Yahoo! JAPAN

『MIU404』泣けると話題の名シーン、もう一組のバディも愛おしい

ドワンゴジェイピー

『MIU404』泣けると話題の名シーン、もう一組のバディも愛おしい

401も、たまらない。


ドラマ『MIU404』(TBS系、毎週金曜よる10時~)は、警視庁“機動捜査隊”(通称:機捜)の刑事である伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がバディを組み、事件解決に奔走。『アンナチュラル』『逃げ恥』の脚本家・野木亜紀子が手掛ける痺れるストーリーは、思わず息をするのも忘れるほどスピーディーに展開する。その中には、心に刺さるセリフやグッとくる言葉がたくさん散りばめられている。


伊吹と志摩が所属する“4機捜”には、2人の他にもう一つのバディがいる。401号車に乗るベテラン・陣馬(橋本じゅん)と新米・九重(岡田健史)だ。


31日に放送された第6話では、この歳の離れた陣馬&九重コンビのシーンの中で、「グッときた」「今日一番泣いた」と視聴者の胸を熱くしたシーンがある。(以下、ネタバレあり)



班長の陣馬(橋本じゅん)は、4機捜のお父さん的存在。

特技は“顔面配備”だが、飲みの席で「俺が時代遅れのおやじだってバカにしやがって。あ~ん…」と顔をくしゃくしゃにして泣いちゃう可愛いおやじは愛嬌たっぷりだ。頑張って昇った階段をすぐに降りるよう言われ、「なんでだぁ~!」と嘆く姿には思わず笑ってしまう。



一方、父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの九重(岡田健史)は、どこか上から目線で表情も硬いイメージがあったが、伊吹(綾野剛)に「九ちゃん」と呼ばれ、回を重ねるごとに可愛らしい一面をのぞかせている。

第6話で明らかになった志摩(星野源)の過去。不審な死を遂げた志摩のかつての相棒・香坂(村上虹郎)は、自分の過ちや苦しみを先輩の志摩に言えなかった。


「俺が香坂刑事だったら…志摩さんに言えたかなぁ?自分が使えないやつだって…認めるのは怖いですよ」。九重(岡田健史)が漏らした本音に、陣馬の愛情深い喝が飛んできた。


「間違えも失敗も言えるようになれ!」

九重の腕をつかみ強い口調で言った後、「バーンって開けっぴろげによ。最初から裸だったら、何だってできるよ!」。すべてを受け止めてくれるあったかい表情で、そう伝えた。


この言葉は、画面を通して視聴者の心にも刺さり、「今の言葉胸にきた」「あったかい言葉がたまらん」「陣馬さんの台詞に涙出た」と反響を呼んだ。

そしてこの後、今まで酒ハラスメントにも筋ハラにも屈しなかった九重の口から、「飯ならつきあいます」という言葉が。思わず飲んでいた水でむせる陣馬だったが、「飯ですよ!飯!」と念を押す九重に「飯?」と聞き返すその様子は、とっても嬉しそうだった。九重が機捜に配属になった最初の頃を想像すると、そもそもこんな本音を漏らせなかっただろう。スーツではなく大学生みたいなトレーナー姿の九重の成長も感じられる名シーンと言えよう。


第1話で、陣馬は九重に「誰だって“最初”はある」という言葉をかけている。「最初から裸だったら、何だってできる」。「最初は誰にだってある」。セリフを積み重ねると、さらにその言葉の温かさが増すように感じられる。もう一組のバディもアツい。


明日放送の第7話では、陣馬がスーツ姿。

おまけに予告映像では伊吹&志摩のメロンパン号に乗っている場面も。九重からは、「なんで俺を機捜に入れたの?スパイさせるため?」という気になる台詞も飛び出している。

もう一組の愛すべきバディにも大注目だ。




■金曜ドラマ『MIU404』
毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS


【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 今こそ見直しを!美容のプロが教える「秋におすすめのスキンケア」

    anna(アンナ)
  2. 乃木坂46齋藤飛鳥「監督と打ち解けるまでが大変でした(笑)」 山下美月・梅澤美波らと映画『映像研』前夜祭舞台挨拶で撮影を振り返る

    SPICE
  3. 【ドラクエウォーク】スーパースター&新機能「ほこら」追加!スマートウォークまとめ

    攻略大百科
  4. 木梨憲武、EP『木梨ミュージック コネクション』から藤井尚之参加の新曲「サンシャイン ラブ 〜差し替え ザッキー〜」MVを公開

    SPICE
  5. 「なんだか人間みたい…」姿勢よくヨーグルトを飲む猫(動画)

    らばQ
  6. 【あつまれどうぶつの森】9月30日に秋の無料アップデートが配信|ハロウィンイベントやかぼちゃなどが追加【あつ森】

    攻略大百科
  7. ワルキューレのエースボーカルJUNNA 待望の2ndアルバム『20×20』が発売決定 二十歳のバースデイライブも決定

    SPICE
  8. セレーナ・ゴメス、手術痕は「私の誇り」

    ナリナリドットコム
  9. 地元の人たちが太鼓判!大阪・日本橋の「すべらないランチ」

    anna(アンナ)
  10. 【ザセム VS エチュード】コンシーラージプシー必見!ハイカバーコンシーラー2種徹底比較

    美容マガジン myreco(マイリコ)