずつ。とんでもないボリュームで登場。

カレールーは、かなり濃厚でピリ辛。うどんとの絡まりがすごい。

サラダとご飯を選べるので、揚げ麺がのったサラダを選択。

サラダ油の王様といわれる綿実油を使っているとの事でカツも天ぷらもカラッと揚がっていて、外サクサクで中はフワフワジューシー。うどんに乗せても良し、大地のゼリーフライソースをかけて食べても良し。
 
 

店舗情報

営業時間:
月火水木日11:30~14:30/17:30~22:00
金土祝前日11:30~14:30/17:30~23:30
定休日:年中無休
住所:埼玉県行田市忍2丁目18-37
電話:048-577-4384
駐車場:真向かいにある行田市役所の駐車場利用可

 

まとめ

埼玉県行田市のうどん大地をご紹介しました。

残念ながら、名物店長さんはお休みだったのですが、店内は店員さんの丁寧で活気ある声と接客が、最初から最後まで途切れることはありませんでした。
最後にお会計を済ませたら、アメちゃんのサービスも。

さすが食べログのうどんEAST百名店に選ばれたお店。コシがあり、もっちりとしたうどんでとても美味しかったです。

365日年中無休で営業されていますので、ぜひ行田市にお越しの際は足を運んでみてくださいね。

※情報は掲載当時のものです

【関連記事】

おすすめの記事