Yahoo! JAPAN

逆転満塁弾含む3H4打点の大暴れ!原監督が1軍の舞台で持ち前の勝負強さ見たい巨人2軍に潜む勝負師とは!?

ラブすぽ

逆転満塁弾含む3H4打点の大暴れ!原監督が1軍の舞台で持ち前の勝負強さ見たい巨人2軍に潜む勝負師とは!?

逆転満塁弾含む3安打4打点の大暴れ見せた石川慎吾

5月18日にジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグのDeNAベイスターズ戦に、「5番・左翼」で先発出場した石川慎吾は、3打数3安打4打点1HR1四球と逆転満塁ホームラン含む3安打4打点の大暴れで、1軍昇格へアピールした。

4回、2アウト走者なしの場面で打席に立った石川慎吾は、DeNAベイスターズ先発の石田健大の初球134キロのストレートをレフトへヒットにすると、6回2アウト1塁の場面で、坂本裕哉の4球目145キロのストレートをセンターへ運ぶ。今シーズン6度目のマルチヒットを記録し、ウレーニャ、秋広優人のタイムリーヒットを呼び込んだ。

さらに、7回1アウト満塁のチャンスの場面で、再び坂本裕哉の初球132キロのカットボールを捉えた打球は、ぐんぐんと伸びていき、センターフェンスを越え、逆転の2号満塁ホームランを放った。

1アウト満塁のチャンスに、犠牲フライでもいいと思い打席に立った石川慎吾は、まさかのスタンドインに自分でも驚きながらも、喜びの表情を見せた。

石川慎吾のこの勝負強さを1軍で見たいと待ち望む巨人ファンは多くいる。

石川慎吾の1軍昇格へ意欲を示す原監督も同じ思いだろう。

原監督がどのタイミングで打撃好調の石川慎吾を1軍に昇格させるのか注目だ。

【関連記事】

おすすめの記事