Yahoo! JAPAN

“幻のカレー”が能古島で復活! 福岡の老舗寿司店がオープンさせたカレー店(福岡市西区)

ARNE

画像:伊藤舞

【2021年8月20日~9月12日、福岡県に緊急事態宣言が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

カレー日記86回目は、能古島にオープンした老舗寿司店が手掛ける“幻のカレー”です。

FBS福岡放送『めんたいワイド』の「火曜カレー部」で取材したお店を詳しく紹介していきます。

能古島にオープン!「たつみ寿司」が手掛ける「能古島アイランドカレー」(福岡市西区能古)

福岡市西区愛宕浜にある姪浜渡船場から船で10分で行ける能古島。そこに、2021年8月にオープンしたのが『能古島アイランドカレー』です。

画像:伊藤舞

新築の店舗は黒い外観でシックな佇まい。

お店から道路を挟んだ先には、この景色! 福岡タワーやペイペイドームを一望できます。

画像:伊藤舞

実はここ、福岡市の老舗寿司店『たつみ寿司』が手掛ける新店舗。ここでいただけるカレーが、「幻」とも言われているんです。

バターの香り豊かなリッチな味わい♡本格フレンチカレーコース

こちらが、『カレーランチコース』(2500円)。サラダに前菜、スープにデザートまで付いていてとっても豪華です!

画像:伊藤舞

柔らかな色合いのカレーは、まさに見た目通りの味! 食べた瞬間にまろやかでクリーミーな味わいが口いっぱいに広がります。

画像:伊藤舞

そして丁寧に時間をかけて作られた牛すじ&鶏ガラのスープと野菜のスープが、雑味のない旨みとコク、甘みを生み出し、ほんのり香る8種のスパイスがカレーらしさを引き立ててくれます。

たっぷり入ったしめじのプリッとした食感もいいアクセントに。

最後にふんわり味をまとめてくれるバターの風味は、フレンチの味わいそのものです。

画像:伊藤舞

惜しまれつつ閉店した名店の味を完全再現!

“幻のカレー”とも言われるこのカレー。実は、3年前に惜しまれつつ閉店した糸島のレストラン『ワンスプーン』のカレーなんです。

佐賀の名店『文雅』の元オーナーシェフが手掛けたカレーは、多くの人に愛され、『たつみ寿司』の会長もまた、この味に魅了された1人だったそう。

画像:伊藤舞

「お店を閉店するなら、このカレーの味を引き継ぎたい!」とレシピを受け継いだ会長。

『ワンスプーン』のカレーを継承するために新たに構えたお店が、『能古島アイランドカレー』なんです。

能古島を満喫しながらいただく贅沢カレー♡

『カレーランチコース』には、能古島産の野菜もたっぷり使用。見た目にも元気になる色鮮やかな野菜は、濃い味と新鮮な食感をサラダでいただきます。手作りのタマネギドレッシングも相性抜群!

画像:伊藤舞

一口サイズの前菜は、イカの沖漬けやショウガもあり、お寿司屋さんらしさも!

画像:伊藤舞

能古島のゆったりした空気と海の香りを感じ、幻のカレーを味わう。片道10分の船旅で味わえる最高の贅沢です。(文/伊藤舞)

〈店舗情報〉
■能古島アイランドカレー
住所:福岡市西区能古島字丸山192-8
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. WOWOW『宝塚プルミエール』珠城りょう退団スペシャル!早乙女わかば、香咲蘭とロケ企画

    エンタステージ
  2. 読者投稿「誕生日の思い出」11選【Reader's Voice vol.79】

    PrettyOnline
  3. 長い旅路の果て?杖のように小枝を抱えて眠るハムスター

    おたくま経済新聞
  4. ピーチの5000円“旅ガチャ”が渋谷パルコに登場!10月分は完売、再開は?

    TABIZINE
  5. 「Deep Insanity」プロジェクト・メインスタッフ座談会(後編)――「嫌いな登場人物を誰でもひとりは見つけられる?」

    WebNewtype
  6. 40・50代の顔たるみを防ぐ!老化防止に「ちょい足し」すべきタンパク質5つ

    つやプラ
  7. 猫を『飼育禁止物件』で飼うと起こる危険なトラブル3つ

    ねこちゃんホンポ
  8. 曖昧な時代の今こそ聴くべきポケット・オペラ『シャルリー ~茶色の朝』日本初演~作曲のブルーノ・ジネールに聞く

    SPICE
  9. 『松竹新喜劇 錦秋公演』喜劇発祥の地の道頓堀で2年ぶりに開幕、藤山扇治郎と喜劇の名跡を継承する「令和の曽我廼家」三人が芸名の大切さを語る

    SPICE
  10. 野宮真貴、SSW/ジャズピアニスト矢舟テツローとのジャズライブが決定 小西康陽もDJで参加

    SPICE