Yahoo! JAPAN

【肌荒れ】マスクでやっかいな「ニキビ」急増!“作らない・増やさない”簡単ケア

ウレぴあ総研

ララヴィ クレンジングバームROSE

新型コロナウイルス感染症の拡大により、肌荒れの悩みとして増えているのが「マスクによるニキビ」。

気温が上がるにつれて、ぽつぽつ出始めるニキビを見つけては「今年もか…」と憂鬱な気持ちになっている方は少なくありません。

今回は、そんな困った肌トラブルの対策にぜひ使ってほしい、おすすめの簡単スキンケアコスメをご紹介します!

マスクによるニキビを撃退!使えるケアコスメ

必要な油分を取り過ぎない!クレンジング

マスクニキビがぽつぽつ出始める頃は角質もゴワゴワと厚くなり、毛穴のざらつきも気になり始めます。

このゴワゴワとざらつきをなんとかしようと、洗浄力の強いクレンジングを使って強めに洗ってしまいがちですが、これはNG!

マスクの内側は湿度が上がり、あらゆる雑菌が増殖しやすい環境になっていますから、ちょっとの刺激が全て炎症に繋がるほど、非常にデリケートな状態。

そのため、なるべく肌に刺激を与えないように、余分な汚れだけを落とすことがニキビを増やさない、繰り返さないポイントです。

使用するクレンジングは、手指による摩擦をできるだけ避けられるものがベスト!

おすすめは『ララヴィ クレンジングバームROSE』。肌にのせるとバターのようにとろけて、メイクと毛穴汚れをすっきり落とします。

軽く肌に馴染ませるだけでいいので手指の摩擦を極力避けることができますし、ボタニカル美容オイルが配合されているため、通常のクレンジングオイルと比べて肌に必要な油分を取り過ぎないところが、ニキビ肌にちょうどいいんです。

手指の摩擦を避けられる!洗顔料

洗顔料も同じく、手指の摩擦をできるだけ避けられるものを選びましょう。

洗顔料は朝と夜で使い分けましょう。必要な油分や水分の取り過ぎを防ぐことができます。

朝洗顔には『コウジヒメ ライスバリアウォッシュ』。これは泡状になっているため、肌にのせて軽く馴染ませるだけでOK!

朝はメイクをしているわけではないため、必要最低限の汚れだけ落とせば十分。

肌と同じ弱酸性の濃密な泡には、汚れを吸着してくれるホワイトクレイが配合されているため、ゴシゴシこすることなく、毛穴汚れや角質、くすみだけを優しく落としてくれます。

夜洗顔には『マナラ ツルリナウォッシュ』を。

パウダー状ですが、オイルで包んだパウダーなので、パウダー状洗顔料特有のツッパリ感がなく、必要な油分を取り過ぎないところがいいんです。

生酵素×泥が汚れを分解、吸着してくれるから、たっぷりの泡を作って肌にのせるだけで十分!

とにかく洗いすぎないことが大切ですから、刺激をとことん防いで、清潔な肌状態を保つように心がけましょう。

セラミドとコラーゲンで高保湿!美容液

ニキビができている肌には保湿も重要!

保湿で大切なのは油分と水分をバランスよく補うこと。それには美容液がおすすめです。

必要な成分がぎゅっと濃縮されているため、効率よくケアできます。

『リッツ モイスト ミルクエッセンス』は乳液のような質感の美容液。手持ちの化粧水のあとに使うだけで、たっぷりのセラミドとコラーゲンによる高い保湿ができます。

べたつかずさらっとしているので、ニキビができている肌につけるときも安心です。

あらゆる外的要因から肌を守る!日焼け止め

「マスクで覆われているから必要ないよね…」と日焼け止めを怠ったことで、昨年後悔した方は少なくないはず。

マスクを着けていても紫外線をガードしていることにはなりません。マスクで覆われている肌もしっかり紫外線ケアをしておくのは、マスクニキビ対策に必要なことです。

とはいえ、落とすのが大変な、肌に負担をかけるような日焼け止めは避けましょう。

『SUIKO HC アドバンスド エアリーオーラプロテクション』は、マスク着用時には欠かせないといっていいほどおすすめの日焼け止め美容液。

ホタテ貝殻由来のパウダーが、肌荒れの原因となる過酸化脂質を吸着し、テカりや皮脂汚れを防ぎつつ、紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線といった光ダメージも防ぎ、さらに花粉やPM2.5も防いでくれます。

まさに、あらゆる外的要因からお肌を守ってくれる優れもの。

SPF50+PA++++と高数値ながら、とても軽いつけ心地。もちろん落とすのも簡単です。

マスクニキビを作らない、増やさないために必要なコスメ。

ぜひ使ってみてください。

(ハピママ*/空人衣)

【関連記事】

おすすめの記事