Yahoo! JAPAN

納得行かない社内ルール「業務時間30分前に集合」「鶴の一声でいつも変更」

キャリコネニュース

時代遅れ!

社内ルールは就業規則と異なり、枠にとらわれない柔軟性を持つことが利点として挙げられる。昨今の新型コロナウイルスをきっかけに、新たに設けた職場も多いのではないだろか。ただ、中には空回りする企業もあるようだ。企業口コミサイト「キャリコネ」には

「社内ルールは上の鶴の一言で、いつも変更されていました。一般の会社のようなルールは、特にないように感じたことが多かったです。社風を良くしようと何かを提言しても上から睨まれるので、余分なことはしない方がいいと思いました」(法人営業/50代後半/男性/正社員/年収850万円)

といった声が寄せられている。社内ルールに振り回され、かえって負担に感じている人は多そうだ。【参照元:キャリコネ】(文:鹿賀大資)

「異動の際に正直、戸惑うことがあります」

「イベントやローカルルールが部署ごとに違うため、異動するたびに馴染むのが少し大変である」(財務・会計関連職/20代後半/男性/公務員/年収380万円)

「店舗ごとにローカルルールがあるので、異動の際に正直、戸惑うことがあります」(ショップスタッフ/30代前半/男性/正社員/年収400万円)

「独自のルールで動いている雰囲気がある。そのためマニュアルはなく、人それぞれ言うことが違う場合も多い。その都度、確認作業が伴うので非効率に感じる場面が多く見られる」(施工管理/20代後半/女性/派遣社員/年収350万円)

社内ルールは「職場での統一性が欠ける」という口コミが目立った。こうした企業では、異動後の環境に適応するまで時間がかかったり、業務に支障をきたしたりなどの弊害も伴うだろう。

「業務開始時間の30分前には全員が集まっている」

また、暗黙のうちに社内ルールと化している、というパターンもあるようだ。

「管理職に上がるためには、暗黙のルールで、何かのプロジェクトを成功させるなどの功績が必要。でもどのプロジェクトに関われるかは運です。入社1年目でラッキーなプロジェクトにあたる人もいれば、10年経っても道半ばで頓挫するプロジェクトを転々と渡り歩く人もいます。自分から何かのプロジェクトに参画したいと申し出るチャンスは、ほとんどありません」(研究開発/30代前半/女性/正社員/年収600万円)

「昭和の風習が強い。個々の経験則に基づくルールもあるため、複数の人に質問してどれが正解か予測する必要がある。管理職から指摘される際は『違う』『やり直せ』と一言のみ。質問ができないため、どこがどのように駄目かは勘で対応しなくてはいけない」(機械設計/30代後半/男性/正社員/年収270万円)

明確なルールではなく、"言わずもがな"が社内ルールになっているというケースは、意外に多いのではないだろうか。企業に歴史があり、長年"右へ倣え"でまかり通っていた職場では、今では合理性を欠くようなルールも残っているとみられる。

一方で「業務開始時間の30分前には全員が集まっている、という無言のルールがあります。しかしそれをすることで、定時に帰ることができます」(研究開発/10代後半/男性/正社員/年収300万円)と良いか、悪いかの判断が付けにくいケースもあるようだ。

時代は昭和から平成、そして令和に変わった。社内ルールに、時代遅れのものはないだろうか。定期的に精査することが、仕事の生産性や社員のモチベーションアップにつながるかもしれない。【参照元:キャリコネ】

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  2. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  3. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  4. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  5. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. Gカップのきれいなお姉さんフミカを直撃「今ではTバックが一軍ショーツです!」

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤ら15組が出演 『おれサマー』ライブ速報写真&セットリストが到着!

    SPICE