Yahoo! JAPAN

沖磯でのフカセ釣りで35cm頭にグレ数釣り成功 ガン玉打ちが的中

TSURINEWS

30cm級の数釣り成功(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

11月1日、和歌山の湯浅の沖磯へグレを狙って釣行した。35cm級を頭に同エリアでは良型の30cm級が連発する展開となったので、その模様をリポートする。

なぎ丸渡船で湯浅の沖磯へ

11月1日月曜日、和歌山県湯浅町なぎ丸渡船を利用して、沖磯へグレフカセ釣りに出掛けた。

湯浅の磯は春の乗っ込み期にチヌ釣りによく出かけるが、グレ狙いではあまり訪れない釣り場だ。しかし、6月の梅雨時期及び10~11月の秋シーズンには型は大きくないが30cm前後のグレがよく釣れる。

湯浅の沖磯へ(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

カンドリでの仕掛けとエサ

当日の潮回りは中潮で、午前9時半過ぎに下潮一杯になる。ゆっくりめに自宅を出発して、午前9時過ぎに沖磯のカンドリに渡していただいた。夕方に向かっての上潮狙いだ。

サオは磯ザオ5.3m1.2号、リールは2500番台LBD仕様、ミチイトはセミサスペン度1.7号、ハリス1.5号、グレバリ5号でB負荷の円錐ウキを浮かせてスタートした。

まきエサレシピは、生オキアミ3kg2枚に対してヒロキュー集魚材GMAX3袋を混ぜ合わせた物。さしエサには生オキアミ、加工オキアミ、煉りエサを持参した。

使用した配合材(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

モーニングサービスで本命30cm超

午前10時から釣り開始!北西風が巻き、横風が少しキツイものの、釣りは十分に成立する。足元には大量のオセン、コッパグレ、時折アイゴが確認できる。

開始2投目、モーニングサービスで30cmオーバーを捕獲成功した!少し深めのタナ設定に少し重めの仕掛けで、まきエサに反応したやる気のあるグレだろう。

早々の本命は嬉しいが、同じパターンではなかなか釣れるハズもなく、いい感じにウキ入りしてもチャリコやコッパグレの猛攻にあう。時間経過とともに横風がさらに強くなり、白波が立ち始めてきたので昼食も兼ねて少し休憩を入れた。

モーニングサービスで30cm超(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

沖の潮を遠投で狙い連発

サオ2~3本の距離に仕掛けを流していたが、そのさらに先にいい感じの潮がある。ハリスを4ヒロ取り、00号のウキをハリスインした仕掛けにチェンジして、風はキツイが少し遠投で狙う。

まきエサとダイレクトに合わせたりハズしてり模索しながら打ち返す。25~28cmはいい感じでアタってくるが、中々サイズアップは難しい。

仕掛け微調整でサイズアップ

そこでハリから1ヒロ半上にG5サイズのガン玉を1つ打ったら、いきなり海中の展開がかわり、一気に引ったくるアタリが出た!サオから伝わる魚信を楽しみながらタモ入れしたのは32cmのグレだった。

キーパーバッカンに魚を入れ、ハヤル気持ちを抑えながらさしエサを刺し、次を狙う。

釣り座に対して右側沖向きは右側に流れて行く潮だが、左側沖向きは微妙に沖へ払い出していく感じの流れに変化してきた。右側も時々試すがやはり本命は左側沖向きだと思う。丁度この時間帯に運よく風が緩んできたので、左側沖向きに遠投をかけた釣りに集中した。

最長寸の35cm釣り納竿

逆光が強くウキは見えないので、今現在の仕掛けに持って来いだ。まきエサを先打ちして狙うと、ポツポツと30cmオーバーが顔を見せてくれた!

そして、ガン玉を外してノーガンにし、ハリだけワンサイズ大きくしたら湯浅では少し大きめの35cmオーバーも捕獲成功!

いい感じに釣れてだしたところで、残念ながらの最終16時の迎えの船の時間。あと1時間でいいから延長したいが、コレばかりは仕方がない。未練たっぷりで釣り座の簡単な清掃をして納竿した。28~30cm弱は多数。キープサイズの30~35cmは8匹の釣果であった。

当日の釣果(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

<秦厚治朗/TSURINEWSライター>



The post沖磯でのフカセ釣りで35cm頭にグレ数釣り成功 ガン玉打ちが的中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事