Yahoo! JAPAN

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン7、フランチャイズに衝撃をもたらす

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン7のエピソードで、フランチャイズで初となる衝撃的な展開が描かれた。米TV Lineが報じている。(※本記事はシーズン7第2話のネタばれを含みますのでご注意ください!)

『ウォーキング・デッド』や『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』の世界では、これまで劣化したウォーカーや放射線を浴びたウォーカー、水浸しになったウォーカーなど様々なタイプのウォーカーが登場したが、米AMCで10月10日(日)に放送開始された『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン7では、今まで視聴者が目にしたことがなかったウォーカーが描かれてファンに衝撃を与えている。

10月17日に放送されたシーズン7の第2話「Six Hours(原題)」で、ヘンリーというキャラクターが幼い娘エマを泣き止ませるために窒息死させた。悲劇的な死を遂げたエマはウォーカーに転化し、フランチャイズで初となる"ベビーウォーカー"が誕生した。

モーガン(レニー・ジェームズ)が「一体、君の赤ちゃんに何が起こったんだ?」と、エマの母親であるビーに尋ねると、彼女はすすり泣きながら事情を説明。その後、モーガンはウォーカーに転化したエマをスーツケースに入れて外側から銃で撃ち、幼子を苦しみから解放するという衝撃的なシーンが繰り広げられた。

シーズン7では、ウォーカーが蔓延るだけでなく核に冒された世界となり、これまで仲間だったモーガンとヴィクター・ストランド(コールマン・ドミンゴ)が対立関係に。また、人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン11よりタラ・ルイス役で出演していたアイシャ・タイラーも新キャストとして加わることが明らかになっている。

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン7は、AMCにて毎週日曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』© 2020 AMC Film Holdings LLC.All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事