Yahoo! JAPAN

ONE OK ROCK、エド・シーランと共作した映画『るろうに剣心』への書き下ろし新曲「Renegades」を4/16全世界リリース

SPICE

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKの新曲「Renegades」が、4月16日に全世界リリースされることが発表された。

今作は、佐藤健が主演を務める、4月23日に全国で公開となる映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の主題歌としてONE OK ROCKが書き下ろした主題歌。楽曲は世界的スーパースター、エド・シーランとイギリス郊外にある彼のプライベートスタジオにて共同で制作したもの。

新曲「Renegades」は、今世界中で深刻化している様々な問題に対して疑問を投げかけた作品であり、既存のシステムに疑問を呈する“反逆者たち”のために歌うアンセム曲。2019年の『Ed Sheeran DIVIDE WORLD TOUR 2019』にて、ONE OK ROCKがオープニングアクトを務め、自身の『EYE OF THE STORM JAPAN TOUR』ではサプライズゲストとしてエドdが飛び入り参加し、その後もプライベートでの親交を深め、今回の楽曲制作に至ったという。

そして、新曲「Renegades」の情報発表と共に、本日4月9日よりONE OK ROCKのYouTubeチャンネルでは「Renegades」のティザー映像も公開され、ミュージック・ビデオの一部を見ることができる。そして来週、リリース日の4月16日21時から、YouTubeのプレミア公開にてミュージック・ビデオの全貌が明らかになる。

また、TikTokのONE OK ROCKの公式アカウントが新たに立ち上がり、今後、TiKTokでの展開もスタートしていくとのこと。

【関連記事】

おすすめの記事