Yahoo! JAPAN

だいたひかる、2029年まで治療を続けることを告白「今後は骨粗鬆症などに気をつけつつ」

Ameba

お笑いタレントのだいたひかるが25日に自身のアメブロを更新。2029年まで乳がんの治療を続けることを告白した。

この日、だいたは「乳がんは少なくとも5年は治療して、できれば10年と言われる事が多いと思いますが…」と述べつつ「私の場合は、再発した年数から数える事になり」と説明。そのため「2029年まで治療し続ける予定」と乳がんの治療にかかる期間について明かした。

続けて「注射は50歳を目処に打っていくそうです!」と説明。「今後は骨粗鬆症などに気をつけつつ、無理のない生活を心掛けます」と意気込みをつづった。

また、乳がんの告知を受けた際について「10年の治療の話を聞いた時は…もう妊娠も出産もシャッターをおろされたような気持ちになりました」と当時の心境を回想。一方で「大丈夫だったので、乳がんになっても全部を諦める必要が無い事が…微力ながら伝わったら幸いです!」と前向きにコメントし、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「治療頑張ってください」「勇気をありがとう」「応援してます」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事