Yahoo! JAPAN

話題の韓国ミュージカル日本版 Dramatico-musical『BLUE RAIN』荻田浩一脚本・演出、東山光明出演で再演決定

SPICE

Dramatico-musical『BLUE RAIN』

2018年に韓国・大邱国際ミュージカルフェスティバルにて「創作ミュージカル賞」を受賞した話題作『BLUE RAIN』日本版の再演となるDramatico-musical『BLUE RAIN』が、2022年1月13日(木)~1月26日(水)まで銀座・博品館劇場にて上演が決定した。withコロナとなった2020年7月に、ミュージカルとしては先陣を切る形で日本初演を迎え、コロナ禍ならではのビニールシートとディスタンスを演出効果に取り組み、大きな反響を得た本作が再演される。

物語は、ドストエフスキーの名作『カラマーゾフの兄弟』をベースに、舞台を1990年後半のアメリカ西部に移し変えたもの。
ひとつの殺人事件の真相を追ううちに、ある家族――父と息子たち、兄と弟の憎しみと深い因縁を暴き出し、さらに一家を超え人間といういきものの根源的な業を描き出していく、サスペンフルでありながら文学的な叙情性を持つミュージカル。
オリジナルの脚本・演出を務めたのは、日本でも『SMOKE』がスマッシュヒットしたチュ・ジョンファ(作演出)&ホ・スヒョン(音楽)の夫婦コンビ。チュ・ジョンファの人の業に鋭く切り込むパッション溢れる脚本・演出と、ホ・スヒョンの美しく煽情的なメロディが溶け合う独特の世界観は韓国でも大人気で、熱狂的なファンを数多く生み出している。

本作で、自身の父親が殺された事件の真相を追うルキペール家の次男・ルーク役を、日本初演にも出演しドラマ・映画・舞台・ミュージカルなど幅広く活躍している東山光明が演じる。
また、犯人と目されるルキペール家の長男・テオ役(ダブルキャスト)を大沢健石井雅登が、テオの恋人・ヘイドン役を彩乃かなみが、ルキペール家に長年仕える使用人・エマ役を池田有希子が、新しく来たばかりの使用人・サイラス役(ダブルキャスト)を伊藤広祥染谷洸太が、強欲で横暴な富豪であるジョン・ルキペール役を今拓哉が、それぞれ演じる。また、日本版演出は、初演から引き続き、美しく繊細な演出で知られる荻田浩一が手掛ける。

東山光明

大沢健

石井雅登

彩乃かなみ

池田有希子

伊藤広祥

染谷洸太

今拓哉

2022年、年明け。新たな出演者も迎え、それぞれ“見えない壁”が立ちはだかる登場人物らは、その鬱屈した感情を楽曲にぶつけていく…。人と人は交わりえないのか…今一度その命題に向き合い、問う作品となる。

< Dramatico-musical『BLUE RAIN』  STORY>

――――俺を殺したのは、誰だ。

1997年、ニューヨーク。強欲な富豪、ジョン・ルキペールが殺害された。

犯人と目されたのは、父と反発し12年間家に戻っていなかった長男、テオ。

弁護士となった次男のルークはこの事件の真相を追ううちに、殺害現場から大金が消えていたこと、兄テオの恋人・ヘイドンがジョンの愛人になっていたことなど、兄に不利な証拠ばかり見つけてしまう。現場で倒れていたルキペール家の家政婦・エマはテオをかばうも、新しく入ったばかりの使用人・サイラスらの証言も、テオが犯人であることを示しているようだ。

この事件の真相は……そして次第に浮かび上がる、家族の相克。彼らが抱える憎しみの行方は……。

<登場人物>

ルーク(東山光明):弁護士で、ジョン・ルキペールの次男。
テオ(大沢健・石井雅登):歌手で、ジョン・ルキペールの長男。 父親と折り合いが悪く、何年も前に家出をしている。ヘイドンの恋人。

サイラス(伊藤広祥・染谷洸太):新しく入った、ルキペール家の使用人。

ヘイドン(彩乃かなみ):歌手で、テオの恋人。悲しい過去を持つ。ジョンに出資してもらいアルバムを出そうとしている。

エマ(池田有希子):ルキペール家に長らくいる使用人。テオやルークの乳母的な存在。

ジョン・ルキペール(今拓哉):強欲で横暴な富豪。何者かに殺害される。

【関連記事】

おすすめの記事