Yahoo! JAPAN

あま~い大きなイチゴが1時間食べ放題! 「内山いちごの国」いちご狩りに行ってきました 養父市

Kiss

艶々真っ赤ないちごがずらーり

今回、兵庫県養父市長野にある自然豊かな場所で赤くて甘~いいちご狩り体験を堪能してきました。

場所は播但連絡道・朝来インターチェンジを降りて、八代坂トンネルを抜けた先にあります。

大自然の中にいちごハウス


大自然の中、大きな敷地にイチゴハウスが7棟、この中にお目当ての艶々いちごが待ってるんですね。

受付施設


車を降りてすぐ坂をくだった右手に受付場所があります。

ワンちゃん1匹につき300円が必要です。


今年3月10日よりワンちゃんと一緒にいちご狩り体験が出来るようになりました。連れて来られたワンちゃんはいちごをとっても美味しそうに食べてましたよ。(ワンちゃんを連れて来られる際は下記詳細情報にて注意事項を記載しておりますので確認ください。)

美男美女の親子2人で経営されいます


内山いちごの国では現在、社長の荒木さんとその息子さん2人で経営されています。

練乳をトレーに入れてくれます


専用トレーに練乳を入れてもらい、誘導されながらいざ!いちごハウスの中へ

甘~いいちごの香りが脳を直撃します


中に入った瞬間モワ~ンと暖かな空間の中にいちごの甘~い香りが充満していて食べる前なのに思わず「甘~い!」と声が出てしまいました(笑)早速見つけた赤いいちごを一つ採ってみました。

真っ赤ないちごさん


艶々として美味しそうです。すぐさまパクっと食べると脳内直撃のダイレクトな甘みジューシーな果汁が体中に広がりました。「とっても甘いですね」と荒木社長に感想を伝えると「そうでしょ。うちのいちごはとても甘いんです。今年糖度16度のいちごが出来ました」と言われ、

収穫時期や産地、栽培方法などによって大きく変化しますが今の時期が大体13~14度と十分甘いものとなっているところから糖度16度は更に甘いという事になります。いちごの種類は【章姫】。果実が長めの円錐形をしていて酸味が少なくほどよく柔らかい甘みのあるのが特徴です。

いちごにパクつく赤ちゃん 荒木社長提供写真


お客様より、他のいちごだと酸っぱい顔しちゃう赤ちゃんが内山いちごの国のいちごは美味しいと満面の笑みで踊ります!と荒木社長に写真と動画を送ってこられたそうです。

食べた瞬間の笑顔満点♪ 荒木社長提供写真


食べた瞬間のこ笑顔がなんとも喜びを表していますね。

手の半分もの面積のBigいちご


そして手に乗せるとずしっとくる大きなBigいちご。この様ないちごがそこら中に垂れ下がっていました。内山いちご農園さんのいちごはこんなに大きいいちごにもかかわらず甘みがしっかりありました。(練乳必要ないくらい)栽培方法は高設栽培を採用されていて宙にぶら下がっています。大人だと腰の高さ、小さいお子様は頭くらいで土についていないので採ってそのまま食べられるのがいいですね。

無機栽培に溶液を点滴で施肥栽培しており、土で栽培するよりも根には空気や溶液が充分に行き渡ることで、大きくて甘ーいいちごが育つとの事です。

こしあんと白あんのいちごだいふくん(小3個入り590円)


その甘いいちごで一つ一つ丁寧に作られたいちごだいふくん。その日の内にほぼ売り切れてしまう為、お取り置きの予約をオススメします。

綺麗に丸々1個綺麗ないちごが中に入っています


荒木社長の娘さんはパティシエで、期間限定で3月26日、27日に甘いいちごをふんだんに使用して贅沢いちごパフェを販売します。こちらは予約不要との事で、軽く立ち寄って注文する事も可能です。

限定商品!贅沢いちごパフェ1000円


いちご農園の仕事は3月~6月までいちご狩り体験があり、その後はまた来年の為にいちごの栽培が始まるので1年を通してお休みがないそうです。それでもお客様の喜ぶ顔や感想を聞いてまた美味しいいちごを作ると言われていました。

いちごへの愛を表現してくれた荒木社長


この春に皆さんもぜひいちご体験してみてはいかがでしょうか。

皆様のお越しをお待ちしていまーす

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 弘中綾香アナの“自己肯定感”の高め方「入社当時から…」

    ナリナリドットコム
  2. 「死んでやる」どん底のADHD少年と家族を救った「魔法使い」とは――発達障害を描いたCMプロデューサーが聞く【#見えない障害と生きる】

    LITALICO発達ナビ
  3. ラミレスの妻、プールでの家族ショットを公開「もうお腹もパンパン」

    Ameba News
  4. 大量のせき止め薬と酒で昏睡の女性を放置し死なす…「眠剤遊び」の一部始終と異様な世界感

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. 【キャンドゥ】「大興奮」「即売り切れる予感」梅雨のおうち遊びおもちゃ5選

    たまひよONLINE
  6. 松嶋尚美、手抜き料理を作るもやってしまったミス「なんか味が変!!」

    Ameba News
  7. 大谷翔平の活躍で話題沸騰!「プロ野球選手」はいったいいくらお金をもらえるの?【職業と給料の話】

    ラブすぽ
  8. 実は「今年70歳」でびっくりの若見え男性芸能人TOP10

    ランキングー!
  9. 体感-15℃! サンコーの“爆冷”グッズを身に付けたら猛暑でも快適だった

    価格.comマガジン
  10. 【ニトリ・KEYUCA】夏に使いたい「おしゃれなグラス・コップ」5選!食卓がワンランク華やかに♪

    ウレぴあ総研