Yahoo! JAPAN

エリザベス女王、コーギーの子犬2匹を新たに飼い始める

Techinsight

子犬2匹をウィンザー城に迎え入れたエリザベス女王

エディンバラ公フィリップ王配(99)の入院が長引く中、エリザベス女王(94)に2匹のコーギーの子犬が贈られた。愛犬家で知られる女王はこれまでにコーギーを数匹飼っていたが、昨年に“バルカン”が旅立った後、ロイヤルドッグは1匹だけになっていた。現在はウィンザー城で家族と離れて生活している女王だが、子犬達が元気を与えているようだ。『The Sun』が伝えている。

ロックダウン中の英国で、エリザベス女王は数名のスタッフとともにウィンザー城に滞在している。エディンバラ公フィリップ王配も一緒に生活していたが、先月16日に入院し、転院先の病院で心臓手術を受けていた。王配は今後数日間は病院で療養生活を送るため、女王は城で孤独な暮らしを続けることになる。

英紙『The Sun』によると、ウィンザー城に住む女王のもとに2匹の子犬が届けられたのは、フィリップ王配が入院した後だという。王室を知る情報筋は同紙に「女王は、大変喜んでいます」と明かし、ロイヤルドッグの重要さについてこのように話した。

「女王がコーギーを全く飼わないなんてことは、考えられません。言ってみれば、ロンドン塔に名物のカラスがいないようなものです。犬達が来てわずか数週間ほどしか経っていませんが、とても可愛くて城での生活に馴染んでいますよ。フィリップ王配が入院している間、2匹が城内に多くの賑わいとエネルギーを与えているようですね。」

エリザベス女王は18歳の誕生日プレゼントとして迎えたコーギーの“スーザン(Susan)”を飼い始めて以来、スーザンの子孫にあたるコーギーやドーギーを30匹以上飼ってきた。しかし2015年には、女王自身が亡くなった後に何も残したくないとの理由から、今後はブリーディングをしないという決断を下したことが報じられた。

2018年4月には、スーザンの血を引く14代目コーギーのウィローががんを患ったため14歳で安楽死した。昨年にはドーギーの“バルカン”が天国に旅立ち、その後残されたロイヤルドッグは“キャンディ”1匹となっていた。

なおこのたび女王が飼い始めた子犬は2匹とも贈られたもので、女王が18歳当時に飼い始めたスーザンの子孫ではないという。今のところ2匹の性別や名前は明らかになっていない。

王室伝記作家ペニー・ジュナー氏は、エリザベス女王とコーギーとの重要な関係をこのように説明している。

「数年前、女王はこれ以上新しい犬は飼わないと決意しました。しかしコーギーは女王にとって非常に重要な存在なのです。犬達は他のどの人間よりも女王の近くにいるのですから。」

同氏はさらに、王室離脱後に米国へ移住しオプラ・ウィンフリーの独占インタビューを受けたメーガン妃と犬達を比較した。

「コーギーは忠誠心が強くて愛情深い。決して女王を失望させることがないのです。もちろん急いでロサンゼルスに旅立ち、インタビューを受けるなんてことも滅多にありませんからね。」

2匹の子犬達が、フィリップ王配の病状を心配しながら暮らすエリザベス女王に安らぎを与えてくれるのは確かなようだ。

ちなみに現地時間5日には、フィリップ王配が手術を受けた聖バーソロミュー病院から最初の入院先だったキング・エドワード7世病院へ救急車で戻ったことが『Daily Mail Online』により伝えられた。王配の健康状態については明らかではないが、欧州最大の心血管専門センターを出たことは「前向きな知らせ」と見られている。

画像2枚目は『The Royal Family 2016年4月21日付Instagram「The Queen is 90!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事